ピクシブ百科事典

江口寿史

えぐちひさし

日本の漫画家、イラストレーター。美麗な絵柄で知られる。
目次[非表示]

略歴

野球漫画『すすめ!!パイレーツ』にて週刊少年ジャンプでデビュー。彼が独自の作風を確立した『ストップ!!ひばりくん!』は男の娘女装の先駆け作品だった。

すとぉっすとっぷ



しかし、同作の連載中から、美麗な絵柄にこだわる故の遅筆癖が目立つようになる。作品内容も白いワニの幻覚に襲われたなどの言い訳めいた内容、楽屋落ちだらけとなり、目の当てられない状況に。

ひばりくん



江口の逃亡により『ひばりくん』は未完のまま連載が打ち切られ、続く『「エイジ」』『パパリンコ物語』も休載の嵐となり、いずれも未完のまま打ち切られることになる。この結果江口には「締め切りを守れない漫画家」「連載を放り出す漫画家」との悪評が立ってストーリー漫画の長期連載が無くなり、1990年代以降はイラストレーターとしての活動に重点を移した。その中にあって1ページ連載の『キャラ者』は(休載はあったものの)途中で投げ出されることなく、2008年6月まで連載が続いた。

今更イメレスシリーズその1(にわかファン推奨?)



余談

  • 世にも奇妙な物語のエピソードのひとつ「ハイ・ヌーン」、定食屋の全メニューを片っ端から食べ続ける男の物語。実は江口寿史の漫画「すすめ!パイレーツ」のエピソードを流用している。ストーリーテラー・タモリのお気に入りで2015年にリメイク放送された。(主演:玉置浩二⇒和田アキ子)オチに関しては原作漫画の方がオチついてる。「ありゃ、食い逃げだ。」
  • 山上たつひこの漫画家復帰作『中春こまわり君』(1、2話)の作画アシスタントを務めた。
  • 高橋留美子とともに、1980年代1990年代の少年漫画/青年漫画の女性像に与えた影響は大きく、「江口寿史によって少年漫画の女性にファッション性が肉付けされるようになった」とまで言われたほど。なお、本人は絵柄についてアンディ・ウォーホルなどのポップアート作家の影響が強いと発言している。


関連イラスト

アクタベさんのクリスマス



関連タグ

ストップ!!ひばりくん! イラストレーター ギャグ漫画 80年代風

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「江口寿史」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157513

コメント