ピクシブ百科事典

ダイナドラゴン

だいなどらごん

ダイナドラゴンとは、特撮テレビドラマ「電光超人グリッドマン」の登場キャラクター・武装のひとつ。
目次[非表示]

データ

全長85m
重量24万トン
別名合体超竜


概要

第22話「復活!恐竜帝王」から登場。
破壊されたゴッドゼノンに代わり新たに投入された、ティラノサウルス型の戦闘サポートロボット。アシストウェポン2機(キングジェット・ダイナファイター)によって構成されており、前段階としてこの2機が合体した大型戦闘機ドラゴンフォートレスから、さらにこの形態に変形するというプロセスを踏んでいる。
アクセスコードは『DYNADRAGON』だが、後にセレクターシステムに整理された際にコードを使用せずに出撃できるよう設定しなおしている。

劇中、桜ヶ丘郊外で発掘されたニホンティラノサウルス(放送当時は「現実の日本にティラノサウルスは存在しない」というのが定説とされていたが、21世紀に入ると少なくともティラノサウルス科の恐竜自体はいたことが明らかにされつつある)の復元図のデータを参考に、それをキングジェットの可変機構に取り入れて生み出された。この時、ゆかと直人は発掘現場に行っていて不在のため、プログラミング自体は一平が単独で行っている。

武器は主に前足のクローでの格闘と、肩部のペネトレーター砲による中距離攻撃。必殺技は口から発射する火炎ドラゴンロアー。またベノラの猛毒煙に苦しめられたグリッドマンのために、第26話でキングジェットの部分が防毒機能を備えた鎧になるように改造された。

制作にはドラゴニックキャノン→ダイナファイター→キングジェット→ドラゴンフォートレスと多くのプロセスを踏んでいる。最初から完成されたシステムとして生まれたゴッドゼノンとは対照的であるため、かなりの難産となった。基本的にはドラゴンフォートレスの状態で送られるが、キンググリッドマンのシステム完成後はダイナドラゴンの状態で送り込まれることが多くなった。そのせいなのか、出撃時には基本的に変形合体のプロセスを踏むゴッドゼノンより活躍の機会が多い。

リメイク

2018年にグリッドマンがアニメ化された際、ゴッドゼノンに相当するアシストウェポンは放送前の段階でそれに登場することが発表されていたのもあり、同様にダイナドラゴンとそのベース機も後でリメイクされて出てくるのではと期待されたりしたのだが、結局作中では最後まで現れることはなかった(監督いわく「尺の都合」だとかなんとか)。

こうしてダイナドラゴンのみリメイクの機会を逸した・・・かに見えたが、「SSSS.GRIDMAN」終了から1年近く経った2019年12月に新作アニメSSSS.DYNAZENONの制作が発表され、翌年5月に公開された同作のキービジュアルにてドラゴン型のメカが映されていることから、まさかの主役メカに抜擢されるという大出世を遂げた。

ドラゴンフォートレス

全長106.4m
全幅73m
全高30m
総重量24万トン
飛行速度マッハ18

ダイナファイターとキングジェットが合体した大型戦闘機。メカステルガン戦で初めて投入された。

製作の際、デザインを手掛けた馬場一平の色にギリギリまで頭を悩ませていたが、直人の叔父でグラフィックデザイナーであるジロー・ダイ(翔大次郎)との交流を経てに決まった。

武装

  • フォートレスミサイル
  • ペネトレーター砲:ダイナドラゴンやキンググリッドマン時にも使用される連射砲。


キングジェット

全長97.3m
全幅73m
全高29m
総重量14.4万トン
飛行速度マッハ18

ダイナファイターの強化のために開発された戦闘機で、ダイナドラゴンの体全般とキンググリッドマンの鎧となる。

メカステルガン戦で初投入された。
実はこれ1機のみで、キャリバーを除く他の新世紀中学生(特にヴィット)の完全上位互換という超兵器でもある。

その高性能っぷりからSSSS.DYNAZENONではステルス戦闘機「ダイナウイング」、車型メカ「ダイナストライカー」、潜水艦「ダイナダイバー」に分割されている(裏を返せば実に3機分のスペックを秘めた陸海空の万能戦闘機と言える)。

武装

  • キングミサイル:機首下面からミサイルランチャーが出現し、そこからミサイルを発射。
  • キングレーザー:機首の先端から発射される。


ダイナファイター/ドラゴニックキャノン

全長69m
全幅54.7m
全高24m
飛行速度マッハ36

ドラゴンフォートレスから分離する高機動戦闘機。ダイナドラゴンの頭部・胴体中央・尻尾を構成する。

古代中国の龍の置物から着想を得て作られた大型火炎砲・ドラゴニックキャノンから変形する。
まず最初にドラゴニックキャノンがメカバギラ戦で使用され、ダイナファイターは次のメカフレムラー戦で初投入された。ドラゴンファイヤーの操作はジャンクを介して一平が行っていた。それだけではなくこの二戦とも(怪獣が起こした騒動が原因で)ゆかが不在だったことから、ダイナファイターとドラゴニックキャノンはデザインからプログラムまですべて一平が一人で行っている。
実はドラゴニックキャノンの出番自体はメカバギラ戦のみに終わり、これ以降映像作品においては22年間出番自体が無いというなんとも不遇の武装だったりする。またグリッドマンが『スーパーヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド』としてアメリカでローカライズされた際、同じく一度しか使われなかったサンダーアックスが2回使われたのに対し、同様にメカバギラの映像自体は2回使われながらも、このドラゴニックキャノンの映像は一度しか使われなかった。

キンググリッドマン時には、前述の通りキングジェットのみがグリッドマンに合体するため、ダイナファイターは離脱し支援機として機能する。

SSSS.DYNAZENONでは竜人型ロボット「ダイナソルジャー」へと変更されている。
この為、全アシストウェポンでは唯一完全に役割と外見が変更された機体となった。

武装

  • ドラゴンファイヤー:口が上下にスライドし、そこから高温の火炎弾を発射する。
  • ダイナミサイル:機体下面にある三連バレルからミサイルを発射。
  • ダイナレーザー:目からのビーム。


理論上はキャノン形態で武装の一斉発射は出来ると思われるが、当然実現はしていない。

余談

開発者によると、ゴッドゼノンが裏表がひっくり返る変形形態で異なるシルエットを形成するのに対し、ダイナドラゴンは各部を収納するような形状でまとめあげたという。
またダイナドラゴンは、グリッドマンの企画初期である『ビッグマン』の頃からアーマー合体のひとつとして「サイバーゴジラ・アーマー合体」というコンセプトがあり、 キンググリッドマンにつながるキャノン型ビークルやドラゴンの爪や翼の意匠も、ここから盛り込まれている。
そこから背中の翼を後付けて形成し、モチーフはゴジラからドラゴンへと変形された。

関連タグ

電光超人グリッドマン アシストウェポン キンググリッドマン
ダイナゼノンダイナレックス:アニメ版はこちら

関連記事

親記事

電光超人グリッドマン でんこうちょうじんぐりっどまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダイナドラゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27306

コメント