ピクシブ百科事典

ダークファウスト

だーくふぁうすと

ダークファウストとは、ウルトラマンネクサスに登場する闇の巨人である。
目次[非表示]

CV:稲田徹

「私はファウスト。光を飲み込む、無限の闇・・・」

概要

  • 身長:48メートル
  • 体重:3万2000トン
ダークファウスト 【ニコニコ動画用イラスト】


“光”であるウルトラマンネクサスに正対する“影”の存在。
赤と黒のツートンが特徴。
突然、姫矢の前に現れて「自分はウルトラマンの影、無限に広がる闇の権化」と名乗った闇のウルトラマン。言葉通り、ネクサスと相反する能力を持ち、必殺光線ダークレイ・ジャビロームや、闇の巨人とスペースビーストの能力を強化しネクサスの力を奪う絶対の闇の空間ダークフィールド展開能力など数々の超能力を用いる。特にダークフィールドはネクサスが展開するメタフィールドから上書きできるだけでなく、ネクサス自身はダークフィールドに干渉できないため、ネクサスを大きく苦しめた。

なお、高い戦闘能力を持つ反面、予期せぬ反撃を受けると捨て台詞を吐きながらあっさり退却するなど若干打たれ弱い部分を持っていた。

また、多くの視聴者にトラウマを植え付けたウルトラマンでもある。(後述)

正体と最期

Faust


実は、その正体は孤門の恋人の斎田リコであり、彼女が孤門と知り合った直後に溝呂木によって殺害され、操り人形とされていた。

なお、正体が明かされる前から、ネクサスと同様、リコが変身前に負傷していた部分に対するダメージに特に弱く(リコが負傷していた足首にパーティクルフェザーの直撃を受けて悲鳴を上げるシーンがあった)、ダメージによる負傷が変身解除後にも残存していたことを示唆する描写があった。

一度は弧門の呼びかけによってリコとしての意識を取り戻したが、最期は突如乱入してきたノスフェルの爪から孤門を庇って致命傷を負い(この際、カラータイマーが点滅する描写があった)、リコの姿に戻った後に光となって消え去った。

ウルトラマンF

小説『ウルトラマンF』では、並行宇宙からやってきたダークザギと新世界の王となる盟約を交わした天才少女鬱鬱が変身した。
ザギや相棒の躁躁が変身したダークメフィストと共に地球を滅ぼそうと企むが、鬱鬱自身は人の姿を捨ててまで人間を根絶やしにしようとすることに僅かながら抵抗感を抱いていた。
だが元が少女で科学者であるため戦闘は不得手であり、メフィストと二人がかりでも巨人兵士Fには勝てず、ウルトラマンFへと覚醒した巨人兵士Fとの戦いに敗れ戦死。その魂は心が壊れ、地球を道連れに自爆を目論む躁躁の精神世界に呼びかけ、共に昇天した。

余談


関連イラスト


関連タグ

ウルトラマンネクサス
ダークザギ
ダークメフィスト
スペースビースト

みんなのトラウマ
斎田リコ
孤門一輝

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークファウスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57866

コメント