ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

楳図かずお

うめずかずお

日本のホラー漫画家。現在は文化人枠でタレントとしての活動が中心である。
目次 [非表示]

概要

1936年9月3日(25日とも)生まれ。和歌山県生まれ、奈良県育ち。

本名は楳図一雄。初期の名義に「山路一雄」、「ウメヅカズヲ」などがある。


日本のホラー漫画の第一人者とも呼べる存在であり、『猫目小僧』、『おろち』、『神の左手悪魔の右手』など、シュールで幻想的、かつ緻密に練り込まれたストーリーのホラー、『漂流教室』、『わたしは真悟』などの、ホラー要素のあるSFで知られる他、『まことちゃん』など普段の作風からはかけ離れたギャグ漫画も執筆している。大映の「妖怪シリーズ」とのタイアップも果たしており、厳密な「妖怪シリーズ」ではないが、関連作品として楳図の作品も映画化されている。


また、若い頃俳優を志していたこともあってかテレビなどメディア出演にも積極的であり、特に『まことちゃん』のヒット以降はタレント活動にも力を入れている。


作中でとてつもなくおぞましいモノに出くわしたり、強い恐怖心を感じたキャラクターが見せる表情と叫び声に特徴があり、遭遇した対象よりも驚いてる人間の顔の方が怖いと専らの評判である。この恐怖顔は一発で楳図かずおだと分かる楳図氏の代名詞的な構図となっている。


ボーダーがトレードマークで、メディアに出演する際は常にこのボーダー柄のシャツを着ている。本人によれば「ラッキーカラー」とのことで、自宅兼事務所の外壁もこのカラーリングである。


後進の漫画家だけでなく、小説家など他業界や芸能人などにもファンが多く、綾辻行人中川翔子は「のような存在」と称している。他にも映画監督の塚本晋也、漫画家の江口寿史、ミュージシャンの松永天馬などがファンであることを公言している。


1995年に『14歳』の執筆を終えてからは、長年の活動による腱鞘炎の悪化などの影響もあり漫画家としては休業し、タレント活動を中心としている。

2014年には自身初となる映画監督作品『マザー』が公開された。

2021年に、実に26年ぶりとなる新作漫画を執筆すると発表し、話題となった。


経歴

父は奈良県の小学校教員であった。出産の便宜を理由に和歌山県の高野山で生まれる。その後父の仕事の都合で奈良県内を転々とし、3歳から6歳までは曽爾村、6歳から上京する27歳までは五條市で育った。

小さい頃、父が寝物語としてよく奈良に伝わる昔話を語っており、子供ながらに「怖いけど面白い」と感じていたという。この時聞いた話が『へび女』の元となった。

本人によれば母は温厚な人柄であったとのこと。


もともと絵を描くのは得意であったが、小学五年生の頃、同年代の多くの漫画家たちと同じく手塚治虫の『新宝島』に触発されて漫画家を目指すようになった。

初めは手塚治虫の作風に影響された、丸っこくデフォルメの強い絵柄で書いていたが、プロを意識するようになってからは武井武雄初山滋童画に影響された幻想的な作風に変化。その後も作風を模索し続け、中学生になってからはいくつかの同人漫画サークルで活動するようになる。


高校卒業後、教師であった親の勧めで大学受験するも失敗。同年に、過去に執筆した作品が出版されたことを機に漫画家としてプロデビューを果たし、以降貸本漫画を多く執筆するようになる。

1961年に発表した『口が耳までさける時』で「恐怖漫画」という言葉が生まれた。


1963年に、貸本漫画家の先輩である佐藤まさあきに誘われて上京。このころ漫画家として活動する傍ら、俳優を志して劇団ひまわりに入団し、端役でドラマや映画化に出演したこともあるが、劇団の上層部から宗教勧誘を受けたことに嫌気がさして退団したと明かしている。下積み時代の久保新二と同棲していたこともある。

1966年に週刊少女フレンド(講談社)で発表した『ねこ目の少女』、『へび女』がヒットしたことをきっかけに恐怖漫画家としての地位を確立。1971年からは週刊少年サンデー小学館)に移籍し、『漂流教室』、『まことちゃん』などのヒット作を世に送り出した。

1982年にビッグコミックスピリッツに移籍し、休業まで在籍した。


1995年からはタレント活動に軸を移し、その作風とはまた異なる明るく朗らかなキャラクターで人気を博す。


エピソード

徹底的なオリジナル追及志向であり、他作品から影響を受けることを恐れ、他人の漫画や映画アニメ小説などには触れないようにしていると語ったこともあるが、宮崎駿作品が大好きで自作を宮崎にアニメ化してほしいとたびたび語っている。自作以外の漫画のキャラクターで一番好きなのは『風の谷のナウシカ』のナウシカだという。


アメリカ文化に影響を受けていることを明かしている。


武蔵野市に自宅兼事務所(通称「まことちゃんハウス」)を建てているが、改築に伴い、赤と白のボーダーをモチーフとした外装にしたことについて「景観を損ねる」として近隣住民から訴訟されたことがある。


マギー司郎とは高田馬場で偶然出会ったことをきっかけに親交を深めており、楳図本人は「唯一のお友達」だと語っている。


ネット上において

抜群にインパクトのある書き込みに定評があり、彼の漫画のコマを抜き出した画像はTwitterなどの「絵レス」画像として人気を博している(非公式にだが)。

また、パロディー絵も大変に多く、楳図テイストを他の作品と掛け合わせた作品がpixiv上に多数投稿されている。


関連タグ

ぐわし ホラー漫画


アシスタント出身者

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2172199

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました