2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

エジプト神話に登場する冥界の神。

父は冥府神オシリス、母はセトの妻である死者の守護女神ネフティス。つまり、オシリスとネフティスによる不義の子供とされる(厳密には、オシリスに恋したネフティスがオシリスの正妻イシスに化身し、オシリスに酒を飲ませて酩酊させた後、イシスの振りをしたままオシリスと交わって彼を身籠った)。

またはジャッカルの頭部を持つ獣人、もしくはジャッカルそのものの姿で描かれる。これは、腐肉を漁りに墓場に現れたジャッカルを『墓場の守護者』と勘ちg…もとい、見立てたことに由来する。

オシリスと敵対関係にあるセトから命を狙われるとして、生まれてすぐにネフティスによって葦の茂みに隠された。そしてオシリスがセトの計略で殺された際には、彼にミイラの施術を施し、冥界へと誘ったとされる。

こうした観点から、ミイラづくりの神、ひいては医学の神としても崇拝されることとなった.
冥界と現世を行き来することができ、そのために非常に足が速いともされている。

冥界ではオシリスの裁判に立ち合い、トート(エジプト神話)とともに死者の罪を計量する。トートが死者の名前と行いを記録し、アヌビスが天秤を扱うという。

アヌビスにまつわるよくある勘違い

  • アヌビスは死者の守り神であり、死者の魂を直接運ぶのは牛またはロバの神様である。
  • しばしば死者にかかわる犬神としてウプウアウトと混同される。


創作でのアヌビス

アヌビスをモチーフにしているキャラクターは多く、オリジナル作品には擬人化女体化とかもあり、pixivではジョジョの奇妙な冒険ZONE OF THE ENDERS関連が多く描かれている。

キャラクター


※但し公式でモチーフは公開はされておらずあくまで憶測の1つ。

個別記事が無いモチーフキャラ


特殊な例


関連イラスト

天秤【堕天黄道十二宮】
冥界の神アヌビス【エジプト神話/世界の神話】


アヌビスくん
Anubis



関連タグ

エジプト神話 ジャッカル ミイラ ウプウアウト

関連記事

親記事

エジプト神話 えじぷとしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アヌビス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アヌビス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12909247

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました