ピクシブ百科事典

グリッドナイト

ぐりっどないと

グリッドナイトとは、『SSSS.GRIDMAN』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

グリッドマン「なぜ私のために戦う?」


「俺はお前を倒すために生まれ、お前を倒すために生きている!」
「だから!お前を倒すために、俺はお前と共に戦う!!」

CV:鈴村健一

概要

GRIDKNIGHT


これまでグリッドマンの各種能力をコピーして来たアンチがグリッドマンの姿そのものをコピーし、第二のグリッドマンへと変身した姿。第10回で初登場。

アカネに捨てられたアンチが、己の存在理由を再確認するためにグリッドマンと共に戦う道を選んだ事で変異した姿であり、その姿は色こそ違えどグリッドマンその物。

とどのつまり「怪獣がヒーローの力と姿をコピーした存在」であり、すなはち「グリッドマンの偽物」と言う見方も出来、実際ボラーも「ニセモノだろ?」と呼んでいたがアンチの影の理解者であったサムライ・キャリバーはその解釈を即座に否定している。

「今のアイツは"本物"だ」

そしてこの形態への変身、及び裕太達にグリッドマンを守った騎士として「グリッドナイト」の名を与えられた事を以って、アンチは名実と共に怪獣では無くなった(造り主のアカネ自身は『「心」を持った時点で怪獣ではない』と言っているが、円谷作品には心を持った怪獣が沢山いる(というか本作にも一応登場している)ためノーカウントとする)。
尤も、本人がそれをどう解釈しているかはまだ分からないが。

また、以前はアンチはグリッドマンが現れるかアカネの命令がないと自分の意思で怪獣に戻れなかったが、これ以降は自分の意思で変身できるようになった。

特徴

アンチ怪獣形態とグリッドマンを組み合わせたような姿をしている、と言うよりもプライマルアクセプターの有無と首から下の色以外はほぼグリッドマンと同じ。アンチカラーのグリッドマンと言ったところか。
どちらかというとウルトラマン寄りな顔のグリッドマンと異なり、元々のアンチ怪獣形態のデザインも引き継いでいるためか、尖った耳の様なパーツが側頭部についている他、全身に黄色い網状のラインが走っている。
最大の特徴は怪獣だった時の目の部分を模したバイザー。ただしあくまでバイザーなので、その下にはちゃんとオリジナル同様二つの眼がある。

首から下の形状がグリッドマンとほぼ同一であるならばアシストウェポンとの合体も可能だと思われるが、ヘルメットだけは耳に当たるパーツが干渉する為装着出来ないだろう。
そもそもアンチが怪獣形態の時にアシストウェポンの能力をコピーしている為、このグリッドナイトもその延長線上である為、仮に合体出来なくても独自でアシストウェポンの合体に値する形態に変身する事が可能かもしれない(もしそうだった場合、一々合体する必要性がない為、ある意味ではオリジナルのグリッドマンを勝っている)。

元となった怪獣態アンチやグリッドマン以上にアクロバティックな戦い方をする他、怪獣態には無かった冷静な判断力や分析力も身につけている。
腕を組んで高い所に立つ姿はあの武闘戦士とほぼ同じ。

使用技

グリッドナイトサーキュラー

紫色のエネルギーを八つ裂き光輪のような円形状に収束して放つ斬撃技。技に名前が付いたのは第11回から。
人間時のアンチが使う武器である丸鋸と、アンチの元ネタと思われる忍者怪獣シノビラー、その忍者の代表的な武器である手裏剣をモチーフにしているものと思われる。
また、アカネから生まれ、僕としてアカネの傍に居続けた結果、アカネの感情(悪意)を深く理解するに至っており、初変身時はアカネの悪意を色濃く受け継いだナナシBの奇怪な動きを完全に捉え、命中させた。
第11回では復活したナナシAゴングリーバジャックに対して使用した。

グリッドナイトストーム

グリッドナイトの右腕から放たれる紫色のエネルギー波。
発射手順はグリッドビームと同じだがポーズが逆なだけでなく手はグリッドマンが握り拳にしているに対し、グリッドナイトは手刀にしているなど細かい違いがある。
本編では復活したグールギラスデバダダンの撃破に使用した。

ナイトキャリバーエンド

グリッドナイトキャリバー


グリッドマンキャリバーが赤く変化したグリッドナイトキャリバーを用いて放つ必殺の斬撃。
本編では復活したヂリバーを切り裂いた。

ナイト爆裂光波弾

胸の前に生み出した光弾を打ち出す技。
元ネタはカンフーシノビラーの必殺技「シノビラー拳爆裂光波弾」
本編ではフルパワーグリッドマンのグリッドフルパワーフィニッシュと同時に放ちメカグールギラスを倒した。

余談

アレクシス・ケリヴがアカネにアンチの処分を依頼された際、彼はアンチの右目を潰しただけで命は奪わず逃走を許している。
明らかに意図的に逃がしている訳だが、その目的がアンチのグリッドナイトへの覚醒だったのか、はたまたアンチのグリッドマンへの憎悪を更に高めて強化を図ることだったのかはまだ不明。

もし後者だとすれば皮肉な話だと割り切れるが、前者の可能性も否定できない。

人間を学習するうちに人間に近づいて行ったことの表れか、アカネと別れる頃には人間形態時のアンチの鋭かった目つきは大分柔らかくなっていた。

人間みたいな目のアンチくん



名前や設定の一部は電光超人グリッドマンで登場が予定されていた、藤堂武史が変身する悪役カーンナイトが、途中で改心する事で誕生する戦士からきてると思われる。
こちらのカーンナイトは武史がグリッドマンのデータを盗んで変身したもので、一部分が青いだけで全身が黒いグリッドマンだった。
17話から登場し、以後グリッドマンと何度か対決した後に26話で改心。グリッドナイトとして戦うという流れが想定されていた。その後は武史を第4クール、もしくは翌年以降の新番組の主人公にするべく伏線となる33話を制作していたものの、4クールも新番組も製作されずお蔵入りとなった。
結局武史がグリッドマンとなる展開は雑誌展開『電光超人グリッドマン魔王の逆襲』に持ち越しとなった。

関連タグ

SSSS.GRIDMAN
アンチ グリッドマン サムライ・キャリバー

ニセウルトラマン……ある意味同系統の存在だが、前述の通り彼は正真正銘の「本物」

ウルトラマンアグル……円谷プロにおける2号ヒーローの原点。最初は敵、色が青系なのと主人公のピンチに誕生し、終盤で共闘するという共通点がある。

ウルトラマンシャドー……ウルトラマンゼアス第2作目に登場した悪役で、体色が類似。此方もアンチヒーローとして生み出された存在だが、シャドーの場合は完全に意思のないロボットであり最後まで敵であった。

ウルトラマンジード……同じく悪から生まれた戦士で、ニセウルトラマンの一人。彼もまた「本物」として認められているが、こちらは当初から正義の戦士として戦っていた。

一条寺友也……同じ脚本家の作品であるウルトラマンギンガのライバル。
「お前のことは自分が倒す」→「他の奴には触らせない」→「だから一緒に戦う」という共闘の理由が完全に一致している。

ババルウ星人ババリュー……ウルトラマンオーブに登場した異星人。実力は差があるがコピー能力を持ち(アンチは違う可能性があるが)、最初は悪の存在として登場するが善良な存在との交流によって精神的に成長し、善の存在に変わる点が共通している。

ミラーナイト……円谷系列作品における、主役ヒーローの協力者に加わる、少し込み入った事情を抱えるヒーローつながり。また、「同系列の二番目のヒーロー」で命名法則が共通している(グリッド『ナイト』の先達にグリッド『マン』がいるように、鏡の戦士であるミラーナイトにも、その元ネタにして鏡の戦士としての先達にミラーマンというヒーローがいる)
また、ミラーナイトの担当声優はグリッドマンを演じている緑川光氏である。

仮面ライダー……悪から生まれた正義の戦士という共通点がある。グリッドマンがウルトラマンの様な生まれながらの正義の戦士ならば、二人は特撮2大ヒーローの出自を持ったコンビという事になる。

シン・アスカ……登場当初は物語初期からの主人公と対立し、精神的にも複雑なものを抱え、何度も戦うが、後に心変わりし和解/共闘を果たすという点で共通している(シンの場合、共闘するのは本編中ではなくもっぱらスパロボなどの類だが)。また、グリッドナイトことアンチも、シンと同じく鈴村健一氏が演じている。

バンシィ……ユニコーンガンダムの2号機。青~黒系統の寒色を基調とするボディに金色に発光するライン、赤い目(カメラアイ)、2号(機)という点で共通。こちらも元々は敵として登場するが最終的には味方になる。

レーベモン……中の人つながりであり、(こちらは洗脳と言う形だが)敵勢力から主人公側の勢力に加勢・覚醒したという共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「グリッドナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67949

コメント