ピクシブ百科事典

麻倉花

あさくらはな

麻倉花とは、漫画・アニメ『シャーマンキング』のキャラクターにして、続編である『シャーマンキングFLOWERS』の主人公である。
目次[非表示]

概要

麻倉葉アンナの息子。血液型はA型。趣味は散歩で好物はカレーパン。毛髪は、両親のカラーリングがしっかりブレンドされており、れっきとした地毛である。

シャーマンファイト終了後から7年後の話に登場。その時点で6歳なので、葉が16歳の時に生まれた子供ということになる。ふんばり温泉にて、アンナに扮したたまおに厳しく育てられる。型にはめられる事を嫌がる性質ゆえか、一流公立小学校入学への受験勉強はあまり好きではないが、父の親友が施す、ネットを通じての通信教育に関しては欠かさずに受けている。

性格

性格に関しては、境遇もあるが母親のそれにだいぶ近くなってしまっている。また、訳あって記憶を失っているが、中学生の時には幼少時よりもさらに荒れていて、非常に堪忍袋が小さい。もはや情緒不安定の域である。異常に好戦的で、自ら仕掛ける事は少ない、というか周りも周りなので花ばかり言えないが、戦闘狂に近い。後にあるチームを組む事になったのだが、チームメイト達からは「こんな奴を認めたくない」と本気で言われてしまっていた。一言で言えば、どうしてこうなった…。

だが、ぐれていると無力感に満たされているのが幸い(災い)してか、意外とかなり冷静で達観した部分もあり、気転の良さなども素晴らしい。また、この性格は幼少時より危険で惨めな境遇に置かれ続け、フラストレーションを日々抱え続け、後述の通り「」を内包している事も関係があるかもしれない。だが、(現代の)常識的な範囲での情けも持っている。意外な様だが父親同様に植栽好きで、音楽や服装の趣向、技など、なんだかんだで父親の跡をしっかりと歩んでいる。また、父親譲りの観察眼と優しい心も秘めており、ツンデレで意地を張ってしまっているのと、それを発揮する境遇に機会恵まれないのも大きいと思われる(母親の性格にだいぶ喰われてはいるが…)。ガチで殺しにきた葉羽と打ち解けるなど、度量もないわけではない。霊能力を持ち、高名なシャーマンの家系に生まれた故に俗世を楽しめずにいる部分もある。孤独の辛さも知っており、「霊が見えなければ他人とも打ち解けるのだろうか」と悩む場面も見受けられる。

  • こんな性格が災いして争いを呼ぶのか、遺伝子のせいなのか、赤ん坊の時からの境遇のためにこんな性格になったのかは不明だが、実のところは赤ん坊の時ですら既にアレであり、常に子憎たらしい表情を浮かべ、赤ん坊なのに汚い言葉しか喋らなかった。おそらく、その言葉が人生で最初に覚えた単語なのだろう…。前作の時と今とでは、(赤ん坊時代も含めて)別人に近い。

父親に対してはゆがんだ愛憎を抱いており、なんだかんだ一緒にいられなかったことが響いている模様…と思いきや、実は葉の気の抜けた感じが受け付けられないと後になって自覚した。また、「倒すのは自分」と豪語しており、記憶を消される以前に抱いていた夢や目標がない現在では、唯一の目標になっている。その他、ハオに対しても態度がでかく、「神さまの顔面を足でドつく」という罰当たりな事も平気で行っている。もっとも、案外ハオが花を可愛がっているので結果オーライなのかもしれない。だが、文字通り恐怖の権化と化した玉村たまおに対しては頭が上がらない(上がるわけがない・・・)。祖父母に対しての感情や態度は不明。

許嫁とは、どっちも尖った性格なので、今後どう波長をあわせていくのかは不明。おそらく相性の面で言えばかなり酷い。ただし、どちらかと言えば、アルミの方が花への想いは強く、これも先代の状況と似ている。花が記憶を失っていることと、その時に発生した事件と無関係ではないと思われる。確かに、幼少時のアルミは「今よりは」大人しい様にも見える。ただ、何となくだが可愛いとは思っている模様。初対面の時だけだったが

