ピクシブ百科事典

ハイパーダッシュ!四駆郎

はいぱーだっしゅよんくろう

ハイパーダッシュ!四駆郎とは、ダッシュ!四駆郎の続編である
目次[非表示]

概要

第1次ミニ四駆ブームを支えたミニ四駆漫画『ダッシュ!四駆郎』の続編。作者は
武井宏之が担当し、コロコロアニキ2号から連載されている。
(元の作者・徳田ザウルス氏は2006年に亡くなった)

武井は中学時代、オリジナルミニ四駆のデザイン公募に応募し優秀賞を勝ち取った事がある。その際に徳田から、デザイン使用とブラッシュアップデザイニングの承諾のための電話連絡を直接貰った。彼のデザインを元に完成したのが、「ダッシュ3号 流星」である。流星の生みの親が徳田の遺志を継ぎ、本作を手掛けるという不思議な縁が生じている。
※そのため原作「徳田ザウルス」、作「武井宏之」と表記されている

ストーリー

日ノ丸四駆郎がいなくなってから、彼らの世界は暗くなっていた…
そしてミニ四駆界に危機が迫っていた。ミニ四駆を使って大規模テロを起こす国際テロリスト集団「ダーク・ドミニオンズ(D・D)」が現れ、その集団が日本に上陸したのだ。皇快男児は彼らに対抗すべくかつてのダッシュ軍団を招集、新たに開発したハイパーダッシュマシンを与え「ハイパーダッシュ軍団」を結成し、D・Dの野望を防ぐために立ち上がるのだった。


登場人物

日ノ丸四駆郎
弾九郎曰く「俺たちの太陽。奴がいなくなってから自分達の世界は暗くなった」。前作最終回から行方不明であったが、生きており、全員の前に登場する。
使用マシンは「エンペラー」、「ライズエンペラー」。

戸田弾九郎
ストリートミニ四駆の頂点に立っていたが、ミニ四駆世界の危機と四駆郎の生存を聞いて立ち上がる。マシンは「バーニング・サン」、「バーニングゴッドサン」(キットでは商標の関係で「ゴッドバーニングサン」)。

南進駆郎
サーキットミニ四駆の頂点に立っており、スピードに取りつかれていた。しかし、四駆郎との勝負で敗北し、再び仲間と走ることになる。
マシンは「シューティングスター」、「シューティングプラウドスター」。

地味頁二/パンクロー
最後まで生き残った者が勝つ「デモリッションミニ四駆」を仕切っていた。弾九郎から事情を聞いて、招集された。マシンは「キャノンボール」「キャノンデッドボール」。

皇輪子
ミニ四駆界の危機の為、エクストリームミニ四駆を公式競技に入れようとし、弾九郎とパンクローを落ちこぼれ呼ばわりしていたが、事情を聞いた後は謝罪した。使用マシンはダンシング・ドール、「D.D.D(ダンシング・ディバイン・ドール)」。

皇快男児
輪子の兄で、ダッシュマシン、ハイパーダッシュマシンの開発者。ミニ四駆界の危機を告げる。

Mr.G
ダーク・ドミニオンズのボス。謎の多い人物。マシンはオーバー・ザ・ホライゾン。正体はだとも取れるが・・・

関連タグ

コロコロアニキ
ダッシュ!四駆郎

関連記事

親記事

ダッシュ!四駆郎 だっしゅよんくろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパーダッシュ!四駆郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 612

コメント