ピクシブ百科事典

ベノラ

べのら

ベノラとは、電光超人グリッドマン」に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長70m
体重8万4千トン
別名毒煙怪獣

概要

第25話「決戦!ヒーローの最期(前篇)」
第26話「決戦!ヒーローの最期(後篇)」に登場。
藤堂武史が、歩いている途中でトラックに轢かれそうになった挙句、運転手に罵声と排煙を浴びせられた事と、公害の危険を訴えながらも大気汚染を辞めようとしない人類に怒り、工業地帯のコンピューターワールドに送り込んだ怪獣。

工場煙突から出る煙を有毒ガスに変えて大量に吐き出させ、桜ヶ丘町を黒い雲で覆い尽くした。

両肩の突起から毒ガスを放ち、口からは火炎弾を発射する。
特に毒ガスにはグリッドマン中枢神経をマヒさせる特殊な物質が含まれており、これを吸ったグリッドマンは過去に倒した怪獣たちの幻影に苦しめられることになった。この毒ガスと火炎弾と併用した連続攻撃でグリッドマンを死の一歩手前までに追い込んだ。
救援に駆けつけたダイナドラゴンも火炎弾で圧倒し、グリッドマンと共に撤退に追い込んだ。
また、戦いが長引いたことによって有毒ガスは東京中に広まり始めた。

邪魔者が消えたことによって、その後もカーンデジファーの命令を受けて暴れ続け有毒ガスを東京から関東地方一円にまで広げ、政府が非常事態宣言を出すほどの大混乱に陥れた。
グリッドマンとの再戦では、激しい連続攻撃に苦戦しつつも一瞬のスキをついて火炎弾でダメージを与え、再び毒ガス攻撃で苦しめる。

しかし、キングジェットと合体したグリッドマン・キンググリッドマンには毒ガスが通用せず(前回の戦いでの教訓から、顔をすべて覆い尽くしてしまっていたため)連続攻撃とキンググリッドランチャーに圧倒された挙句毒ガス発射口を破壊され、最後はキンググリッドビームを浴びて消滅した。

全ての戦いは映像を通して全世界に中継され、コンピューターワールドとグリッドマンの存在を人々が知ることとなり、カーンデジファーも映像を通して自ら現実世界に現れ、正式に人類に宣戦布告することとなった。

関連タグ

電光超人グリッドマン グリッドマン怪獣 毒ガス 強敵

pixivに投稿された作品 pixivで「ベノラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 274

コメント