/あたしに勝ったらケッコンしてあげる!\


両方ともかなりの性格なので、両親の時よりも暴力沙汰に発展しやすい。

実は葉羽が従兄弟にして最初の友達。最初は花を殺しにきたのだが(東京に送られた本当の理由は本人も知らなかった)、実際に殺されかけて重症を負わされたのにも関わらず、持ち霊同士も含めて、かなり早く打ち解けた。

学校では友達もなく、勉強、スポーツ、アニメ、漫画、ゲーム等にも興味を示さない。シャーマンとしての実力を奮う機会も無く、鬱屈とした毎日を過ごしていたが、ある日突如現れた裏麻倉家の二人、麻倉葉羽麻倉路菓の二人との戦いと、そこへ乱入してきた三代目アンナによって、新たな戦いフラワーオブメイズへとみちびかれようとしている。

だが、裏麻倉家に力を与えていた黒幕に幼少の頃から一緒にいた阿弥陀丸を奪われ、更に自分が生み出した闇鬼の事などで、現在は意気消沈の域にある。

能力

シャーマンキングFLOWERSでは十三歳になっており、たまおから「霊禁止」をいいつけられるが、破っては父親から自分の持霊となった阿弥陀丸とともに折檻されるのが日課となっている。

シャーマンとしての才に関してはこの上ないサラブレッドであり、神自身が自分の駒として選ぶなど、ポテンシャルは規格外である。幼少時に既に憑依合体を、これに加え甲縛式オーバーソウル『鬼兜』を習得しており、その威力と防御力は春雨が無く、超占事略決を学んでいないにも関わらず、父親の「スピリット・オブ・ソード」と同等というレベル。初めてシャーマンファイトを経験したその日に暗殺されかけて土手っ腹に大きな穴を開けられながらも、気を失うどころか刺されながら反撃に転じ、同時に冷静に状況を判断する、意志の力が痛みで大幅に弱まる筈なのに自分よりも巫力量が多くて実践慣れしている&神レベルの存在の力を借りている敵のオーバーソウルを破壊するなど、尋常てはない才能や適性を持つ。また、回復力も常人のそれとは比較なねならない。と、シャーマンとしての才能とポテンシャルはとても高く、あのアルミが誉めるレベルだが、未だ未熟でもある。

ただし、赤ん坊の時に肉体を全て失ってから蘇生したが、これにより巫力が増加していた可能性も十分にあり得る。また、戦う機会に恵まれて来なかったにも関わらず、技の熟練度と多様性から、持ち霊禁止の中でも鍛練はこなしてきた可能性がある。しかも、「巫力流し」も行えるなど、誰にも師事してこなかった事を考えると驚異的であり、押し込まれてきた戦いへの欲求も合わせて、戦闘のセンスに関しては父親を遥かに越える。だが、「心の強さ」が鍵となるシャーマンファイトでは、技術面だけでは必ずしも壁に当たる時が来る。また、持ち霊無しでの自分の無力さも痛感している。

そして何より、両親だけでなく叔父上からも受け継いだ(というか植え付けられた)「鬼」降誕させる能力が凄まじい。父親が苦手だった子鬼の召喚も余裕でこなし、はてまた「子鬼をメリケンサックにして、巫力流しを上乗せしながら他の鬼を殴る」という事もやってのけた。「闇鬼」の状態に達すればアンナをも上回る(ちなみに、闇鬼の正体は意外な人物であり、また恐ろしいことに、闇鬼も最強の鬼ではなく、次のレベルの鬼はシャーマンキングですら倒せないらしい)。その気になれば神クラスの相手にも引けを取らない。ただし、この鬼の能力は危険極まりなく、基本的には花の生命の危機にしか使用してはいけない(それでもなるべく使用しない方がよいに決まっている)のだが、当の本人の性格が性格なだけに、けっこう簡単に発動しては自分の首を絞める結果になっている(一応、結果としては修行に繋がっているのだが)。

  • 実は生まれたばかりの頃に両親と同時に一度死んでハオによって蘇生されており、その際に瀕死となった際に自分からを生み出す「節分状態」という力を与えられているが、それも後のフラワーオブメイズへの下準備の一つであった。


関連イラスト

アニメなフラワーズ


関連タグ

シャーマンキング シャーマンキングFLOWERS
麻倉家 麻倉葉 恐山アンナ ハオ麻倉葉王) 麻倉葉羽 麻倉路菓
アルミ・ニウムバーチ

pixivに投稿された作品 pixivで「麻倉花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149444

コメント