ピクシブ百科事典

ファウストⅧ世

ふぁうすとはっせい

ファウストⅧ世とは、『シャーマンキング』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

年齢32
西暦1966年
誕生日4月8日
血液型A
星座牡羊座
推定身長推定身長187cm。
好物栄養剤
趣味エリザ
出身地ドイツ・ハイデルベルク出身


概要

CV:子安武人
一度始めたことはやり通さねば気が済まない。シャーマンとしての精神力の強さは“亡き妻エリザへの純粋すぎる愛”。伝説のネクロマンサー「ヨハン・ファウスト」の子孫。幼い頃、病弱であった妻・エリザとの出会いがファウストに医学の道へと歩ませる事となり、青年になってエリザの病気を克服させる事に成功。彼女と結ばれ小さな診療所を開いていたが、強盗にエリザを殺されたショックで正気を失い、狂気に取り付かれた。
その後ネクロマンサーの力が開花しシャーマンとしての能力を得たが、遺骨を媒介に生前の姿を再現することはできても本人の魂を呼ぶことはできなかった。(同じくゾンビ化した飼い犬は、自発的に行動し感情があるかのようにふるまっていたため彼の魂を呼ぶことには成功している可能性がある)
しかしシャーマンファイト本戦開始前に恐山アンナの口寄せによりエリザ本人の霊と会うことができた。それ以降は彼女を持ち霊としてシャーマンファイトを戦い抜くことになった。

関連タグ

シャーマンキング
エリザ・ファウスト
ヤンデレ

pixivに投稿された作品 pixivで「ファウストⅧ世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155987

コメント