ピクシブ百科事典

キンググリッドマン

きんぐぐりっどまん

キンググリッドマンとは、「電光超人グリッドマン」に登場するグリッドマンの合体形態。
目次[非表示]

データ

身長93メートル
重量30万トン
別名合体竜帝
パワー320万馬力
跳躍力240メートル


概要

グリッドマンアシストウェポンキングジェットと竜帝合体した形態。
パワータイプのサンダーグリッドマンに対し、この形態はスピード重視の形態となる。そのため、重々しい外見ながら回し蹴りを放つこともできる。
頭部装甲には防毒マスクが採用されており、毒ガスを使用する怪獣相手に有効な形態。初登場は第26話のベノラ戦で、防毒機能が付加されたのもベノラの毒ガス対策という側面がある。さらに脚部ロケットブースターを用いての飛行能力も設定上持っている。

意外にも難産だったらしく、劇中一平はダイナドラゴン全体をグリッドマンの鎧にすることを考えていたのだが、構造が複雑で考えがまとまらなかったところにゆかのアドバイスを受け、ダイナファイターを外してキングジェットだけで合体できるようにするという結論に至ってこの形態が誕生した、という経緯を持つ。

並べてみた


雑誌展開「魔王の逆襲」ではグリッドマンシグマが合体することで、キンググリッドマンシグマとなり、サンダーグリッドマンと並んだ。スーパーミニプラでも再現することができるようになっている(ただし、グリッドマンシグマおよびダイナドラゴンはプレミアムバンダイ限定アイテムだが)。もちろん逆の合体も可能。

武装

太文字は劇中で使用された武器及び技。

キンググリッドランチャー
ペネトレーター砲から発射されるビーム。ペネトレーター砲より出力が高く、連射能力に長ける。

キンググリッドビーム
右腕から放つ光線。グリッドビームの強化版。サンダーグリッドビームが電撃を帯びたビームであることに対し、高熱を帯びたビームを放つ。

キンググリッドファイヤー
中央の発光体から発射される熱線。サンダーグリッドファイヤーと異なり、最初から装備されている武器であり、射程距離に優れる。

フィクサービーム
サンダーグリッドマンのものと同じ修復光線だが、こちらは両肩のトライジャスターから放ち現実の世界を修復するほどの出力を持つ。

ペネトレーター砲
両腕に装備された厚さ10mの鋼鉄を撃ち抜く砲門。

ショルダーランチャー
光子弾バーストミサイルを放つ。

プラズマストーム
ペネトレーター砲の下部から放つ粉砕光線。

ブレストランチャー
胸部にある4門のレーザーバルカン。スパークビーム同様の出力を持つ。

ドラゴンクロー
肩の爪を飛ばす。命中すると3キロメートルは吹っ飛ぶ。

ハイパーキングキック
ブースターでジャンプし、高高度から飛び蹴りを仕掛ける。

ドラゴニックキャノン
ダイナファイターが変形した大型キャノン砲。
本編ではキンググリッドマンで使用したことはないが、2015年に『日本アニメ(ーター)見本市』で制作された短編アニメ『電光超人グリッドマン boys invent great hero』にて、カーンデジファー相手に使用した。

関連タグ

電光超人グリッドマン アシストウェポン ダイナドラゴン メカ 男のロマン

関連記事

親記事

グリッドマン ぐりっどまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キンググリッドマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21996

コメント