ピクシブ百科事典

アシストウェポン

あしすとうぇぽん

アシストウェポンとは、『電光超人グリッドマン』に登場するメカニック。
目次[非表示]

概要

グリッドマンをサポートする目的で開発された武器。
馬場一平がデザインし、井上ゆかがプログラムを打ちこむことで完成しグリッドマンの下へと運ばれる。終盤以降はジャンクの画面に表示される「アシストウェポンセレクター」と呼ばれる画面の中から選択するようになった。

単なるサポートメカだけでなく、パワードスーツのようにグリッドマンの体と合体してその性能を引き出すことができる。

一覧

  • バリアーシールド

アシストウェポン第一号となる、強力な超高電磁派バリアを発生させる盾。
バギラの騒動のせいで食べられなかったスペシャルドッグというホットドッグがモデル。

  • プラズマブレード
バリアーシールドの中に格納されている。刀身には怪獣の体をも切り裂くプラズマウェーブが放たれている。
バリアーシールドがホットドッグがモデルであるため、この剣はソーセージがモデルとなっている。

  • 電光電撃剣グリッドマンソード
プラズマブレードとバリアーシールドがアノシラスコンポイド・ユニゾンの魔法のバトンの力で合体した長剣。
設定上は高熱高圧電流による白熱化1000万1億ボルトの状態で切り裂くライトニング・サンダーボルトという技が使えるが、劇中は未使用(一応フレムラーを倒した時にそれらしき技を使用している)。
攻撃力は高いが、その分攻撃が大振りになり隙が目立つ。
アニメ版に登場する「電撃大斬剣グリッドマンキャリバー」はこれが元ネタになっている。

  • サンダーアックス
グリッドマンソードを組み替えた斧。シノビラー戦(第1回目)でのみ使用。

  • サンダージェット
戦闘機の資料を基に開発された戦闘機。
アニメ版に登場する「スカイヴィッター」はこれが元ネタになっている。

  • ツインドリラー
戦車の資料を基に開発されたドリル戦車。
アニメ版に登場する「バスターボラー」はこれが元ネタになっている。

  • ゴッドタンク
戦車の資料を基に開発された戦車。
アニメ版に登場する「バトルトラクトマックス」はこれが元ネタになっている。

サンダージェット、ツインドリラー、ゴッドタンクが合体したロボット。
グリッドマンと合体する事でサンダーグリッドマンとなる。

  • ドラゴニックキャノン
中国で発見されたミイラの棺の中に入っていた竜の副葬品を基に開発されたキャノン砲。
一兆度のプラズマ火焔を吐き出す。
元々はキンググリッドマンが使用することを想定されていたが、着ぐるみの関係で持つことが不可能なためグリッドマンが使用することになったが、諸事情で1回しか使用されなかった。

  • ダイナファイター
ドラゴニックキャノンが変形した高速戦闘機。

  • キングジェット
ダイナファイター強化のために開発された大型戦闘機。
グリッドマンと合体する事でキンググリッドマンとなる。

  • ドラゴンフォートレス
ダイナファイターとキングジェットが合体して完成する重爆撃機。

ドラゴンフォートレスが変形した恐竜型ロボット。

関連タグ

電光超人グリッドマン
新世紀中学生SSSS.GRIDMANにおけるアシストウェポンの総称でありそれぞれが独自の人間態を持っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「アシストウェポン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73888

コメント