ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第10回「崩・壊」に登場。

次々と怪獣をグリッドマンに倒され、バジャックが作り出した夢の世界ですら裕太たちから拒絶され、完全に心を折られた新条アカネが制作した最後の怪獣。
この怪獣と合わせて4体の怪獣が制作されたが、そのうちの1体として適当に選ばれている。

お世辞にもクオリティの高い作品とは言い難く、既にアカネの精神がまともな怪獣のデザインもできないくらい追い詰められていることが伺え、いつもは彼女の作品を褒めるアレクシスをもってしても「これで完成?いいのかい?こんなので?」と心配するような言葉を投げかけていた。実際にこの時のアカネは「何で怪獣を作らなきゃいけないんだっけ…」と力無く呟くほどで、その姿はかつて怪獣による破壊を楽しんでいた彼女とは到底思えなかった。

形態

Aタイプ

データ

別名****怪獣
体長77m
体重2万t
誕生日2018年11月4日


一応は怪獣らしい形をしているが、その姿は不自然にうなじ部分が盛り上がり、首が傾いた不細工な怪獣のぬいぐるみといった外見で、どこかとぼけた様相ではあるものの、正中線からずれた位置にある顔が生物としての不自然さを醸し出している。
顔は深海ザメのような造形だが、丸みを帯び歯も造形されず単なるペイントで済まされているなどいまいち迫力に欠ける。しかしその鳴き声は人の咽び泣く声に聞こえ、その造形も相まって強さこそ感じられないが得体のしれない不気味な印象を与えている。
ピンク色と肌色が混ざったボディに昭和の怪獣フィギュアのような薄緑と薄ピンクの丸い模様が胴体部分を彩っている。
全体的にその造形は怪獣と言うよりも着ぐるみに近く、首元にのぞき穴があったりと他の怪獣に比べてあからさまに「作り物」のような外観をしている。
戦闘力はかなり低いが口に該当する部分から電撃を放つことができる。
だがその死体は倒した後も爆発せずに残り続けており、色味が肉っぽいのもあって雨に濡れた姿はさながら腐乱死体のような様相を呈していた。

Bタイプ

ナナシBくん


データ

別名****怪獣
体長65m
体重1万8千t
誕生日2018年11月5日

動きを止めていたAタイプの中からその外皮を破るようにして現れた怪獣。
Aタイプとうって変わって豆のサヤのような細い胴体に管状の繊維で構成された手足を持ち、体の中心部から縦に走っている亀裂から目と思しき赤い発光体が覗いている。怪獣と言うよりも宇宙人に近い前後があいまいな姿。
Aタイプをよく見ると、うなじ部分の盛り上がった部分がBタイプの頭頂部と同じなのが分かる。
恐ろしく俊敏で、高速で突進しつつそこから瞬間移動するかの如き人間離れしたアクロバティックかつ予測不可能な動きで相手を翻弄し、相手の攻撃をかわしながらの肉弾戦を繰り出す。さらに目からは強力な破壊光線を発射する。
バルタン星人ガマガエルを混ぜたような不安感をあおる笑い声に似た鳴き声を発する。

なお、デザイン案時点でBタイプに対し「カインロッグ」と言う名称案が付けられており、公式で名前が明かされる前の字幕放送でもその名が付けられていたが、最終的にナナシで一貫された模様。
特徴的な鳴き声や後述の考察から、カインロッグという仮名の由来は貝+フロッグ(カエル)の可能性がある。

活躍

昼間にAタイプとして出現して町中をのし歩くも、最初に戦った相手がフルパワーグリッドマンだったこともあり、鎧袖一触であっという間に撃破され活動を停止する。だが、その死骸は消えることなく不気味に立ち尽くしていた。

やっぱり怪獣は負けるために生まれて死ぬのかな……


アレクシス「おお、中の人が出てきてしまったぞ?いいのかなあ…」

しかし、夜中になると脱皮してBタイプへと変化、アカネの意思に関係なく町の管理怪獣を次々と断頭(劇中直接的に攻撃する描写はないが、設定によると手刀で切断したとのこと)しながら全滅させ、ツツジ台の維持機能を喪失させた。
そして、フルパワーグリッドマンとの再戦ではその俊敏さと怪力、さらに強力な光線でフルパワーグリッドマンを圧倒。合体しているアシストウェポンを強引に引き剥がして窮地に追い込む。

