ピクシブ百科事典

阿弥陀丸

あみだまる

阿弥陀丸とは、漫画・アニメ『シャーマンキング』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:小西克幸斎賀みつき(幼少時代)

1385年1月6日生まれ。侍の霊。
当時仕えていた領主から喪助の打った名刀・春雨の希少価値を高める目的で彼を殺害するよう命令を受けるが、親友を死なすまいと喪助を逃がす。その時、「春雨を最強の名刀に仕上げて渡す」と約束を交わして春雨を喪助に託すが、それを領主の部下に盗み聞きされてしまったが為に喪助は謀殺されてしまう。
それでも最後まで約束の場所で喪助を待ちながら、大多数の兵士と春雨を持たない状態で交戦。血で血を洗う熾烈極まる戦いの果てに力尽きてしまった。
この戦いは後世に「千人の人間を斬り捨てた鬼人」という恐ろしい伝承として語り継がれる事となる。

死後、喪助と交わした約束を守れなかった未練からふんばりヶ丘の墓地に地縛霊として居座っていたが、数百年の時を経てその約束を果たさせてくれたに感銘を受け、彼の持霊となる。
持ち霊になった後は葉の事を仕えるべき主として認識して「葉殿」と呼ぶようになる。
地縛霊として墓地に居座っていた頃よりも表情豊かになり、時に周りに振り回されては喜怒哀楽が忙しく切り替わるようになる。

生前の愛刀は親友の鍛冶屋・喪助が打った「春雨」。独自に編み出した阿弥陀流剣術は、真空波を飛ばす「真空仏陀切り」を始めとして、常人離れした威力を持つ。

彼はその後、麻倉葉の息子・麻倉花の持霊にもなる。

剣技

※阿弥陀流とされたものを紹介する
真空仏陀斬り
真空波を飛ばす。真剣はもちろん、木刀でも使える技。 
ゲームシリーズなどでは劣化版の「仏陀斬り」が存在する。

如来
阿弥陀丸が戦う際に使った独特の構え。千人斬り伝説の際にも使われたという。

後光刃
如来の構えから繰り出される技。表現としては居合い斬りに近い。ICEMEN戦では「大後光刃」というオーバーソウルによってパワーアップした技が使われた。

無無明亦無
技の詳細は麻倉葉のページを参照。元から阿弥陀流にあったのか、新しく作ったものかは不明だが、阿弥陀流として表現されている。

関連タグ

シャーマンキング 麻倉葉
シャーマンキングFLOWERS 麻倉花

pixivに投稿された作品 pixivで「阿弥陀丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230808

コメント