ピクシブ百科事典

サブトラマン

さぶとらまん

サブの戦士のウルトラマン。サブウルトラマンとも言う
目次[非表示]

概要

主人公ではない正義のウルトラマンの総称。
ただしウルトラシリーズは近年まで1作品でウルトラマンを2人以上同時にレギュラーとして活躍させるスタンスをあまり取らない傾向にあった(登場キャラを増やすとその分特撮のセットが大規模になりミニチュアなどの費用がかさむので、劇場作品でもない限り基本的にはできない)ため、追加戦士的な立ち位置に当てはまる者は割と少なく、大半が番外戦士的な存在である。

最初から複数のウルトラ戦士がチームを組んで活躍する『ウルトラマンUSA』『ウルトラマンR/B』『ウルトラマンタイガ』のケースは該当しない(『R/B』に登場するグリージョは該当)。

pixivではユーザーが考案したオリジナルウルトラマンにタグが使われる事もある(メイン画像の黒いウルトラマンもその一人)。

相当する戦士

大きく分けて以下の2パターンに分けられる。

1.追加戦士タイプ

俗に「もう一人のウルトラマン」と呼ばれる、もう一人の主人公準レギュラーなパターン。平成シリーズから多く見られるようになった。
主役戦士のライバルとして当初は対立する事も多いが、ウルトラシリーズは基本的に「(手合わせでもない限り)ウルトラマン同士が戦うのはよくない」というスタンスを取っているため、対立が長引いたのはせいぜいアグルくらいしかいない。
また、主役戦士と合体して最終形態となる率が高い。


2.番外戦士タイプ

「もう一人のウルトラマン」という概念がまだなかった昭和シリーズでは、主役戦士の上司やゲストといった、存在そのものが別格あるいは登場回数が極端に少ない存在として登場する事がほとんどだった。
総じて主役戦士より能力が高いか、チート能力を有する事が多い。


3.かつての主人公タイプ

かつての主役戦士が後発の作品でサブトラマン化するパターン。
後発の作品でレギュラー出演した主役戦士は過去にもいるが、いずれも変身不能状態であり、ここに該当する戦士も何らかのハンデを抱えている(そのままだと主役戦士の立場を奪いかねないため当然の処置ではある)。
代わりにそれを補う新形態を体得しているのが、単なる客演と大きく異なる。


小説媒体のサブトラマン

1.に該当

2.に該当

関連タグ

ウルトラマン ウルトラシリーズ
ウルトラ戦士 追加戦士
悪トラマン…ここから派生している。

ミラーナイト グレンファイヤー ジャンボット ジャンナイン サイバーゴモラ ジャグラスジャグラー 特空機…ウルトラマンではないがサブトラマン的な扱いを受けている存在

????……ウルトラシリーズ以外の円谷作品で登場したサブトラマン的ポジションのキャラクター

関連記事

親記事

ウルトラ戦士 うるとらせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サブトラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10271

コメント