ピクシブ百科事典

ゼアス

ぜあす

ここでは、『ウルトラマンゼアス』の主人公のウルトラ戦士について解説する。
目次[非表示]

データ

初登場作品:ウルトラマンゼアス
年齢:Z95星雲年齢9500歳
出身地:Z95星雲ピカリの国(M78星雲光の国と交流があるらしい)
身長:60メートル(実写ウルトラマンではグレートと並んで最長身)
体重:5万4540トン
飛行速度:マッハ19.9(大気圏内)
走行速度:マッハ5.55
水中速度:時速889キロメートル
潜地速度:マッハ1
ジャンプ力:1000メートル
スーツアクター:長谷川恵司
CV:関口正晴


概要

Z95星雲からやってきた、地球の平和と環境の保全を使命とする若きウルトラ戦士。
容姿は顔立ちこそ初代ウルトラマンのようなシルバー族に近いが、全体的には赤が基調の光の国出身のウルトラマンとはやや異なる姿をしている(赤い体はレッド族にも見られる特徴だが、ゼアスは顔まで真っ赤)。
ウルトラマンとは遠縁の親戚であり、彼に憧れを抱いている。
地球での仮の姿はMydoの見習い隊員(後に正隊員)朝日勝人

ゼアスの父もまた偉大な戦士で、親譲りの優れた才能と素質を秘めているが、まだ若い故に肉体・精神共に未熟な面が目立つ。
加えて1作目で地球に来た当初は極度の潔癖症であった為、自主練中に手が汚れた際には側にあった滝で必死に洗ってしまうなど、まともに戦闘も出来ない有様であった。
更に自分の力に自信を持てず本来の力を発揮出来ない事も多く、貧弱なウルトラ戦士としてのイメージが強かった。
しかし、地球や人類を守る為に苦手だったヘドロの海へと踏み込んだり、泥だらけになっても一日中無茶な特訓を重ねたりと、いざという時は逞しい根性を発揮する。
当初は自他ともに認める半人前だったが、1作目で潔癖症を乗り越え、2作目で自分の力を信じることを知ったことで、ようやく一人前の戦士へと成長した。

2作目で特訓を行って以降は、空手を基調とした鋭い格闘を展開するようになる。
空手の師範代には精神面を鍛えられただけで空手そのものはほぼ習っていないにもかかわらず、見よう見まねで空手の戦闘スタイルを身に着けてしまうのは、戦士としての才能が豊かであることの顕れと言えるかもしれない。
ちなみに2作目のMYDOの隊長はどう見てもあの人である為、ウルトラマンレオを彷彿とさせる設定である。

また、口を開けた初めてのウルトラマンでもある。なに?初代の口もちょっと開いてる?知らん

名前の由来はZENITH(天頂)とEARTH(地球)に由来する。

ピカリブラッシャー・ピカリブラッシャー2

ウルトラマンゼアス


白い電動歯ブラシの形をしたウルトラマンゼアスの変身アイテム。
変身に必要な光のエネルギーを蓄えており、朝日勝人がこれで歯を磨いて口内環境を綺麗にして空高く掲げる事で、ブラッシャーから発される光に包み込まれてゼアスに変身する。
歯を磨く際に頭を高速で左右に振る必要がある為、変身までに若干時間がかかってしまうのが難点。

2作目『超人大戦・光と影』では、ゼアス自身の成長に合わせてピカリブラッシャー2に変化している。
カラーリングがゼアスの体色と同じ赤色になった他、歯を磨く際に頭を高速で振る必要がなくなった事でより素早い変身が可能となった。

主な必殺技

スペシュッシュラ光線

何かを大切に抱えるような独特の動作の後に、スペシウム光線とは鏡写しに手を組んで発射する必殺光線。
構えがスペシウム光線と逆になっているのは、ウルトラマンに憧れて鏡を見ながら練習した為である(ちなみに因果関係があるかは不明だが、自販機の前でこの練習していたところ、何故かポカリスエットが排出されるという怪奇現象が起こった。ただの不具合かもしれないが)。
1作目では赤い光線で敵を捕捉し、それをたどって青い強力な光線を打ち込むという技だったが、2作目では青い光線を直接打ち込むようになった。
これは当初はターゲッティングすらまともにできなかったのを、練習を重ねて克服し、赤いポインター無しでも命中させられるようになったため。素晴らしい成長度である
実際1作目序盤ではまだ使いこなせておらず、自主練で発射した際には崖に反射してあらぬ方向に飛んでしまっていた。
この必殺技もゼアスの自信によって威力が大きく変動してしまうらしく、2作目序盤では本来は同威力である筈のウルトラマンシャドーのシャドリウム光線に押し負けている。

ゼアススーパーキック

バレエのアティチュードのような片足立ちの姿勢で超高速回転し、そのまま相手にぶつかって蹴りつける技。
あまりにも回転が速すぎる為に敵の光線攻撃をすべて跳ね返してしまうばかりか、蹴られた相手が大気圏を突破して宇宙まで飛ばされてしまう程の威力を持つ。
ベンゼン星人を大きく吹っ飛ばした。

ウルトラかかと落とし

正道会館の師範代のかかと落としをヒントに、2作目で編み出した新技。
空中で縦に猛回転しながら相手に突進し、強烈なかかと落としを相手に何発も見舞う。
シャドーの強固なボディを破損させた。

クロススペシュッシュラ光線

2作目の最終決戦の最中に編み出した技。
スペシュッシュラ光線を発射したまま口を開いて気合の一声を上げ、「十」字型から「X」字型に腕を傾けて両腕全体からの巨大なX字型光線の発射へと移行する。
スペシュッシュラ光線の十倍の威力を持つが、気合の産物である為、ゼアス自身にも自由に撃てるかどうかはわからないらしい。

ゼアス・チョップ

チョップ技。
急降下して放つ「ゼアシュトー」、空中で放つウルトラ霞斬りを思わせる「ゼアスクロスVer.1.0」、エネルギーを集めた手刀「ゼアスカウンターブロー」など様々なバージョンがある。

ゼアス・ニーキック

電撃が発生する膝蹴りを食らわせる。
ウルトラマンエースの電撃キックに相当する技。

ゼアス・ドロップキック

コッテンポッペに食らわせたドロップキック。
肩の角を破壊している。

ウルトラワープビーム

眼から放つ物体転送光線。
影美道場に攫われた人々を救出した。

スペシウム光線

新世紀ウルトラマン伝説で使用したスペシウム光線(と思われる技)。
スペシュッシュラ光線の癖なのか、発射ポーズがそれと同様、本来のスペシウム光線とは鏡写しになっている(その場にいた他のウルトラマン達は皆正しい構えを取っている)。

ゼアスキャン/ウルトラリワインド/ウルトラブレンダー/ウルトラストレッチ

いずれも劇中未使用の技。
左から順に浄化作用を持つ特殊なエネルギー波で半径50キロ以内を除菌する洗浄能力、少しだけ時を巻き戻す時間操作能力、同様にほんの僅かな間だけ時間の流れを遅くする能力、亜空間を作り出す能力。
文面だけ見るとチートラマンクラスのとんでもない能力ばかりだが、ゼアス自身の性格的にあまり効果は期待できそうにないのが残念である。

Z95星雲・ピカリの国

地球から299万光年離れた星で綺麗好きな住人が多い。
クリーンエネルギー「スーパーゼアスα」とリサイクルシステムで都市機能を賄っている非常に清潔で快適な星であり、緑豊かで大気汚染が無く、猫や鳥といった生物も普通にいる。
更に技術面のみならず、楽器が存在することから、音楽などの文化面も高度に発達している事が伺える。

いわゆる宇宙警備隊のような機構があるようだが、活動理念は異なっており、環境汚染が進みかけている星々へ隊員を派遣して警告を行う他、環境汚染を利用して侵略活動を目論む怪獣や宇宙人の討伐が主な任務という所謂「宇宙の環境調査員」としての毛色が強い。カプセル怪獣の技術も存在していて、特訓や自分が戦えない時に召喚するといった用途で利用される。
なお、広場の立像を見るにウルトラ兄弟ウルトラの父に相当する偉大な戦士がゼアス以前に活躍していた事が伺わせている。ちなみにこの戦士はマントを着用していてピカリフラッシャーを掲げているというどこかシュールな姿をしている。

以上の設定は本編内ではなく、てれびくんデラックス「ウルトラマンゼアス2超全集」で判明した。

ちなみに名前はM78星雲・光の国のパロディで、距離も本家の300万光年から1万光年差し引いたもの。

客演・外部展開

ウルトラマンゼアス自体が出光興産とのタイアップを前提に作られたキャラである為、版権が非常に厳しいキャラクターなのだが、実のところ客演作品や出張営業は結構多めである。
ただし、いずれも番外編や映像作品外での登場で、所謂『本編』に当たる話では一度も客演していない。
なお、2021年はティガ誕生25周年記念であると同時に、ゼアス誕生25周年記念なのだが………今後の活躍に期待である。

ちなみに財団Jほど厳しくないためか、ティガやダイナとは異なり、劇場版本編が公式サブスクで配信されている。

  • 出光興産CM
ベンゼン星人配下のメフィラス星人(⁉︎)、ゼットンエレキングゴモラの攻撃から低ベンゼン性ガソリン「ゼアス」を保護していた。
劇場版「ゼアス」とのタイアップにより、出光興産のガソリンスタンドではゼアスのイラストが描かれている店舗も存在していたが、流石に公開から20年以上は経過している為、滅多に見掛ける事はないだろう。そんな店舗を見つける事が出来た貴方はラッキーかもしれない。

  • とんねるずのみなさんのおかげです
演:木梨憲武
「とんねるずのみなさんのおかげです」内にて行われた本家公認のパロディコント。
朝日勝人が変身するという設定は本家と同じなのだが、変身した姿はボディは全く本家と同じデザインでありながら、マスクは木梨憲武の顔出しが前提というデザインになっている。言動が所々仮面ノリダーなのはご愛嬌(ちなみに、本家ゼアスを演じた関口正晴氏は今回は大河内隊長役である)。
泥まみれキャットファイトを楽しもうとするベンゼン星人(演:石橋貴明)の野望を打ち砕く為、ベンゼン星人が変身したコッテンポッペを相手に戦う。
トドメとばかりに呼び出したウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックウルトラマンAウルトラマンタロウと共に必殺光線を決めようとするも、ギャグ時空の雰囲気に呑み込まれて中々上手くいかなかった。

この章の主人公で、太陽神の使者というなにやら凄そうな肩書きを引っ提げて登場。
ダークベンゼンがウルトラ戦士を魔石で石化してしまう中、ただ一人生き残り、事態を解決する鍵となるウルトラマンティガを捜索していたという。本家もびっくりなシリアスさである

  • ウルトラマンM78劇場Love & Peace
デフォルメされた姿で登場。第1話「ウルトラドミノ」にて、ウルトラセブンウルトラマンゼアスバルタン星人ガヴァドンA達と共にドミノにチャレンジした。ゴモラが倒したドミノの位置を仲間達と共に修正していたが、ガンダーが時間稼ぎの為に凍らせたドミノ板を見て大焦りしてしまう。見兼ねたセブンとガンダーがクロス・スペシュッシュラ光線の構えを取らせて解凍させた事で事なきを得た。

ゼアス本編以来の登場。これまでのウルトラヒーローの戦いを振り返るシーンではコッテンポッペ戦とウルトラマンシャドー戦が紹介された。
かんじ少年のSOSを受けて天空魔との最終決戦に駆け付けるが火炎弾を受けて盛大にすっ転び、ウルトラの母のマザー光線で治療してもらっていた。周りがスペシウム光線を発射する中、一人だけスペシュッシュラ光線を放つ(構えを間違えただけで普通のスペシウムであるとする意見もある)。

前作に引き続き登場。キングの誕生日パーティには宇宙サーフボードに乗って参加した…がレオ兄弟がかっこよく乗りこなす中、一人だけ必死にバランスを取っていた。
作中でダンサー集団「ウルトラファンクジャム」の一人「ゼアス・ファンキーグループ」として参加している他、観客としても登場している。

なんと本作で息子(作中では「B-BOY・ゼアスJr.」)がいる事が判明した。実は平成で初めて息子がいる事が分かったウルトラヒーローである。これにはゼロタイガもびっくりだろう。
これは企画のみで実現せずに終了したシリーズ第3作の設定の名残。息子の登場のほかに、ゼアスが実はキングの孫であったことが判明する予定だったなど、いろいろ斬新なアイデアが詰め込まれていたと噂されている。

ウルトラマン40周年記念パーティーにスーツを着て参加。往年のレジェンドキャストに花束を贈った。

オールスター系ゲームでは初の参戦。
大怪獣バトルウルトラコロシアムDXで先行登場し、アーケード版ではNEO5弾でスーパーコンボ、RR第1弾からプレイアブルとして参戦した。
必殺技はスペシュッシュラ光線、クロス・スペシュッシュラ光線、ウルトラかかと落としと原作再現も豊富。なお、ライバルのシャドーもNEO5弾にてプレイアブルとして、ベンゼン星人は無印から技カードとして参戦している。

やはりというか本編の放送は無かったものの、最終回「グランドフィナーレ!ウルトラ戦士よ永遠に!」では歴代のウルトラ戦士と共に集結していた。

いずれの作品においても本編には未登場だが、『ジード』放送期間中にウルトラカプセルが発売されたのを皮切りに、玩具オリジナルの展開としてゼアスの力を宿したアイテム(ルーブクリスタルウルトラタイガアクセサリーウルトラメダル)が毎年商品化されている。

ゲーム版『BE ULTRA』にて、ゼアス及びカプセル怪獣ミラクロンをモチーフにしたウルトラマンスーツ『ZEARTH&MIRACLON』がゲームオリジナルキャラクターとして登場している。
後に食玩フィギュア『CONVERGE HERO′S ULTRAMAN』にて立体化も果たしており、パッケージ解説文にて明かされた設定によると
・装着者はまだ半人前の若者
・主武装は回転式電動ブラシ(振動波発生スパイク)を先端に配したランス
・サポートユニット『ミラクロン』の背に乗って戦う
など、『ゼアス』本編のオマージュ要素が多く盛り込まれている模様。


  • ウルトラマンの日 in 杉並公会堂
全43ヒーロー集合という触れ込みに嘘偽りなく出席。
「いつも一生懸命」という主題歌の歌詞を思わせる謳い文句で紹介された。

  • ウルトラマンプレミアステージ
ウルトラマンプレミアステージ第1作から3作目の2011まで皆勤賞。
安定のギャグ担当である。

  • ウルトラマンフェスティバル
ライブステージで度々登場。1997年にはティガとともに主役に抜擢された。

  • 各種イベント
ヒーローショーなどでは同じギャグ時空のウルトラマンという事もあってウルトラマンナイスが相方になる。コンビ仲は非常に良く、円谷プロ公式施設などでは良く漫才をする姿が見られ、彼とのコンビスタイルがすっかり板に付いている。ちなみに二人とも妻子持ちという共通点がある。
とあるイベントではベリアルの乱に呼ばれなかったのは戦力外だったからとコントのネタにしている。出身がM78星雲とは違うから駆けつけられなかっただけなのかもしれないが…

円音ウルに萌えているらしい。

余談

平成ウルトラマンは体に装飾が存在しているが特徴だが、彼は平成ではわずか3人(悪トラマンこの人を含んでも4人)しか存在しない「完全無装飾のウルトラマン」の1人である。ちなみに残りはネオスコスモスである。

関連タグ

ウルトラマンゼアス 朝日勝人 ウルトラ戦士

ウルトラマンベリアル(アーリースタイル):予備スーツの1つが改造された。ちなみに(アーリースタイルではなく闇落ち後だが)ベリアルとは口が開くウルトラマンという共通点がある。

クレナイ・ガイ(ウルトラマンオーブ):演者の石黒英雄氏が潔癖症である。

ウルトラマンゼット ベータスマッシュ:赤を基調とした姿であり、その配色と赤い覆面所パーツに覆われた顔はゼアスを彷彿とさせる。
なお、こちらは師匠曰く半人前どころか三分の一人前で、地球人との融合、ウルトラゼットライザーウルトラメダルの組み合わせという条件が揃って初めて一人前である。

関連記事

親記事

ウルトラマンゼアス うるとらまんぜあす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14483

コメント