ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

友情か。僕にはよく分からないな。僕は今まで一度たりとも人間に「友情」と言う感情を抱いたことがない。


力がありすぎるというのもまた切ないものだね。


ちっちぇえな


プロフィール

年齢
  • 13歳(中学1年生)
生年月日
星座
血液型
身長
  • 160cm
好物
趣味
巫力
  • 125万(シャーマンファイト時)
  • イケ鬼未満?(シャーマンキング時)
声優
持ち霊--
表記ゆれ

概要

麻倉葉と瓜二つの顔をした少年。持ち霊は五大精霊の一体のスピリット・オブ・ファイア

レゴブロックみたいなのを手足にしているのは、たぶん今世の部下であり育ての親であるあいつの影響である。


落ち着いた物腰に見えるが、その本質は冷酷無慈悲かつ残忍。

その圧倒的な巫力から相手を見下す傾向があり「ちっちぇえな」が口癖となっている。

シャーマンとしての精神の強さは“人類への怒りと悲しみ”。

Hao Asakur from Shamanking

部下達に「ハオ様」と敬われているものの、それは人の心を読む事が出来る霊視能力を利用して、彼等の良き理解者をただ演じていたに過ぎず、ハオ本人が彼等に共感する意思は皆無。彼にとっては部下達も自分の目的を果たす為の捨て駒でしかなく、敗北した一部の部下達を笑い者にする事は勿論、何人使い捨てにしようが死んだとしても平然としていられる。


この結果、後に霊視能力の真実を知った部下の一人であるペヨーテ・ディアスの裏切りを招き、彼の「くたばれS.F.」の言葉と共に、他の部下達は無理心中で道連れにされる形でほぼ全滅しているが、それすらハオにとっては無関心で、霊となって駆けつけた花組のメンバーに至っては、巫力補充の為の「餌」にしようとすらした。


また、世界中のシャーマン達の救済を謳っていながら、自分に協力を示さない者は同じシャーマンであろうが躊躇いも無く消してしまい、平然と自分を正当化するダブルスタンダードっぷりだけでなく、魂までも持ち霊の餌にするというどこかの国の独裁者等よりも性質の悪い独善と傲慢ぶりを見せ、多くのシャーマンや人間の人生を滅茶苦茶にもしている。

この為、部下のシャーマン達以上に大勢のシャーマン達から激しく恨まれており、X-LAWSを筆頭にハオの打倒及び復讐を目的に S.F. in Tokyo に参加していたシャーマンも多い。


ということになっていたが、気軽にシャーマンを殺しまくったのは

  • 魂を木っ端微塵にしてもシャーマンキングになれば再生できるから
  • 自分が馬鹿にするのはいいが他人に部下を非難されるのは嫌

シャーマンキングになった直後に多数の魂を問答無用で吸い取ったのは

  • この世という地獄から解放させるため

というフォローなんだか格下げなんだかよくわからない設定が付いている。


いずれにせよ、人の命を軽んじている上に、やり方や考え方が身勝手以外のなにものでもなく、新たなハオ(復讐鬼)を作り出してきたことは、否定しようのない事実と言える。

SK/その手に燃ゆる炎のように

とても優しくてとても悲しい魂とも言われているため、この世こそが地獄と捉える節や、一部のシャーマンを除いて人間は滅ぶべきという思想も間違いではない部分もあるが。主人公のアンナも、本心では自然環境や社会のためにもある程度の人間を間引いた方がよいという考えを持っていたが、それぞれ大切な人との出会いを経て思想も軟化している。



彼の正体

かつて「グレート・スピリッツ」を使って人類を滅ぼし、優れたシャーマンだけの世界「シャーマンキングダム」を作ろうとした麻倉家始祖の大陰陽師・麻倉葉王


陰陽道を究め、泰山府君の祭で閻魔大王と契約することにより自らの輪廻転生を自在に操れるようになった葉王は、死後も転生を続け、作中時点の500年前にはパッチ族(シルバの直系の先祖)に、葉の双子の兄・ハオとして現代に現れた。

ハオ

パッチ族時代の名前は「ハイドロ」であり、他の十祭司と同じく元素に因んだ名前を持つ


因みに人類を憎んでるはずなのにやたら子孫がいるのは後の転生などを考慮したのではなく、単に寂しがり屋だったからほうぼうの娘に手を出しまくっただけである。


なお、今世での母親の持ち霊は何と天手力雄神だが、出産時には持ち霊じゃなかったのか、母親としての情ゆえか、出産や夫の負傷故にもう体力や気力がなくなったか、巫力の差がありすぎるからそもそも天手力雄神を降臨させたところでダメだったのか、それとも天手力雄神に事情があったのかは不明である。

