ピクシブ百科事典

日ノ丸源駆郎

ひのまるげんくろう

【日ノ丸源駆郎】とは、徳田ザウルス作「ダッシュ!四駆郎」の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:仲村秀生

男性のラリードライバー。 家族構成は妻、息子、母の四人構成だが妻には先立たれてしまっている。 ※父は、元軍人でレーサーであった。 父も地獄ラリーに挑んだのだが、帰らぬ人になってしまった。

四駆郎の父。地獄ラリーに挑戦する出発前に、幼き息子に「ブーメランJr.」を授け、ラリーレース用に調整したメルセデス・ベンツを駆り出発した。

皇快男児とは一緒に地獄ラリーに参加していた(皇はナビゲーターとして参加)。その途中に事故に遭遇してしまい、悪徳保安官の策略で三年間強制労働をすることになった。

強制労働の途中、保安官が乗っていたベンツを強奪して脱出を図る。 自分達が乗っていたレース用に調整されたベンツを愛車として使っているとにらみ、取り戻す意味合いで奪取・脱出。 更に加速させて逃げ出そうとするも途中で気が付く。 『加速しない!? こいつぁ、俺達が乗っていたベンツじゃねぇ・・・ノーマルのベンツだ! ひえ~~!! 俺達、車泥棒になっちまったぜ!!』と本当に保安官が所有していたベンツであったことを知る。

追手が来ている事、ノーマルのベンツでは逃走が困難であることから作戦を変更し肉弾戦に挑もうと思ったが、追手のリーダー格であるハチマキの提案でレースで勝負することになった。

そのレースに、小型レーシングマシンを持ち出して勝負に挑む。 最初こそ皇は、『源さん、なんだってあんな玩具の車で・・・・』と疑問視していた。 だが、ただ走るだけの玩具ではなくレーザーコントロールによるドリフト走行を可能としたレーシングマシンであることを彼らに示した。

レース途中でトラブルに見舞われてしまうが、自分が下げていたペンダントで窮地を乗り越えて見事勝利を掴んだ。

その後、ハチマキの妹を含めた多くの強制労働者達を助けに向かう。(ついでに、悪徳保安官のベンツを返却した)

無事に救出した後、ハチマキから『記念に、その玩具・・・俺にくれよ』と言われたのだが『玩具じゃねえっつーの!!』と少々お怒り気味に返答し 自分のベンツを修理を始めて地獄ラリーに再度挑戦するのであった。

更に月日は流れ、ラリーレースの時にアマゾンに訪れた際に少年と少女の命を救う。 長距離レースで疲弊した体力と空腹により一時世話になる。 その礼として、小型レーシングマシンを設計・開発し五人の少年に授けた。



技術者「日ノ丸源駆郎」


ラリードライバーとしてだけでなく、小型レーシングマシンの技術者としても活躍する。 自ら図面を引き、マシンを設計・開発できるほどの技術力を持っている。

ダッシュシリーズの出発点となるダッシュ0号にリモコンによるレーザーコントロール機能(加速、減速、操作可能)を搭載している。 (各マシンの名前やカーナンバーは、源駆郎ではなく友の快男児である)

この他にも
元々は2台あった超皇帝(スーパーエンペラー)の1台を皇から送られ、彼の手でバージョンアップさせられた。それが四駆郎のマシンとなる大帝(グレートエンペラー)である。


所有マシン

メルセデス・ベンツ・Gクラス※実車。 
ダッシュ0号
スーパーエンペラー
グレートエンペラー※地獄ラリーの途中で、あるレーサーのマシンの下へと導いた。
ホライゾン・バウンドレス
???


関連タグ

徳田ザウルス ダッシュ!四駆郎 日ノ丸四駆郎

関連記事

親記事

ダッシュ!四駆郎 だっしゅよんくろう

兄弟記事

コメント