ピクシブ百科事典

シノビラー

いんてりにんじゃ

シノビラーとは、円谷プロの特撮作品「電光超人グリッドマン」に登場する怪獣である。本稿では、再生シノビラー・カンフーシノビラーについても解説する
目次[非表示]

データ

身長75m
体重5万5千5百トン
別名忍者怪獣

CV:風間信彦(初代) 江川央生(再生・カンフー)

概要(初代)

第9話「悪魔の洗脳作戦」に登場
の成績が下がったのが気に入らない藤堂武史が、塾のコンピューターをめちゃくちゃにするために送り込んだ怪獣。
オートインテリジェンス機能を搭載しているため怪獣にしては知能が高く、言葉を話すことができる。
塾のパソコン画面から洗脳光線を発射して塾講師たちを洗脳し、通っている子供たちに悪の教育を植え付けて悪人に仕立て上げようとした。
武器は手裏剣と2本の忍者刀。さらに分身能力も持っている。
分身でグリッドマンを翻弄したが、本体を見破ったグリッドマンが投擲したサンダーアックスが直撃し、「悪こそ最高の美学!」と叫んで消滅した。

再生シノビラー


第15話「歪んだターゲット」に登場
人気ゲーム「バーチャル・シューティング」で何時間も遊んでいた武史が、店員にゲームを止められゲームセンターから追い出された逆恨みにシノビラーに新装備を与えて復活させたもの。
「バーチャル・シューティング」のコンピューターに侵入し、コンピューター搭載のヘルメットのプログラムを書き換えてプレイしていた井上ゆかに周りの人が全て架空の敵だと思い込ませて、本物のレーザーガンに変えた銃を乱射させた。
初代よりも動きがすばやくなり、鎖鎌を武器としている。さらに、自分の体をすり抜けてしまう忍法を持っている。
鎖鎌と忍法でグリッドマンを苦しめたが、サンダーグリッドマンに合体されると形勢が逆転。
鎖鎌を破壊され、またしても「悪こそ最高の美学!」と叫びながらサンダーグリッドビームで倒された。

カンフーシノビラー


第29話「愛犬爆弾計画」に登場
吠えたに驚いた拍子に蕎麦屋の出前と衝突して怒られたのを根に持った武史が、犬を溺愛する人間に復讐するためにシノビラーをサイボーグ化させたもの。
流行りだったコンピューター内蔵首輪のホストコンピューターに侵入。システムを書き換え犬を凶暴化させたが、カーンデジファーから生ぬるいと評され、首輪もろとも爆殺させ、飼い主を襲撃させるという非道な手段を取った。
新たな武器として、への変形や高熱を放つヌンチャクを所持している。
忍法「シノビラー微塵隠れの術」で身を守り、「シノビラー拳・爆裂光波弾」といった技を持っている。
ホストコンピューターに駆け付けたグリッドマンと戦い圧倒し、キンググリッドマンに合体されても互角以上に戦ったが最終的に逆転され今回も「悪こそ最高の美学!」と叫んでキンググリッドビームを受け消滅した。
合体したグリッドマンが押されたのはこの1回のみでありファンからはベノラと並ぶ最強の怪獣と言われている。

関連タグ

電光超人グリッドマン グリッドマン怪獣 忍者

pixivに投稿された作品 pixivで「シノビラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1074

コメント