ピクシブ百科事典

ギルターボ

ぎるたーぼ

ギルターボは熱血最強ゴウザウラーに登場する機械化帝国の巨大ロボ。
目次[非表示]

ファーザー…人間とは…
CV:安西正弘

概要

 地球侵攻に派遣されたエンジン王が乗り込む機械化巨人。電気王デスボルトと同様に戦闘用巨大ロボであるものの意識を持ち合わせ、エンジン王の事を「ファーザー」と呼ぶ。
 口から機械化獣を生み出す機械卵を射出。孵化した機体を自身に纏わせる形で巨大結合させ合体機械化獣と化す。
 単体での戦闘能力はゴウザウラーを軽く凌駕するも、真の能力を発揮するには起動用のキーでもあるエンジン王の杖が必要である。また、解析能力も優れ、地球人の強さは心の強さだと結論付けた。

 ビーストカイザーが敗れたおり、ザウラーズの担任である中島辰男を拐うも、エンジン王とは違い積極的に人とは何かと言う質問投げ掛けている(中島も答えられる限り応答している)。

 機械神からエンジン王を庇い破壊され、その頭部はメガキャッスル破壊の余波で発生した時空の穴に吸い込まれた後、キングゴウザウラーのデータを原子王に解析されダークゴウザウラーが開発される遠因となる。

『ファーザー……心が解析できたよ……』

 一方で、ゴウザウラー中、屈指の名セリフを放った張本人。
 地球人の強さを『心』に求めるも、人間の心に触れることは機械化帝国の内部では最大のタブーとなっていた。その一方で機械神に内密にエンジン王と共に人間の心を理解するための努力を重ねていた。当然、人間に触れることの多い彼のほうがエンジン王よりも先に人間の心を理解することとなった。
 そして、人間の心の解析に成功し、人間の心を理解した彼が最終的にとった行動が自己犠牲である。(機械化帝国には自己犠牲の概念がなく本来はありえない事だった)
 その後、機械神からの攻撃から父であるエンジン王を助けるために身を挺して機械神の前に立ちふさがり無残にも殺されてしまう。そして、死の間際、エンジン王が無事であったことを知って満足そうにつぶやいたセリフがこれである。

『ファーザー……心が、解析できたよ……』

 彼の死は涙無くしては見れない。
 エンジン王を父親と慕う子供っぽさや、疑問に対する純粋さなど、機械であってもどこか人間臭く憎めないキャラクターだった、
 彼の自己犠牲行動は父たるエンジン王の心おも揺り動かし、彼をザウラーチームとの共闘へと走らせるきっかけとなった。

関連タグ

熱血最強ゴウザウラー

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルターボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 447

コメント