ピクシブ百科事典

草間彌生

くさまやよい

草間彌生とは、前衛芸術家である。
目次[非表示]

概要

草間彌生とは、前衛芸術家画家小説家でもある。
絵画の画面や彫刻の表面のみならず、見る者の視界を覆い尽くさんばかりの水玉モチーフを使うことが特徴。
合わせ鏡を用いてオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションや、男根状のオブジェを日用品などに張り付ける立体作品も制作している。
また、ファッションデザインや小説執筆などの活動も行っている。

プロフィール

性別
出生地長野県松本市
生年月日1929年(昭和4年)3月22日


松本駅近くで種苗業を営む裕福な家に生まれ、幼いころからスケッチに親しんでいたが、その一方、少女時代より統合失調症を病んでおり、繰り返し襲う幻覚幻聴から逃れるためにそれら幻覚や幻聴を描きとめる絵を描き始める。
草間彌生は水玉(ドット)をモチーフに制作する事が多いが、これは耳なし芳一が幽霊から身を守るために全身に経で埋め尽くした様に、彼女が恐怖する幻覚や幻聴から身を守るために、作品全体を水玉(ドット)で埋め尽くす儀式でもあったのである。

主な出版物

作品集

クサマトリックス角川書店2004年
草間彌生全版画集 1974-2004』阿部出版、2005年
わたし大好き』INFASパブリケーションズ、2007年

小説

マンハッタン自殺未遂常習犯』工作舎、1978年/角川文庫、1984年
天と地の間』而立書房、1988年
ウッドストック陰茎切りファロスカッター)』ペヨトル工房、1988年
クリストファー男娼窟』角川書店、1984年
聖マルクス教会炎上』パルコ出版、1985年
痛みのシャンデリア』ペヨトル工房、1989年
心中櫻ヶ塚』而立書房、1989年
セントラルパークのジギタリス』而立書房、1991年
沼に迷いて』而立書房、1992年
ニューヨーク物語』而立書房、1993年
蟻の精神病院』而立書房、1994年
すみれ強迫』作品社、1998年
ニューヨーク’69』作品社、1999年

詩集

かくなる憂い』而立書房、1989年

ノンフィクション

無限の網-インフィニティ ネッツ』作品社、2002年

関連タグ

前衛芸術 モダンアート

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「草間彌生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61202

コメント