ピクシブ百科事典

アノシラス

あのしらす

アノシラスとは、特撮作品「電光超人グリッドマン」に登場する怪獣である。本稿では凶暴化したアノシラスとニセアノシラスについても解説する。
目次[非表示]

データ

身長68m
体重7万3千トン
別名電子アニマル

概要

第6話「恐怖のメロディ」に登場。
バギラが侵入した電子ピアノのコンピューターワールドにいた電子生物。
性格は心優しく、バギラのナイフも寄せ付けない程頑丈な皮膚を持ち、口から出す修復光線は破壊されたデータを修復することが可能で入力された音楽から雑音を取り除くことで音を浄化しているらしい。また角からは音波光線を発射し、バギラを一撃で倒した。
しかし、その力に目を付けた藤堂武史が仕込んだ殺人音波を吸収してしまったため音波怪獣アノシラスという凶暴な姿になってしまった。

音波怪獣アノシラス


武史が送り込んだ殺人音波を吸収したためアノシラスが変貌した姿。
破壊されたバギラに代わり、当初予定されていた殺人音波計画を遂行しようと行動した。眼の色が赤くなり、の形状も変わり口からは殺人音波を放つようになった。

グリッドマンと戦うが、戦闘中に割って入ったコンポイド・ユニゾンの説得で本来は心優しい怪獣だと知ったため、グリッドマンが攻撃できないのをいい事に苦戦させたものの、ジャンクから放たれた音楽によって正気に戻った。

超音波怪獣ニセアノシラス


第17話「孤独なハッカー」に登場。
パソコンの掲示板グリッドマンのことが書かれていることを知った武史が、自分と同類のハッカーなのに井上ゆか達に友好的に接してもらっている少年、田宮シゲルがその好意を拒絶したことに激しい怒り嫉妬妬みを感じ、アノシラスのフォルムをコピーして誕生させた怪獣偽物という世にも珍しい存在。

パソコンのネットワークを管理しているビルのコンピューターワールドにハッキングし、体を震わせることで超音波を発生させシステム中枢を破壊して角から発射する光線で分子構造を変換させて機能を駄目にしてしまった。さらに通信を利用するすべての人々を洗脳することでハッカーに変え、世界中のコンピューターデータの破壊を企てた。

超音波光線でグリッドマンの足を固めて下半身を動けなくしたが、グリッドマンソードが当たったことで光線が発射できなくなり人々の洗脳を解除される。

その後はシゲルのハッキングでプログラムを破壊されたゴッドゼノンを破壊に追い込むもののシゲルが送った解凍プログラムで自由を取り戻したグリッドマンの反撃にあい、最後は空中に投げ飛ばされたところにグリッドビームを受け消滅した。

見た目がアノシラスにそっくりなため、ゆかと一平は本物と一瞬疑ったが直人はすぐに偽物と見抜いた。

関連タグ

電光超人グリッドマン グリッドマン怪獣 音楽 バギラ

コメント