ピクシブ百科事典

グールギラス

きえんばんじょうかいじゅうぐーるぎらす

グールギラスとはアニメ『SSSS.GRIDMAN』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

アレクシス「ほぉーう、情動的で素晴らしい姿だねぇ。では動かそう」

概要

第1話「覚・醒」に登場。別名:気炎万丈怪獣。

新条アカネが造ったフィギュアを基に誕生した怪獣
身体に対して直角に伸びた長い首が特徴で、その先にある頭はのような形になっている。
また、フィギュアの骨組みに使用されていた針金背中の大きな角部分で露出しており、手足の部分も針金がそのまま爪になっている。

武器は口から放つ火球。 この火球はボールのように山なりの軌道で放たれ、基本的には着弾した瞬間に炸裂して一気に広範囲を破壊する。
弱点は首であり、不完全なのか常に少しづつ綻んでいる。首が綻んでいる理由は放課後から大急ぎで作り上げたことと、直角に伸びた首が頭部を支えきれない不安定な構造であったためであると思われる。また、目的はあくまでターゲットの抹殺であり、別の誰かが妨害に入って戦闘に突入すること等想定していなかったことも、作りの甘さがそのまま放置された原因になったのだろう。

活躍

「どうしても許せないことがあった」(後述)せいでストレスを抱えたアカネが原型フィギュアを制作し、それをアレクシス・ケリヴが怪獣化させたことで誕生した。

出現後は響裕太達が住むツツジ台の街を蹂躙し、街に甚大な被害を齎した(裕太たちの通っていたツツジ台高校体育館も火球を受けて炎上した)が、その途中で裕太と一体化を果たしたグリッドマンと激突。裕太が戦いに慣れておらず、グリッドマンもこの時点では最適化されていなかったために満足に実力を発揮できなかったこともあり、優勢に戦いを進めたが、内海将に首の構造が脆いという弱点を見抜かれ、ジャンクを介して宝多六花がそれをグリッドマンに伝えた為に首をチョップで叩き斬られ、残った体は超電導キックとグリッドビームで破壊された。

翌朝、破壊された街は何もなかったかのように元通りになっていたが、破壊された体育館で部活動を行っていた女子バレーボール部員たちは教室から姿を消し、高校進学前に死んだことになっていた……

なお、怪獣を生み出したのが新条アカネであることが判明したのは第2話になってからであるが、フィギュアが製作されるシーンの直前に「教室内でボール遊びをしていた女子バレー部員・問川さきるのせいで、アカネが裕太に渡そうとしていたスペシャルドッグがボールに潰されてしまう」という一幕があったこと、上記のとおり殆どの火球が着弾時に炸裂するのに対して体育館に直撃した火球だけがボールの如く地面をバウンドしており、火球がまるで問川を狙ったように体育館に直撃したこと等から、怪獣を生み出した人物の正体が裕太のクラスメイトである可能性が高いこと自体はこの時点で示唆されていた。

ウルトラ怪獣擬人化計画

電撃G'sマガジン11月号」にて発表された(参考リンク)。
デザインは赤城あさひと氏。
SSSS.GRIDMAN』およびアニメ作品からは初の擬人化となっており、作品放映前の怪獣が擬人化されるのも初めて。

原典と同様、各所から針金が飛び出たような意匠があるほか、麻呂眉とちらりと出したペロ、左目尻のタトゥーが特徴的。どうやら火球を球技のように操るような能力を持っているらしく、前腕から手のひらにかけてテーピングのようなものを撒いている。

球技少女と言う特徴、そして短めの眉や髪型の一部は問川に似ているようにも見えるのだが……?

余談

デザインはゴジラシリーズにも多数参加している西川伸司氏によるもの。

規制等のため近年のウルトラシリーズではほとんど無かった首の切断描写が久しぶりにされた怪獣である。なお、切断面は原典同様、基盤のようなサイバー風になっていた。これは原典のグリッドマンも同様である。

アニメキャラだが、その質感や動きは特撮における着ぐるみのそれを忠実に再現しており(目の焦点が終始合っていない程の拘りぶり)、多くの視聴者を驚かせた。

別名の気炎万丈とは、燃え上がる炎のように他を圧倒する意気込みを意味する四字熟語である。

関連タグ

SSSS.GRIDMAN

フェミゴン ディノゾール:体型が酷似している。
スペースビースト:背中の突起物の形状がどことなくこの怪獣群と似ている。
ギラルス特撮版第1話の怪獣。
ジェネレドン:体型が似ている。こちらも結果的に自身に与えられた役割を達成している。

pixivに投稿された作品 pixivで「グールギラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38104

コメント