グリッドマンの窮地にアンチが乱入し、ナナシからグリッドマンを救い出すが、ナナシはアンチを相手にしても優勢に戦いを進めていった。

ところが「グリッドマンを倒すためにグリッドマンと戦う」と“自分の命の意味”を定義したアンチが、新たな戦士「グリッドナイト」へと覚醒。アカネの感情すなわち怪獣の動きがわかるグリッドナイトに完全に動きを読まれて形勢を逆転され、最後はグリッドナイトサーキュラーで真っ二つにされて爆散し撃破された。

第11回ではアレクシスが召喚させた怪獣軍団の1体としてAタイプが再生産ナナシAとして召喚され、ツツジ台で破壊活動を行う。
再生産ゴングリーと組んでグリッドナイトと戦うが、どういう訳か再生産ゴングリーを突き飛ばし単身で向かっては電撃を放つが、いとも簡単に回避されてフランケンシュタイナーのような技で再生産ゴングリーめがけて投げ飛ばされてしまい、さしたる活躍もできないままゴングリーもろともグリッドナイトサーキュラーで切り裂かれ、Bタイプに変化することもなく撃破されてしまった。

余談

デザインはキャラクターデザインを務める坂本勝氏が担当。坂本氏の担当怪獣は今回のナナシで2回目だが、人間と変わりない姿をしていたアノシラスとはかなりベクトルの異なるデザインの怪獣となっている。

ナナシとは、おそらくアカネが適当に仕上げたせいで決まった名前も付けずに実体化したことに由来すると思われる。その為か「ナナシ」の名は個体名と言うよりは文字通りの「名無し」と言う意味合いが強いらしく、英語表記も名無しを意味する「ANONYMOUS」となっている。

Bタイプはアレクシス・ケリヴ曰く中の人。……つまりこれまで倒してきた怪獣にも、Bタイプのようなモノが潜んでいた可能性が示唆されることとなった。

またアンチ曰く「怪獣は新条アカネの心そのもの」であり、今回のAとBで大きく戦闘力が変化したことも、見方を変えれば「人前では人畜無害な美少女だが、中身は破壊衝動に突き動かされて暴れる」アカネの本質を再現したものとなっていた(実際設定では、Bタイプの正体はAタイプに隠れていた、自暴自棄になったアカネの悪意や失意が剥き出しになった存在とされている)
管理怪獣を撃破し、アシストウェポンを真っ先に剥がしたのも前者は「自分の思い通りにならない世界は壊れてもいい」、後者は「フルパワーグリッドマンは邪道」というアカネの深層心理が反映されていたと考えられ、またBタイプの体は二枚貝(特にシャコガイ)の要素が入っているように見え、亀裂から見える発光体及びアンチの言葉を合わせると『「殻に閉じ困ったアカネの心」を具現化した』ようなデザインとも言える。
第7回で「憎しみが強いほど強い怪獣が生まれるからねえ」というアレクシスの発言があったが、正確には憎しみでなくとも怪獣の強さは負の感情(この場合は深い絶望)全般に影響するのかもしれない(このことから、再生産時にBタイプにならなかったのは、アカネを介さずに復活させたのが関係していると思われる)

尚、CG技術を使うかアニメでないと実現できないBタイプの動きから某トラウマ怪獣の実質最強形態を連想した特撮ファンは多かった模様である。また、この形態と対決したグリッドマンたちからも「今までの怪獣とは何かが違う」と同じような評価を受けていた。

特徴的なAタイプの泣き叫ぶような鳴き声とBタイプの笑い声のようなものは、アカネ役の上田麗奈氏の声を加工したもの。

アノシラスを除いた各怪獣についている四字熟語の別名はナナシには設定されていない。

関連タグ

怪獣 怪獣(SSSS.GRIDMAN)
きぐるみ 中の人
スカボーン:特撮版での最後の怪獣。Aタイプと同じシンプルかつ不恰好な姿が特徴。
チドゲラー:特撮版に登場した創造主の負の感情が詰め込まれた怪獣

ガヴァドン→同じくAタイプとBタイプが存在する。

ゼットンハイパーゼットングリーザ→普通の怪獣とは異なる不気味な挙動と圧倒的な攻撃力によってウルトラ戦士を打ち破った人型怪獣。特に、ハイパーゼットンとグリーザとは相手の方が頭数では有利だったにも関わらず、ほぼ一方的な攻撃で完封したという共通点がある。

サタンビゾー:Bタイプに姿が似た怪獣。

関連記事

親記事

怪獣(SSSS.GRIDMAN) あにめばんぐりっどまんのかいじゅうたち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナナシ(SSSS.GRIDMAN)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17299

コメント