ピクシブ百科事典

シャーマンキング

しゃーまんきんぐ

シャーマンキングとは、週刊少年ジャンプ(集英社)で1998年31号から連載されていた、武井宏之による漫画作品。及びそれを原作としたテレビアニメ作品である。
目次[非表示]

概要

霊能力者(シャーマン)の少年・麻倉葉が、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描く物語。

本シリーズは、仏ゾーンITAKOのANNAヤハべえデスゼロなど他の武井作品のクロスオーバーが有名である。

単行本は全32巻を刊行。キャラクターズブックである『万辞苑』と公式ファンブックの『マンキンブック』も発売された。テレビアニメ化もなされているほか、アニメで放送されなかった「恐山ル・ヴォワール」にあたるストーリーは、アニメ版キャストでドラマCD化されている。

打ち切りと完全版における補完

武井には3連続で作品が打ちきりになってしまったという経歴がある(これは違います)。諸事情に振り回された部分もあるが。

【ディケイド】白いドレスは未完のしるし【マンキン】


みかん
シャーマンキングは連載末期には『週刊少年ジャンプ』のアンケート順位が最下位近くで低迷を続けた末に打ち切りという形で終わりを迎えた。ジャンプコミックス最終巻のラストシーンにはみかんが描かれているが、これはストーリーの未完を意味する武井のシャレである。連載終了直後にラジオ番組『林原めぐみのTokyo Boogie Night』において、武井からの手書きの手紙が読まれ、連載終了が不本意であったことが伝えられた。

2007年12月に開催されたジャンプフェスタ2008及び『週刊少年ジャンプ』2008年13号にて、作品の完全版が発売されることが発表され、2008年3月より月2冊ずつ刊行された。ジャンプコミックス版でも執筆できなかったストーリーの続きの描き下ろし約380ページが追加され完結を迎えた(マンタリテによると最初はリミックスで発売という話だったのが、この描き下ろしなど追加のため完全版で出すこととなった)。
完全版は全27巻。


何度打ち切られても掲載紙そのものがなくなっても出版移籍しても立ち上がる様は初代OPの歌詞の「よみがえれ」にどこか通じている。

講談社へ移籍

2018年に20周年プロジェクトが始動したのと同時に講談社へ移籍し、新章や外伝などの作品が発表され、『少年マガジンエッジ』にて連載されている。5月には『SHAMAN KING KC完結版』として電子書籍版の発売が開始され、後にマガジンエッジKCレーベルで単行本も発刊された。全35巻。
講談社ということで下記にあるように「なかよし」で外伝の連載や、「テレビマガジン」での掲載にもなった。

関連作品

続編

シャーマンキングFLOWERS:主人公は葉とアンナの息子・麻倉花。
SHAMANKING_THE_SUPER_STAR:シャーマンキングFLOWERSの続編で、三代目アンナのアルミが主人公。

外伝

シャーマンキング-0-:本編前などの前日譚を集めた話。
SHAMAN KING レッドクリムゾン:道潤が主役の外伝。(漫画:ジェット草村)
SHAMAN KING マルコス:X-LAWSのメンバーが主役の外伝。(漫画:ジェット草村)
SHAMAN KING & a garden:花組のメンバーが主役の外伝。少女漫画雑誌「なかよし」での連載となる。(構成:ジェット草村、漫画:鵺澤京)

あらすじ

森羅学園中等部に通う少年・小山田まん太は、ある日の帰宅途中、墓場で幽霊と戯れる少年と出会う。少年の名は麻倉葉。彼は霊と様々な交流ができる者、シャーマンと呼ばれる者達の一人だった。彼は500年に一度行われるシャーマン同士の戦い、シャーマンファイトに参加するために上京してきていた。「シャーマンファイト」、それは全世界のシャーマンを統べる「シャーマンキング」を決める戦い。葉と友人になったまん太は、彼を通じて様々なシャーマンたちと出会い、その戦いを目撃していく。

登場人物

演者の芸名は最新のものを記載。キャスト順は(第1作)/(第2作)の順で、同一の声優が並ぶ場合は両作で担当していることを示す。一名のみ記載は、第1作でのキャストを示す。

主要人物



ふんばり温泉チーム

THE蓮

X-LAWS
X-Ⅰ
X-Ⅱ
X-Ⅲ
元X-LAWS

ハオ一派
星組
花組
土組
月組
所属なし

ガンダーラ
如来
明王

菩薩

麻倉家・ふんばり温泉関係者

チームTHE蓮関係者

パッチ族

KABBALAHERS(カバラーズ)

ICEMEN(アイスメン)

NILES(ナイルズ)

その他の登場人物

テレビアニメ

第1作

魂魄かさねて


2001年7月から2002年9月まで全64話が、テレビ東京系列局で放送された。アニメーション制作はXEBEC
監督は水島精二、キャラクターデザインを高見明男が担当。
後半からオリジナルストーリーが展開されている。

主題歌

オープニングテーマ
「Over Soul」(第1話 - 第34話)
作詞 - MEGUMI / 作曲・編曲 - たかはしごう / 歌 - 林原めぐみ
「Northern lights」(第35話 - 第64話)
作詞 - MEGUMI / 作曲・編曲 - たかはしごう / 歌 - 林原めぐみ

エンディングテーマ
「trust you」(第1話 - 第34話)
作詞 - MEGUMI / 作曲・編曲 - たかはしごう / 歌 - 林原めぐみ
「おもかげ」(第35話 - 第63話)
作詞 - MEGUMI / 作曲・編曲 - たかはしごう / 歌 - 林原めぐみ
「魂魄重ねて」(第64話)
歌 - 佐藤ゆうこ

挿入歌
「brave heart」
作詞 - MEGUMI / 作曲 - 太田美知彦 / 編曲 - 十川知司 / 歌 - 林原めぐみ
「SILENT WEAPON」
作詞 - 李醒獅 / 作曲・編曲 - 大森俊之 / 歌 - 佐藤ゆうこ

第2作

2020年6月に完全新作でテレビアニメ化されることが発表された。

2021年4月からテレビ東京系列局とBSテレ東にて放送中。
「アニメを物語の最初から作り直したうえで放送始めるつもりです」との告知があり、物語の結末まで映像化されるとのこと。放送開始日にBlu-rayBOXの情報が解禁され、それによると第52廻まで(一年間)の放送が確定している。
アニメーション制作はブリッジ。

蛇足ではあるが、連載開始20周年に当たる2018年に向け、作者の武井に対しアニメのリメイク企画のオファーがあったものの、武井が当時の声優と曲を再起用したいと要求したが実現できずおじゃんになってしまったことがあったことを、武井が自らの公式ツイッターアカウントにおいて明らかにしている

特報PVの曲が第1作のOP「Over Soul」を起用したことでも話題を呼んでいる。


キャストは大半が第1作から続投し、主題歌も林原めぐみが担当する。

主題歌

オープニングテーマ
「Soul salvation」(第1話 - )
作詞 - MEGUMI / 作曲・編曲 - たかはしごう / 歌 - 林原めぐみ

エンディングテーマ
「#ボクノユビサキ」(第1話 - 第12話)
作詞 - MEGUMI / 作曲・編曲 - 要田健 / 歌 - 林原めぐみ
「Adieu」(第13話 - )
作詞・作曲・編曲 - 清竜人 / 歌 - 堀江由衣

余談・関連リンク

作中のエピソード「恐山ル・ヴォワール」に登場した手紙の内容を歌詞にして、かぴたろう氏が2010年03月13日に初音ミクに歌わせたものがある。
2011年10月20日になんと、恐山アンナ役の林原めぐみが歌い、投稿したものがある。

ニコニコ動画版
ニコニコ動画版初音ミクver.

関連イラスト

あの世とこの世を結ぶ者
ふんばりました


シャーマンさん
マンキンだョ!全員集合



関連タグ

武井宏之 週刊少年ジャンプ 少年マガジンエッジ マンキン(略称)

評価タグ
シャーマンキング100users入り
シャーマンキング500users入り
シャーマンキング1000users入り
シャーマンキング5000users入り

外部リンク

公式サイト
2021年版テレビアニメ公式サイト

他の記事言語

Shaman King

関連記事

親記事

武井宏之 たけいひろゆき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャーマンキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24867685

コメント