2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:田中秀幸
趣味は読書で好物はマタタビ。京都出身。

本編の数年前、葉がアンナに会い青森に行く時、旅を共にした猫の精霊(猫又)。

「来やれ 僕の元へ」


生前は霊能力を持った猫で、1000年前にハオ(麻倉葉王)に拾われハオの愛猫として共に暮らし、死後に葉王によって式神(御霊神)となって麻倉家に仕えていた。ハオに拾われ共に暮らしたことで、誰よりもハオに対し尊敬と感謝の念を抱いている。

  • ハオがマタムネを御霊神にしたのは、親友だった大太郎の事例があったことが関係しているのかは不明。自らG.S.に還りハオを待つ立場になったマタムネと、フラワーオブメイズの段階でも成仏できずハオによって麻倉花に縛られている大太郎法師とは対照的である。
    • ちなみに、大太郎法師の読み名が「だいだらぼっち」になったのは孤独を表していると推測されている(実際に、ひとりぼっちの当て字は独り「法師」である)。

麻倉葉王、麻倉葉賢という神クラスのシャーマンと二名契約していた過去があり、麻倉葉の初めての持ち霊となった。500年前のS.F.に麻倉葉賢の持霊として参加しハオを倒したが、大切なハオを守れなかった事を今も悔やみ続けている。

青森の恐山での戦いにおいて、アンナが具現化させた大鬼を倒すべく残された全ての巫力を「鬼殺し」に注ぎ、葉と憑依合体して「鬼殺し」と超・占事略決「三日月ノ祓」を使い大鬼を倒し、満足して成仏した。

残されたマタムネの媒介である熊の爪の首飾りは、現在も葉が形見として肌身離さず身に付けている。

S.F. in Tokyo においては、参戦こそして無いものの一部の者と連絡をとっているらしく、グレート・スピリッツ内のコミューン間を列車に乗って自在に移動しながらホロホロ・蓮が修行のために地獄に送られた際には道案内をした。

最終廻のラストシーンにてノラ姿でハオと再会した。

能力

実はハオが熊の爪を媒介に具現化した1000年続くO.S(式神・御霊神)であり、麻倉葉が熊の爪のアクセサリーを持つ由来でもある。

普通に物に触る事ができる他、超・占事略決の陰陽術「巫門御霊会」によりキセルを媒介に本体のO.Sを形作る巫力を消費して巨大な刀のO.S「鬼殺し」を作り出し、刺した霊を「剋殺」する事ができる。

  • 「鬼殺し」は、後に麻倉葉のSOSや麻倉花のO.S.「鬼兜」に類似したO.S.として受け継がれた。

霊力20万と、作中でに登場した動物の姿をした霊の霊力では神クラス(シャーマン側の安全の為に自ら霊力を抑えているバズヴスピリット・オブ・レインを管理していたアヌビス、東一族と契約している四聖獣リゼルグ・ダイゼルの地獄に現れた大悪魔マステマ)の次に霊力がある。これはシャーマンファイトを含めた1000年間の経験だけでなく、式神化したことも関連性があるのかは不明(恐山事件にて御霊神ではなくなったので、霊力が変動し下がった可能性もある)。
  • 描写的に、シャーマンファイトに参加し実際に戦闘を行ったシャーマンと霊は巫力と霊力が上がりやすい。ただし、十祭司側の霊は戦闘をあまり行わない為に、霊力の上昇が言及されていない。ただし、フラワーオブメイズや前哨戦にてシルバーアームズを始めとするシルバたち直近の十祭司の持ち霊と、先代十祭司「テンプラ騎士団」の持ち霊は戦闘に参加すると思われる(確認されている十祭司の持ち霊は、テンプラ騎士団側も含めて全員動物の姿をした霊である)。
  • マタムネがG.S.に還った現在では、後に玉村たまおの持ち霊として大天狗と共に非常に強力なO.S.「可変天狗 ダイガラス」を成し遂げたイマリシガラキが台頭している(彼らの霊力が後に各1万から上がった可能性もある)。

余談

  • マタムネの「鬼殺し」の様に、異なるシャーマンによって同一のO.S.が具現化される場合は、他には五大精霊や大天狗、(やはりハオ関連の式神である)大太郎法師、機動天使の由来の一つとなった本物のルシフェル、小鬼~大鬼などが確認されている。シヴァ・サハスラナーマ(霊力1億2千万級)の場合は、100人以上の異なるシャーマンたちによって O.S.される。
    • 霊がO.S.を操る例は、他には本物のルシフェルが確認されている。O.S.の強さは、通常は物質に直接影響を与えるシャーマン側の巫力に左右されやすい(神クラスであるが精霊クラスの霊力を使うバズヴの様に、シャーマン側の安全の為にあえて発動可能な霊力を抑えている場合もある)。だが、マタムネ、大太郎法師、ルシフェル、などは霊だが自ら物質に影響を与えることが可能である。
    • 霊はG.S.に還りそこで暮らし、歴代のシャーマンキングによって管理・監視され、普段は物質に直接関与できないからこそ地上が無事でいられるとも考えられる。現に、シャーマンキング同士が仮に戦闘したら莫大な被害が及ぶとされるため、代理戦争であるフラワーオブメイズも(ネタバレになるため明記しないが)特別な場所で開催される。
  • 戦争を数多とみてきたらしいが、人間が嫌いで「環境が安定する程度には人間を間引くべき」だと考える葉・ハオや、戦いに生きた阿弥陀丸、やはり人間が嫌いでがっつり戦争を体験する麻倉花(第二次世界大戦の地獄のコミューンにて修行し桜井咲太郎と一時的に契約し、第二次世界大戦の兵士たちを新たな持ち霊にした)など、似た境遇にある存在は身近に少なくない。
  • ゲームなどでも重要な役割を持っていることが多い。
  • 名前は作中で「マタ&ムネ」と、たまお、コンチ・ポンチにも似た下ネタとしてネタにされている(小山田まん太はマタムネに掛けて「まん太むね」とネタにされた)。コンチ・ポンチにオムツをさせたのはマタムネであるが。
  • 旧アニメには登場しなかったがドラマCD、ゲームなどで田中秀幸氏が演じ新アニメでも彼が演じることになった。

関連タグ

麻倉家 ネコマタ 化け猫

関連記事

親記事

麻倉家 あさくらけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マタムネ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マタムネ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403484

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました