ピクシブ百科事典

アーリースタイル

あーりーすたいる

アーリースタイルとはウルトラマンベリアルのかつての姿を表す名称。
目次[非表示]

「力だ…力が欲しい!!」
「超えてやる! 俺を見下したあいつらを!!」

概要

闇に堕ちた悪の戦士、ウルトラマンベリアルかつての姿
一見すると、闇に堕ちる前の姿なのでウルトラマンらしく勇ましい姿をしているが、それでも目付きが少し悪いのが特徴(この人に近い)。
また、この時から過激な思想の持ち主だったらしく、闇に堕ちる要素は備わっていた。

ウルトラマンは神ではない」という言葉があるが、ある意味ベリアルはこの言葉を体現しており、ライバルが着々と実力を付けて出世した事による嫉妬、光の戦士でありながら強大な闇の力に惹かれてしまい、終いにはプラズマスパークに手を出そうとして、追放されてしまった結果などを見ると、ベリアルは神というより、人間と同じ様に心の弱さを持った存在と言った方が等しい。

その後、レイブラッド星人の手により、光の巨人から闇の巨人へと変貌し、現在に至る。

父なる愛


このアーリースタイルとしての姿はヒーローショー以外で見る事はなかったが、『ウルトラマンジード』最終話では、父が心に抱えていた憎しみの感情をリクが受け止めたことで、(あくまで精神世界の中ではあるが)彼の中に宿っていたレイブラッドの因子が失われ、アーリースタイルの姿に戻るというシーンがあった。

ジード(リク)版アーリースタイル?

ベリアルの息子である朝倉リクジードへとフュージョンライズ(変身)する際に一瞬ではあるが出現するもの。

ロイヤルメガマスターおよび最終話での変身シーンから、リクが一度この形態に変身したあとウルトラカプセルの力が重なりフュージョンライズが完了することがわかる。
本編ではほかにも最終回でゼガンとともに発生させた時空の歪みから帰還し、変身解除する際にもこの姿が確認できる。

前作序盤のオーブオリジン同様、本編では光に包まれていて詳しい姿は出ていないが、それらの描写とウルティメイトファイナルへの変身に使用するエボリューションカプセルの画像から、「目の色はジードに近い水色より」「姿はほとんどベリアルのものと同じだが、カラータイマーはジードのもの」ということが推察できる。詳細な姿は超全集にて判明したが、スーツがアーリーベリアルの流用なためかカラータイマーが違うくらいの差となっている。これによれば一度ジードライザーから発せられる光でこの形態になった後、各形態へ変身するというプロセスを踏むようだ。

なお、"アーリー"(early)とは「最初の」「初期の」という意味合いのため、ベリアルやジャグラーと違い"アーリー"というのは厳密には適さないと言える(初期変身形態という意味では間違っていないのかもしれないが)。
ジードの正体とロイヤルメガマスターへの変身シーン、エボリューションカプセルの画像を見る限りでは、リク自身がカプセル無しでウルトラ戦士に変身できていたら…というIFに近いものなのかもしれない。

ちなみに坂本監督によればベリアルの遺伝子をもつのだからジード本来の姿はベリアルアーリースタイルのような姿なのだろうということで登場させているとのこと。監督的にはジード本来の姿ととらえても良いようだ。
上述したようにアーリースタイルだと意味合いがずれることもあり、この形態について語る際にはオーブに合わせた仮称「ジードオリジン」そのほかでは「ジード素体」などの言い方が少なくないようだ(超全集でも正式名称が判明していないためでもある)。

その他

ジャグラスジャグラーにも、胸に三日月模様の傷ができる前の姿がアーリースタイルという同じ名称である。ただしpixivでは今の所ジャグラーのイラストにはタグが使われていない。

スーツは予備用のウルトラマンゼアスの改造。また、当初は既存のスーツを真っ黒に塗るだけの予定だった。ちなみにゼアスもベリアルと同じく口が開くウルトラマンである。

光の国は、殆どが善良な心を持った国民ばかりが存在するが、前述の通りベリアルが「超えてやる! 俺を見下したあいつらを!!」と発言してる事を考えれば、全ての光の国の国民が善良な心を持っていない可能性がある。
光の国にも法律も存在するので、描写がないだけでベリアルやゼロの様に法を破って処罰を受けたりするものがいるかもしれない。
また、法律を破らずに生活する心が狭い者がいてもおかしくはない。

関連タグ

ウルトラマンベリアル ウルトラマンジード

ウルティメイトファイナル

pixivに投稿された作品 pixivで「アーリースタイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73447

コメント