ピクシブ百科事典

ジェネレドン

じぇねれどん

ジェネレドンとは、特撮作品「電光超人グリッドマン」に登場する怪獣である(メイン画像右側後方の怪獣)。ここでは強化体であるメカジェネレドンについても解説する。
目次[非表示]

データ

身長73m
体重7万8千トン
別名電気怪獣
出現地室内ジムのコンピューターワールド

概要

第13話「スポーツなんか大嫌い」に登場。
藤堂武史が、スポーツクラブ「ジョイナー」のスポーツインストラクターの柏木に「貧弱な体」「ひ弱な男は女の子に嫌われる」と井上ゆかの前で馬鹿にされた事に激怒し、スポーツを楽しむ人間を苦しめるという目的で生み出した怪獣

「ジョイナー」の室内ジムにあるコンピューター内に侵入し、システムを破壊することでトレーニングマシンを暴走させ、主人公三人組の父親である翔宗一郎、馬場寛司、井上英世の三名を使用中のマシンから降りられなくしてしまった。

戦闘時には体を震わせることで電気を発生させ、周囲のものを破壊する。またグリッドマンのエネルギーランプに口を伸ばし、エネルギーを吸収することもできる。

グリッドマンとの戦闘では電気攻撃でダウンさせたり、エネルギー吸収能力によって瀕死の状態に追いやるなどかなり善戦したが、3体のアシストウェポンと合体することで誕生したサンダーグリッドマンには電気攻撃が効かず、逆に圧倒的な力で叩きのめされた挙句、ドリルブレイクを喰らって消滅した。

なお、柏木はトレーニングマシンからの放電に怯えた挙句、ゆか達の父親を見捨てて逃げ出す醜態を晒しており、それを見たゆかからは完全に幻滅されてしまった為、武史の「柏木への復讐」という目的自体は完遂されている。また、直人や一平も柏木の存在には嫌悪感と危機感を抱いていた為、珍しく関わった者の多くが得をするハッピーエンドを齎した怪獣とも言える。

23話ではCGの姿で登場し、メカジェネレドンに改造された。

暗殺怪獣メカジェネレドン

身長73m
体重9万4千トン
出現地桜ヶ丘変電所のコンピューターワールド

第23話「暗殺!地獄の雷鳴」に登場。
武史が対グリッドマン用に作り上げた怪獣で、目的をグリッドマン抹殺の一点に絞っているためか他のメカ怪獣とは違い改修後の肩書が変わっている。

体を震わせての放電攻撃は無くなったが、代わりに両肩から電気を吸収することで物を破壊する事が出来るようになった。口からは怪光を放ち、角からは電気ビームを発射する(エネルギー吸収器官と発射器官が逆転していることになる)。

完成直前に一回、停電によって全データが消えてしまったため、作り直しを余儀なくされたが、武史はこれをヒントにグリッドマンが居るCWをシャットダウンすれば中にいるグリッドマンも消滅すると考えてそれを暗殺計画に組み込み(当然そうなればメカジェネレドンも消えてしまうと思われるので実質捨て駒である)、送り込まれた桜ヶ丘変電所のコンピューターを破壊して停電騒ぎを起こしてグリッドマンをおびき寄せる。

グリッドマンの到着を確認するとパサルートを封鎖して彼をそこに閉じ込め、しかも直人が自家発電装置の実験中に左腕を負傷し、その状態でグリッドマンと合体したため左腕の痛みで満足に戦えないグリッドマンに苦戦を強いる。さらにCW内の避雷システムを組み替えて変電所にを落とすことでCWごとグリッドマンを消去しようとしたが、封鎖を突破したダイナドラゴンが救援に駆けつけ、間一髪の所でグリッドマンがフィクサービームでシステムを復旧させる。その後はグリッドマンの反撃を受け、グリッドビームを喰らい消滅した。

余談

着ぐるみはデビルフェイザーの没案でフレムラーブリザラーの頭部を持つ合体怪獣「ダブルフェイザー」に改造される予定だった。

アニメ版でも印象に残る回として13話が挙げられており武史の怒りと話の展開はそれぞれ1話と4話に引き継がれている。

13話に登場した柏木を演じたのは、キャプテン・サワダこと澤田謙也氏である。

関連タグ

電光超人グリッドマン グリッドマン怪獣 電気
グールギラス:アニメ版1話の怪獣。体型が似ている他、こちらも倒されたが創造主の目的は達成している。また、メカ版がサンダーグリッドマンに相当する形態の初陣相手となった。

関連記事

親記事

グリッドマン怪獣 ぐりっどまんかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェネレドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1853

コメント