ピクシブ百科事典

犬溶接マン

いぬようせつまん

犬溶接マンとは、Dogwelderの直訳でありヒーローである。
目次[非表示]

概要

アメコミ「Hitman」に登場するキャラクター。
溶接工のようなコスチュームを着込み、アーク切断機と犬の死体を持っているヒーロー。分類としてはヴィジランテクライムファイター)に当たる。
能力は「の死体を悪人の顔に溶接する」こと。相手は死ぬ。
犬の死体は野良犬を罠に掛けて調達しており、必要に応じて予備も持ち歩く。

ヒーローである。

もう一度言うが、ヒーローである。ヴィランではない。
繰り返すが、あくまでもヒーローである。
素顔を見せるどころか喋ることすら一切なく、時にヒーローやチームメイト相手にすら襲い掛かるという完全なキチ……怪人のような有様でもヒーローである。
ちなみに活動拠点はなんとゴッサム・シティ
つまりバットマンが活躍する裏で、彼も活躍している。犬を悪人に溶接して。

あと、彼が持っているのは切断機であって溶接機ではなく、溶接棒もないのだが、何故か犬の死体を溶接できる。
溶接した犬の死体も原型を留めているため、もう何かそういう超能力なのかもしれない。

詳しくはtogetterまとめを参照のこと。
「犬溶接マン」は海法紀光氏が仮に和訳した名前であり、英語での名前はDogwelder。
「Dog」は「犬」、「welder」は「溶接工」という意味なので「犬溶接マン」は正しく直球な訳である。

尚、犬溶接マンは読者の選ぶその年の新人ヒーロー賞を受賞している。

その正体

遥か古代エジプトより、あらゆる時代、あらゆる場所に歴代の犬溶接マンが存在していた。
その力の源は溶接マスクであったが、これも時代と場所によって形状が変化している。
犬溶接マンとは特定個人一人を指すのではなく、このマスクを被った者たちの名前なのである。

かつてエジプトの神々が、テーパイに暮らす一人の鍛冶職人に人の体と犬の頭を接合するように依頼し、犬であれば星々でさえも溶接することができる力を授けた。
鍛冶職人は仕事を成し遂げ、こうして生み出されたのがアヌビス神であった。
しかしアヌビス神は人と犬の頭を繋いだ自分の姿に怒りを爆発させ、鍛冶職人に呪いをかけた。
その力を振るい、未来永劫に渡って罪に対する制裁を加え続けること―――――こうして犬溶接マンは誕生した。

セクション8

ゴッサムシティで活動しているヒーローチームであり、犬溶接マンの仲間たち。
リーダーの「シックスパック(酔って酒瓶で頭を殴るマン)」他、「デフェネストレイター(窓から投げ捨てるマン)」「フレンドリー・ファイア(誤射マン)」「ブエノ・エクセレンテ(変態性欲ソドムマン)」「ジャン・ドゥ・バトン(フランス人マン)」「シェイクス(貧乏揺すりマン)」「フレムジェム(痰吐くマン)」と濃過ぎるメンツが揃っている。

全員ヒーローである。


関連タグ

Dogwelder

pixivに投稿された作品 pixivで「犬溶接マン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120297

コメント