  • オーバーソウルの強さは、持ち霊の霊力よりもシャーマンの巫力の強さがより関係する。
  • ICEMENのピノと契約しているバズヴの様に、シャーマン側の安全の為に神クラスの霊が霊力を敢えて抑えている場合はある。

幼少時は「麻葉童子」と呼ばれていた。

ちなみに読みは「あさはどうじ」または「マッパどうじ」のどちらでも正しい。


母である麻ノ葉が霊と会話出来るために、周囲から「化け狐」と呼ばれ田浅法師に殺された。家も焼かれたために孤児となった彼は乙破千代という鬼と出会う。


親友となり、また乙破千代からは幼い麻葉に世の中のことを教わり、霊視能力を与えられるが、後に折れた刀を媒介にO.Sした金棒で、田浅法師に復讐したために、乙破千代は心の汚れた彼の元を去った。


その後、陰陽師・羽茂忠具に拾われ、弟子となった麻葉童子は、師匠の暴走と陰陽師・山田道茉により、兄弟子・大太郎から生まれた鬼人・「人間式神大太郎法師」を倒し、帝から直接「大陰陽師」の称号と、「麻倉葉王」の名前を授かる。

マンキン葉王ログ

なお、この時に持霊としていたのは、修験道の開祖・役小角が使役したとされる前鬼後鬼であり、後に恐山アンナの持霊となっている。


なお、大太郎は 「大太郎法師」こと「闇鬼」になってしまい、後にハオ自身が甥の麻倉花に召喚されるように組み込んだが、神をも脅かす「イケ鬼」を呼んでしまう可能性がある。


能力

  • 読心

元々は1000年前に乙破千代から与えられた他者の心を読む能力。シャーマンの基本能力である霊視の力が更に強化されたもの。

劇中ではハオの他にアンナとオパチョもこの能力を持っていたことが判明するが、アンナはシャーマンファイト開催時点ではもうこの能力を失っている。

戦闘や人心掌握にも活用できる強力な能力であるが、代償として絶え間なく他者の思念が流れ込んでくる為、ハオ自身はこの能力を嫌っている上に、誰一人、自分を慕う部下達さえも信用せず、どうなろうが無関心となってしまった。本人曰く「最初から裏切られた気分だ」。

劇中ではハオはこの能力を使って仲間を集めたり、レーダーのように使うことで物陰から暗殺しようとしている刺客を逆に始末したり、艦隊の中にいる特定の人物を見つける等をしている。

この能力の根幹を成しているのは「寂しさ」であるらしく、それ故に誰でも持ちうる能力であるとされている。この「寂しさ」が何らかの要因で埋められた時、この能力は失われる。

ハオの仲間内ではこの能力についてを知らされているのは、星組の他のメンバーであるラキスト・ラッソオパチョ、それに後に仲間となったアナホルのみである。


スピリットオブファイア

ハオのオーバーソウル。媒介は空気中に存在する酸素。

能力は熱の制御や燃焼現象、発光現象など、ありとあらゆる炎の力で、ハオの力と相俟って生み出される能力は多岐に渡る。

媒介が酸素であるため、ハオの任意の位置に出現させることができる。これにより、オーバーソウルの中ではかなりの巨体であるにもかかわらず、まるで瞬間移動でもしているかのようなスピードで動くことができる。また、飛行能力も有している。

出現させる際に必要とする巫力は一回あたり33万。

媒介が酸素であるため、その場一帯に存在する酸素を全て燃やし尽くすことができれば消滅させられる、のだが...詳しくは後述。


ハオが極めたとされる術であり、『超・占事略決』の著者としても有名である。この術により、ハオは蘇生術、転生術、式神呪術など、様々なことを行える。また、この術には「五行」と言われる自然の摂理を示す考え方が存在している。


ハオは陰陽師の中でも特に優れた大陰陽師であるため、自然の摂理を表す五行を完全に把握し、全ての森羅万象を読み解き、を自在に操り、変化させることができる。


この「五行」の能力はオーバーソウルにも応用が可能で、スピリット・オブ・ファイアの属性を木火土金水の属性に自在に変化させることができる。


これにより、スピリット・オブ・ファイアを「水」の属性に変化させることで、前述したその場一帯の酸素を燃やすことができる「火」に対抗することが可能。故に、ハオに対しては媒介そのものを無効化するという戦法が取れないという有様となっている。


  • 呪詛返し

作中でハオが最も多用した巫術。自身に向けられた、または自身が受けたあらゆる術の「ダメージそのものを直接術者に叩き返す」術。ハオと術者の距離や、ハオが術者を視認しているかに一切関係なく自動的に発動する。式神等による攻撃ならその攻撃力に応じたダメージそのものが術者の体内で炸裂し、丑の刻参りのような相手を即死させる巫術なら術者を即死させる。


なお、シヴァ・サハスラナーマは、「絶頂呪詛返し」という上位互換技を使っている。


無題シャーマンキング

五大精霊を甲縛式O・Sへと変じた、人の到達できる巫術の究極、黒雛。纏ったO・Sは人知兵器の全てを凌駕する攻撃力、防御力、機動力を備え、放出される炎は凄まじく圧倒的で、骨や魂さえも焼き尽くし無に還してしまい、恐山アンナからも「あれ(黒雛)を超えるO・Sなんて有り得ない」と評する程。


高速での飛行能力とミサイルも鷲掴みにする二本のアームを備え、両肩の蝋燭から放つ超密度の炎弾「鬼火」は、47万の霊力を誇る堕天使アザゼルの超巨大なO.S.さえも一瞬で消し去った。単独で艦隊に応戦し駆逐する様は、まさに無双の強さ。黒雛を目の前にしたものはその圧倒的な力の前に等しく希望を失い、真なる意味の絶望を味わうことになる。


ただし、この形態になると、霊力が磨り減っていくというデメリットがある。他の人物の甲縛式O・Sには無いのだが、或いは集合霊たるスピリット・オブ・ファイアならではのデメリットかもしれない。

  • 葉の甲縛式O.S.「スピリット・オブ・ソード・白鵠」とは、共に鳥モチーフだが白黒の対になっている。

シャーマンキングになった者のみが扱うことを許される、最強の超時空O・S。

グレート・スピリッツ」そのものが霊界であり、原始から現代まで地球が観測してきたありとあらゆる情報を持つためにその全てを再現することが可能。

人も含めた過去から現在までの生物の能力、軌跡と奇跡の再現がもちろん、自然現象、兵器や道具、それらを組み合わせて起こす強大な力の発現できるため絶対無敵を誇り、並の術者では立ち向かうどころか前に立つことも適わない。


心の力という概念を除けば、五大精霊という破格の精霊でさえ一瞬で消し去る力を持つ。地上でO.S.すれば移動要塞的な働きをする超時空霊界となる。


劇中では、宇宙の(隕石やビッグバンなど)を再現して五人の戦士を圧倒した。


余談


関連イラスト

星砕く死の逸話ハオ様 ShamanKing 20th anniversaryハオno titleハオ様あつめ(パロディ有)


関連タグ

シャーマンキング

麻倉家 麻倉葉 シルバ

麻葉童子 麻倉葉王 乙破千代


エンヴィー(鋼の錬金術師)高山みなみつながり)(特に原作及びアニメ二期(FA)版)


軍服の姫君:後述のネタバレにも関連するが、決着の流れが類似する創作における事例の一つ。(※リンク先ネタバレ注意)


鬼舞辻無惨:同じジャンプ作品のラスボス。ハオも「鬼」に例えられるだけでなく実際に鬼と関わりが深く、鬼を生み出す能力も持つ。また、ハオも平安時代にルーツがあり、社会的に高い立場にいた点も似ている。死を逃れようとした無惨と、自ら死を受け入れるハオとでは考え方が違うが。






ここから先はネタバレ











その圧倒的な力もあって、S.F.本戦の後半期に「星祭(ほしまつり)」の開催を宣言した後は、ハオの臣下達に太刀打ちできるシャーマンの勢力は、X-LAWSガンダーラ、ふんばり温泉チーム、THE蓮を除いて皆無に等しかった。

特に甲縛式O.S.「黒雛」を持ったハオには、アンナをしてと匙を投げられてしまう程、勝負にすらならない状況となってしまった(それでもガンダーラならばなりふり構わず総力戦を仕掛ければ勝ち目はあったが、彼らの主義ゆえにそれは選ばなかった)。


ハオの部下達によるルール無視の闇討ちが繰り返され、一部の十祭司の裏切りも重なった結果、S.F.は公平さも完全に失われ、実質的に「ハオがシャーマンキングになる為の通過儀礼」と化してしまった。

悠々とハオがシャーマンキングへの道を進み、ペヨーテによる裏切りを機に、それまで自分に尽くしてきた部下達をあっさりと見捨て、十祭司達に護衛されながらムー大陸へと向かったハオは「グレート・スピリッツ」を入手する。

肉体の死を迎えてシャーマンキングと化したハオに、世界で逆らえるシャーマンはもはや誰一人いなくなり、葉達だけでなくその関係者達もまた全てハオの意で殺されてしまった…。

しかし、ガンダーラによって見出された葉、ホロホロチョコラブリゼルグの5人のシャーマン達が、各エリアを守護する十祭司達を倒す形で五大精霊と共に現れ、ハオは「グレート・スピリッツ」をO.S.させる形で、自身を「打倒」ではなく、「改心」させようとしていた葉達との最終決戦を展開する。


最初は自らのシャーマンとしての圧倒的な力と、天変地異をも難無く操る「グレート・スピリッツ」の力にモノを言わせる形で圧倒していたのだが、全ての魂の帰る場所とされる「グレート・スピリッツ」のコミューンでの戦闘であった事が大きく裏目に出てしまう。

小山田まん太を始めとする葉達の仲間やS.F.に参加していたシャーマン達、そしてこれまで自分が殺害してきたシャーマン達が現れ、更にはずっと探していても見つからなかった麻ノ葉乙破千代の魂とも再会。その対話によって心の内の「寂しさ」が消えてしまい、霊視能力を失って1000年ぶりに他人の心も読めなくなった結果、自分の心が怒りや憎しみから解放されてしまった事実を認めざるを得なくなった。


そして、自らの憎しみの根源であった母の魂とも再会し、「王となるのなら、まずは人を愛する事」を教えられたハオは、葉達に時間を与える事を決意。「残された時間の中で葉達がどうやって地上を変えるのかを見届ける事」を宣言し、人間たちの魂を全て元の地上へと還した。


エピローグにて、地上の竹山家の墓所で、葉王だった頃の相棒であったマタムネと笑顔で再会し、シャーマンキングの物語は幕を閉じる―――。










ここから先はさらなるネタバレ











キング就任後の混乱

かくして、シャーマンキングとなったハオであったのだが、実はそのシステムにはとんでもない「落とし穴」があった事が判明する―――。


なんと、シャーマンキングの就任後、シャーマンキングは遡って7代前までの先任者達に「施策の拒否権」がある事実が判明。シャーマンキングになったら基本的に現世には帰ってこない為、実際に誰かの施策が不適格とされでもしない限り知る事の出来ないこの「落とし穴」に、ハオはまんまと嵌ってしまう。

そして現状飼い殺しの状態にされている

  • 一度はパッチに転生して十祭司になってまで情報を調べた彼が知らなかったのだから、ルールとしては存在しても実際には「フラワーオブメイズ」が初めて発動された可能性もある。

なお、ハオがシャーマンキングに至るまでやってきたその行いや施策は…

  • 一部のシャーマン以外の人間は絶滅させることが目的。
    • シャーマンキングになる目的は、地球環境の為や資本主義の闇を破壊することにはなるが、自分にとって有益にならないシャーマンだけでなく、ハオの心情に同調するであろう人間や善なる人間も滅ぼし(シャーマンキングや善なる人類の)これまでの努力も破壊する。
  • 麻倉家やパッチ族に数回転生し情報を獲得して、何度もシャーマンファイトに参加する。
  • 転生のついでに何度も地獄で修行して巫力を底上げしている。
  • パッチ族からスピリット・オブ・ファイアを奪い、地獄に道連れにして素霊に戻す。
  • スピリット・オブ・ファイアを使い、気に入らないシャーマンも一般人もお構いなしに虐殺するだけでなく魂までも喰らう等、五大精霊の一つを私物化して汚す冒涜行為を繰り返し、多くの者達の人生を滅茶苦茶にして冥府の神々や大悪魔にも多大な迷惑をかける
    • 転生が可能となったのも、降魔調伏によって閻魔大王を契約で縛り付けたためである
  • 十祭司の一部を懐柔し、彼等からの協力や黙認を得てシャーマン達への野外試合(闇討ち)を部下達にさせる。
  • 自らの故意では無いとは言え、これまでの自らの行いが、結果的にシャーマンでもない普通の人間にシャーマンファイトの存在を知られてしまうという最悪な事態へと繋がり、シャーマンと普通の人間の軍隊による不毛な殺し合いにまで発展させている。
  • おまけに、自らのシャーマンとしての高い能力を良い事に、タリムのコーヒー店では無銭飲食まで行っている。

などと、麻倉花から「(歴代のキング達から文句をつけられるのに)思い当たる節がありすぎる」とディスられるレベルである。

  • 後述の通り、ハオは東一族から後に「たかだか平安生まれの浅いやつ」と言われ、先代のパッチ族十祭司や他のフラ・ヤービス側の面子からも何度か「所詮」と表現されるなど、自身の十八番のセリフ「ちっちぇえな」の返しとも取れる表現がされている。花自身もチームメイトから「こんなやつ認めたくない」と言われるなど、シリーズを通してのテーマの一つである「やったらやり返される」がベクトルこそ違えどここにもみられる。

どの様な大義名分や美辞麗句やらを並べたとしても、真っ当な人間やシャーマン達はおろか、歴代シャーマンキング達から見ても、その心象は「最悪」意外の何物でも無かった。改心したとは言え、暴虐極まりないハオの施策を許せば、間違いなくほとんどの人類は滅亡同然に追い込まれるはずであり、既に人生や当代シャーマンキングとしての役目を終えている歴代のキングからしてみても堪った物では無いだろう。


  • ハオが人間を絶滅させたいと思う思想の裏には、絶望や世の中の不条理、近代社会システムの犠牲者、地球環境への憂慮、この世を地獄と思う思想、などがあるため、先代のシャーマンキングたちが生きていた当時は直面してこなかった問題を見てきた可能性がある(先代のシャーマンキングたちも把握しているだろうが)。シャーマンのみを生存させようとするのも、ハオの望む新たな社会システムに望ましいと考えたからだろうが、善良な人間の霊能力を開花させようという選択肢を考えなかったのかは不明。

歴代シャーマンキングの過半数による反対表明によって、生命の摂理や公平性を平然と無視したハオの行動やインチキ戦略は根本から間違っていたことが立証されてしまった(ある意味チャンスなど最初からなかったのである)。


このハオへの不信任騒動が、続編の大きな軸となっていく。


拒否権や不信任発動には、七代中三代までの合意が必要なのだが、ハオの場合、最低でも先代でありハオが破壊しようとしている現代社会を作ったフラ・ヤービスの他二柱以上が反対しており、三柱以上が必要数なので、四柱以上が反対している可能性がある。

  • シヴァ・サハスラナーマカーリーフラ・ヤービス側についていること、サティ・サイガンが(ガンダーラが本気を出せばハオを倒せたが)「都合が悪いのでシャーマンキングにならなかった」だけでなくチーム・ヤービスに参加せざるをえないが、ガンダーラのルーツである神々がミスターBを愚弄したフラ・ヤービス側についている理由は現状では不明である。
    • ただし、ハオの救済をも考えたサティがヤービス側につかなければならない理由と自分がシャーマンキングにならなかった理由は、シヴァの存在だけでなく持ち霊であるセンジュ(ダイニチ)が機動天使の源流である堕天使ルシフェルの分身の一体であったためであり、ヤービスに他のシャーマンキングが協力している可能性もある。

特に先任のシャーマンキング達の中でも、何が原因かは不明だが、先代であるフラ・ヤービスには決定的に嫌われていたという(今の資本世界を作ったのがユダヤ系である先代であり、それをハオが壊そうとしているのも一応関係しているが、それだけではないのも確かである)。


フラワーオブメイズ

フラ・ヤービスとの敵対が激しく、実際来るべき神々の代理戦争「フラワーオブメイズ」では、とくにチーム・ヤービスとの戦いが脅威となっている。ここに、四聖獣と中国の東一族やフラ・ヤービスの幹部 (機動天使の由来である本物の天使と契約しているラッソ家など多数)、上記のシヴァ神など、今回のシャーマンファイトに参加する必要のなかった陣営世界の黒幕の黒幕たちが関わってくる。

  • 中国の東一族からは、ハオは「たかだか平安時代に生まれた程度の歴史しかない浅いやつ」と言われている。はからずとも、ハオ自身の「ちっちぇえな」が自分に返ってきていることになる。

「フラワーオブメイズ」開催の理由は、シャーマンキング同士が直接戦うと被害が凄まじいしそもそも殺せない、シャーマンキングだから心も折れないため話し合いでの決着も不可能だから。だからこそ、限度をもうけるためにシャーマンファイトと異なり戦争開始後は蘇生禁止というルールがある。


歴代のシャーマンキングや神々が直接関与するため、時間や次元をねじ曲げて死者がこの世で活動できる。先代のパッチ族でありハオのパッチ族時代の同僚だった「テンプラ騎士団」が物理的に行動できているのもこのためである。


関連記事

親記事

シャーマンキング しゃーまんきんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5100016

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました