ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ダッシュシリーズの三号機で、コードネームは【流星】。 所有者は南進駆郎
ジェット戦闘機のようなデザインのカウルに白に青のカラーリングが施されているのが特徴。
最高速度重視にセッティングされている。

流星は、さらに力を得る

立体物

レーサーミニ四駆のカテゴリでタイプ3シャーシが採用された製品として販売(現在は絶版)。
パーツが簡略化や一体化がされやすいミニ四駆のボディにおいて、珍しくサスペンション部・ダクト・リヤウイングが細かくパーツ分けされており、そのため部分塗装は比較的簡単な部類に入る。
ただし当時丸形のキャノピーは珍しかったのかキャノピー用のステッカーが付属しておらず、素組だと真っ白のままであった。そのため、この部分も塗装で補う必要があった。
バーニング・サン同様プレミアム化はされていないため、片軸版ボディはメモリアルボックスなどでしか手に入らず長らく入手困難になっている。ただし、2015年にはアミューズメント用プライズ(景品)向けに「シューティングスター ドラゴンテイル」としてエスケイジャパンを通じてアミューズメント施設を中心に展開。スーパー1シャーシとブルーメッキの3本スポーク大径ホイールを採用し、ボディ色は黒・白(シャーシ・タイヤはスカイブルー、ギヤカバーは白)と赤・青(シャーシは白、タイヤ・ギヤカバーは黒)の4色の展開となった。パッケージは共通で(箱絵画像は黒車体のモデルが使われ、箱側面の画像でどの色のキットが入っているかを確認できる)、ステッカーはホイルタイプで、通常キットでは設定のなかったキャノピー部分のシールが3分割式として新たに追加されている。
それとは別に、2008年にはミニ四駆特別企画のスペシャルキットとしてグレートエンペラーの+1(プラスワン)ボディとして同梱されたキットが発売された(2008年発売版は既存のキット同様キャノピー用のステッカーのない仕様だった)。このキットを含めた一連のシリーズ(エンペラーをはじめとした四駆郎マシンの+1ボディキット)は2021年にITEM番号を変更した上で再販が予定されている。

他には、MSシャーシが採用された製品としても販売された。ただしシャーシの都合上分類はミニ四駆PROシリーズに変更されている。こちらはいつでも入手が可能。
両軸シャーシ用にボディが改修されており、パーツ分けの細かさはそのままに片軸版にはないサイドポンツーンが追加されている。片軸特有のギヤボックスの干渉もなくなったため、エンペラー同様リヤサスペンションも左右対称になった。
もちろんこちらにはキャノピー用のステッカーがちゃんと付属している。
2015年には金メッキ化されたボディ部品がコロコロアニキ第2号の付録として採用された。ただしステッカーは付いていない。

実は

当時連載されていたコロコロコミックにて行われた「ダッシュ1号デザインコンテスト」にて募集されたデザインの一つ。  当時、中学生だった武井宏之氏がデザインしたもので、徳田ザウルス氏がリデザインし本機として劇中に登場させた。

関連タグ

ダッシュ!四駆郎 南進駆郎
レーサーミニ四駆 ミニ四駆PROシリーズ

関連記事

親記事

南進駆郎 みなみしんくろう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シューティングスター(ミニ四駆)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 805

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました