ピクシブ百科事典

未完

みかん

完成・完結に至っていない、制作途上にある作品や物事を指す。
目次[非表示]

1.物語完結しないまま終了すること。続きが書かれなくなること。⇒未完結
2.絵画彫刻などが完成されず、途中のままで製作が放棄されること。
3.現在進行形で制作が続いていること。

物語(漫画小説アニメドラマなど)の場合

週刊少年ジャンプ」の打ち切り作品の殆どがこれにあたる。「男坂」は最終回を堂々と「未完」の二文字で締めくくったため、代名詞的存在となった(ただし男坂の連載は30回続いている。ついでに近年続きが描かれることとなった)。

  • 作家などにより、続きが物理的に執筆不可能となった作品
栗本薫の「グインサーガ」、佐藤大輔の「学園黙示録」など。岡崎京子は存命だが事故の後遺症により執筆活動が不可能な状態が続いているため「ヘルタースケルター」は未完となっている。
  • 作者は存命だけど、何らかの理由で話の続きを書いていない作品
福本伸行銀と金は15年以上に渡って続編が書かれていない。
田中芳樹アルスラーン戦記は10年以上に渡って書かれなかった事もあり、一時はこのまま未完のまま終わるのではとも言われたが、荒川弘のコミカライズを機に執筆が再開された。
 「やじきた学園道中記」は、ファンが制作した同人誌の内容に作者が激怒した結果、急遽連載が打ち切られ、長年休止状態が続くことになった。
 SSや動画など各種二次創作作品では長編になるにつれて完結する方が少ないかも知れない。理由としては「作者のやる気がなくなった」「伏線が回収できなくなった」「作品の信者同士の争いに疲れた」等
  • 制作会社が倒産して、著作権等が他会社に引き継がれなかった。
  • 制作会社は倒産していないが、何らかの都合で作られなくなった。
映画機動戦士ガンダムF91はTVシリーズの作品として制作されることを前提に前史的扱いな作品となったが、結局F91世界での続編となるTV作品は作られず、TVでのシリーズはさらに時代が進んだ機動戦士Vガンダムとなった(F91のキャラは一切登場せず)為、一時はF91シリ-ズとしては未完扱いとなった。後年、F91の後日談的作品である機動戦士クロスボーン・ガンダムが漫画版で刊行、一応の完結をみた。

関連タグ

バッドエンド 打ち切り
男坂

pixivに投稿された作品 pixivで「未完」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 497235

コメント