ピクシブ百科事典

恐山ル・ヴォワール

おそれざんるゔぉわーる

恐山ル・ヴォワールとは、武井宏之の漫画『シャーマンキング』の一エピソードの副題、およびその中に登場する劇中詩である。またその詩を元につくられた原作者公認の初音ミクオリジナル曲。のちに恐山アンナの中の人(林原めぐみ)のカバーVer.も公開された。

恐山ル・ヴォワールとは、漫画シャーマンキング』の単行本19・20巻(完全版では15・16巻)に収録されている。
主人公麻倉葉ヒロイン恐山アンナとの、青森県恐山での初めての出会いを描いた過去編ともいえるエピソードである。

概要

劇中詩はその各話ラストにちりばめられ、またエピソードの終盤に登場する。
ヴォワール(voir)はフランス語で 『見出す』『出会う』『経験する』 という意味を持つ。
隠語として「花嫁のヴェール」を指す。
「re=再び」を付ける事でオルヴォワール(au revoir)となり、再会また会うとなる。


「弱いこの心 小生は やっとさびしい重い殻 はがれます 墓なくとも 墓なくとも」

葉さんへアンナさんへ小生へ
シャーマンキング 恐山ル・ヴォワール



関連タグ

シャーマンキング 恐山アンナ マタムネ 麻倉葉 アンナ

pixivに投稿された作品 pixivで「恐山ル・ヴォワール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258079

コメント