ピクシブ百科事典

アンディ・ウォーホル

あんでぃうぉーほる

アメリカの画家・版画家・芸術家でポップアートの旗手。銀髪のカツラをトレードマークとし、ロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛けたマルチ・アーティスト。本名はアンドリュー・ウォーホラ(Andrew Warhola)。
目次[非表示]

生い立ち

1928年8月6日、ペンシルベニア州 ピッツバーグでスロバキア(当時はチェコスロバキア)の移民の子として生まれる(出生日や出生地には諸説ある)。両親は敬虔なカトリック教徒で、彼自身も同様に育ち生涯を通じ教会へ通った。カーネギー工科大学(現在のカーネギーメロン大学)に進学し広告芸術を学び1949年に卒業。大学卒業後はニューヨークへ移り商業・広告デザイナーとして成功を収める。


ポップアートの誕生

1961年 (33歳)、身近にあったキャンベル・スープの缶やドル紙幣をモチーフにした作品を描く。ポップアートの誕生である。
1962年 (34歳)、はシルクスクリーンプリントを用いて作品を量産するようになる。モチーフにも大衆的で話題に富んだものを選んでいた。マリリン・モンローの突然の死にあたって、彼はすぐさま映画『ナイアガラ』のスチル写真からモンローの胸から上の肖像を切り出し、以後これを色違いにして大量生産しつづけた。
1964年(36歳)からはニューヨークにファクトリー (The Factory、工場の意) と呼ばれるスタジオを構える。そこでシルクスクリーン(版画)等数々の芸術作品を作り出した。ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)等有名アーティストが多く集まるサロンでもあった。

狙撃事件とその後

1968年6月3日 (40歳)、ウォーホルはカルト集団の団員バレリー・ソラナスという女性に拳銃で狙撃される。銃弾は左肺、脾臓、胃、肝臓を貫通し彼は重体となるが一命をとりとめる。この事件は「アンディ・ウォーホルを撃った女 / I Shot Andy Warhol」として1995年に映画化された。

1970年代から1980年代は社交界から依頼を受け、ポートレイトのシルクスクリーンプリントを多数制作する。1970年には「ライフ」誌によってビートルズとともに「1960年代にもっとも影響力のあった人物」として選ばれる。1972年、ニクソンの訪中にあわせて毛沢東のポートレイトを制作した。

1983年から1984年にかけて、日本でTDKビデオカセットテープのCMにも出演。

1987年2月21日、ニューヨークで心臓発作で死去。58歳。生涯独身だった。ピッツバーグの洗礼者聖ヨハネ・カトリック共同墓地に埋葬されている。

出典:ウィキペディア フリー百科事典 


関連イラスト

ウォーホルの手法を真似た作品。

アンディ・ウォーフォーサイバトロン
鯨の缶詰



別名・表記ゆれ

アンディ・ウォーホール


関連タグ

ポップアート マリリン・モンロー

外部リンク

ウィキペディア「アンディ・ウォーホル」

pixivに投稿された作品 pixivで「アンディ・ウォーホル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2183

コメント