ピクシブ百科事典

アヌビス

あぬびす

アヌビスとは、エジプト神話に登場する冥界の神である。
目次[非表示]

概要

エジプト神話に登場する冥界の神。
父は冥府神オシリス、母はセトの妻である死者の守護女神ネフティス。つまり、オシリスとネフティスによる不義の子供とされる(厳密には、オシリスに恋したネフティスがオシリスの正妻イシスに化身し、オシリスに酒を飲ませて酩酊させた後、イシスの振りをしたままオシリスと交わって彼を身籠った)。
またはジャッカルの頭部を持つ獣人、もしくはジャッカルそのものの姿で描かれる。これは、腐肉を漁りに墓場に現れたジャッカルを『墓場の守護者』と勘ちg…もとい、見立てたことに由来する。

オシリスと敵対関係にあるセトから命を狙われるとして、生まれてすぐにネフティスによって葦の茂みに隠された。そしてオシリスがセトの計略で殺された際には、彼にミイラの施術を施し、冥界へと誘ったとされる。
こうした観点から、ミイラづくりの神、ひいては医学の神としても崇拝されることとなった。
冥界と現世を行き来することができ、そのために非常に足が速いともされている。

冥界ではオシリスの裁判に立ち合い、死者の罪を図る天秤を扱うとされる。

遊戯王デュエルモンスターズのアヌビス


cv 石井康嗣(日本版)

古代エジプトから発掘されたミイラが復活した者で光の王と自称し闇遊戯(アテム)の事を闇のファラオと呼んでいる。
海馬瀬人が自らの予言を実現するに相応しい光の王と考えて、デュエルモンスターズの創始者ペガサスのデッキに自らの復活するための鍵「光のピラミッド」を仕込み、狙い通りアンティルールでペガサスに勝った海馬にブルーアイズシャイニングドラゴンと共に握らせることに成功する。
しかし、闇遊戯とのデュエルの最中に海馬が光のピラミッドを破壊しようとしたためデュエルの主導権を乗っ取り闇遊戯を倒そうとする。
その後、死者蘇生で復活させたブルーアイズシャイニングドラゴンの効果で光のピラミッドが破壊され、さらにリバースオブリバースで発動させた異次元からの帰還で三幻神を復活させデュエルには敗れたが、真の姿を現し倒そうとする。
しかし再び召喚したブルーアイズシャイニングドラゴンのシャイニングノヴァで今度こそ消滅した。


Pixivでの傾向

その名を冠した巨大ロボット・オービタルフレームアヌビス、及びその機体名をタイトルとした「ANUBIS Z.O.E」に関連したイラストも多い。
ジョジョの奇妙な冒険』第3部に登場するスタンドアヌビス神」に関連したイラストも多数存在する。

関連タグ

エジプト神話
ジャッカル ミイラ

創作関連

  1. Z.O.E オービタルフレーム ジェフティ はいだらー
  2. 『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』のアヌビス神
  3. ポケットモンスター』のルカリオ
  4. 鬼灯の冷徹』にも登場。天秤マニアで、カメラを向けると「壁画のようなポーズ」を取ってくれる。
  5. 神々の悪戯』のアヌビス・マアト
  6. ロックマンゼロ』のアヌビステップ・ネクロマンセス
  7. ドラゴンボールZ神と神』の破壊神ビルス
  8. にゃんこ大戦争』の守護神アヌビス
  9. 『劇場版遊戯王デュエルモンスターズ 光のピラミッド』の光の王アヌビス

pixivに投稿された作品 pixivで「アヌビス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4795647

コメント