ピクシブ百科事典

アイアンメイデン・ジャンヌ

あいあんめいでんじゃんぬ

『シャーマンキング』のキャラクターの一人。
目次[非表示]

プロフィール

年齢8歳/小学3年生
西暦1990年3月2日
血液型AB
星座魚座
推定身長141cm(登場初期)
好物いちごのケーキ
趣味年に3度くらいのおでかけ
出身地フランス・ロレーヌ地域圏(モン・サン=ミシェルで育つ)
CV堀江由衣


人物

モデルはおそらくフランスの聖処女・ジャンヌ・ダルク
ハオ打倒及び世界平和の実現を目的とした組織「X-LAWS(エックス・ロウズ)」のボスであり、X-Iのリーダー。メンバーから「聖・少・女」と呼ばれ崇拝されている。
慈悲深く聡明な一方、自身の判断で相手が「悪」だと考えれば何の躊躇もなく相手を処刑できるという、かなり両極端で苛烈な性格をしている。
世界平和を願う心優しき少女だが、自分の思いを拒否されると泣く癖がある。

普段はアイアンメイデンの中に入って自らを串刺しの刑に処している
これは当人の体質で苦痛を受けるほど巫力が増強されることを利用した鍛錬らしく、普段から瀕死の状態に自身を追い込み、その結果として50万という桁違いの巫力を得ている。
また、劇中数少ない神霊レベルの霊魂と契約する神クラスのシャーマンである。

聖☆少☆女


また受刑中はかぼちゃパンツのみを着用のため、初登場時に多くのキャラから「何か中からすっぽんぽんの美少女が出来てきた!?(要訳)と驚嘆された。

戦闘時にはパンツ一丁からオーバーソウルで「アイアン・ヘッドドレス」を装着する。
普段着はメイド服で何着も所有している。

持ち霊

シャマシュ


持霊はメソポタミア神話の法律神・シャマシュ
古代バビロンで信仰されていた太陽と正義の神。かつて人類にハンムラビ法典を授けたとされている。神殿跡に建つ教会に封じられていたところを、聖地巡礼中に発見したラキスト・ラッソが封印を解きメイデンに授けた。

霊媒はアイアンメイデンで、戦闘時には仮面だけを使用する。
持霊の治癒能力のおかげで、アイアンメイデンから出て即座に戦闘態勢に入れるほどの治癒力を有している。劇中のシャーマンでも貴重な蘇生術の使い手でもある。攻撃方法は死刑宣告と共に処刑器具や拷問器具を召喚し、相手をそこに拘束して惨殺するというこれまたかなり苛烈である。

実は…。

聖女でも何でもなく、元は少し霊感と思い込みが激しいだけの天涯孤独な少女だった。
マルコ・ラッソに組織創設時に象徴として見出され、以後彼による洗脳に等しい教育の下で成長していき、才能を開花させて現在に至った。

しかし海岸線での戦いでX-LAWSの真実を受け開けて自殺しようとしたマルコに、仮初の聖女であることを受け入れてX-LAWSの心機一転を持ちかけ、マルコを説得している。

この頃から徐々に死生観を鑑みるようにもなり、エジプトのシャーマンチーム「NILES」のアナテル・ポッキの弟・アナホルが仇討ちに来た時には罪悪感から涙を流し、戦意を失い潔く彼に殺されることを選んだ。その後「ガンダーラ」チームの長であるサティに蘇生される。

最終決戦で葉たちに同行するが、十祭司ブロンと戦い道蓮ホロホロの蘇生をしたことで巫力が尽きてリタイアとなった。

本編終了後

シャーマンファイト終了後は、X-LAWSを慈善団体へと再建し、その総帥に収まっている。
そしてなんと最終決戦での縁から、蓮と結婚してという息子まで授かっていることが判明。蓮との夫婦関係も良好らしい。
ちなみに続編のFLOWERSには、彼女の息子が成長した姿で登場しているが、いまだに彼女の大人の姿での登場はされていない。すべて文面での説明によるものなので、どんな巡り会わせで蓮と結ばれたかは謎のままである。

関連イラスト

法☆リィ ガール
聖・少・女


*
普通のメイデンちゃん



関連タグ

シャーマンキング
X-LAWS リゼルグ・ダイゼル マルコ・ラッソ

蓮メイ
道蓮 道黽

pixivに投稿された作品 pixivで「アイアンメイデン・ジャンヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393164

コメント