ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

熱血最強ゴウザウラー

ねっけつさいきょうごうざうらー

熱血最強ゴウザウラーは、サンライズ制作「エルドラン」シリーズの第3作目である。
目次 [非表示]

全員まとめて発進!


概要

エルドランシリーズ第3作目にしてTVシリーズ最終作。1993年3月3日から1994年2月23日にかけてテレビ東京系列局で放送された。また、テレビ東京系列局からは多少遅れてはいるがKBS京都に加えてTBS系列局約2局や日本テレビ系列局約10局でも放送されている。全51話。


個性豊かな18人の小学6年生たちが織り成す物語は、OVA尺の関係上、ライジンオーで描ききることができなかった小学校生活最後の一年を取り入れている。また、学園ものであるにも関らず、数々の区別化がなされ団結力の強い地球防衛組と比べると足並みが揃っておらず、ガンバーチーム以上に度々内輪もめが起きている。これは不完全な生き物が戦う度に強さや心を成長させていく為。奇跡が起きてのパワーアップは行わずに生徒たちの手で強化するなど、前2作と大きくアプローチが異なる点も特徴でOPテーマ「KEEP ON DREAMING」も放送中期以降で歌い手と曲調が変わったという(他にもEDテーマのCDでは林原めぐみが歌ったバージョンも存在)当時のこども向けロボットアニメとしては珍しい試みがされている。


敵側も前作と異なり性能を重視し、完全こそが絶対と信じる機械として描かれ、歯車王の部下であるギーグ以外は敵側から笑いの要素を一切排除しており大魔界のコミカルな作風とは対照的な印象を持たせた。その影響もありシリーズでも群を抜くハードな展開がなされている。


反面、敵サイドの事情や内面を殆ど描かず徹底的に排除されているため、シリーズを通し視聴していた者とっては物足りなさを感じる結果となり、なおかつ味方側の人物構成など見ても1作目の焼き直し感が強いという評価をされてはいるものの人気の高い挿話は多く、ライジンオーとは別の意味での傑作と言うファンもいるほどである。


なぜほかの熱血アニメと比べても暑苦しいわけではないのに「熱血」と名付けているのかというと、熱い血が通っているものと通っていないものとの対比を現しているからといわれている。


アニメ放送当時はトミー(現・タカラトミー)が玩具販売していたが、2000年代でもカプセルトイやアクションフィギュアなどの立体化がなされていた。

2018年12月22日にゴウザウラーがプラモデルエルドランシリーズ第一弾として選ばれバンダイから発売、2019年、2020年にそれぞれマグナザウラーとグランザウラーが順に発売されている。


登場人物

ザウラーズ

峯崎拳一(CV:高乃麗

立花浩美(CV:林原めぐみ

朝岡しのぶ(CV:天野由梨

白金太郎(CV:島田敏

火山洋二(CV:篠原あけみ

石田五郎(CV:上村典子

光主エリカ(CV:林原めぐみ)

小島尊子(CV:大谷育江

長田秀三(CV:天野由梨)

武者小路叉音泰(CV:篠原あけみ)

関和孝(CV:梁田未夏

水原結花(CV:大谷育江)

田辺久美子(CV:高乃麗)

山本春枝(CV:林原めぐみ)

佐藤明美(CV:篠原あけみ)

佐藤晴美(CV:梁田未夏)

藤吉雅夫(CV:新田三士郎

大山育代(CV:上村典子)


ザウラーズの周辺人物

中島辰男(CV:新田三士郎)

弥生由里(CV:天野由梨)

高木俊雄(CV:島田敏)

北条千代乃(CV:上村典子)

北島博子(CV:伊藤美紀

武田長官(CV:西村知道


エルドラン(CV:島田敏)


機械化帝国

機械神

歯車王

ギーグ

電気王

エンジン王

ギルターボ

原子王


歯車大王※

電気大王※

エンジン大王※

原子大王※


※地球に派遣された機械王と四天王は見た目や声は同一でも性能は異なる。

 

メカニック

ゴウザウラー

マグナザウラー

グランザウラー

キングゴウザウラー

ガクエンガー


関連イラスト

全員まとめて発進!!


関連動画


関連タグ

エルドランシリーズ

スーパーロボット大戦NEO


無敵超人ザンボット3:敵が血の通っていない機械軍団、味方側が一丸となって敵に立ち向かう雄姿、最初は否定的だった防衛軍が最終的には協力体制を取るなど、コンセプト的に似通っているところがある。ハードな展開で進む点も似ているといえよう。


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

エルドランシリーズ えるどらんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 480416

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました