ピクシブ百科事典

目次[非表示]

マイケルは望んだ、世界がひとつになることを
世界とひとつになることを

1958年8月29日生誕 - 2009年6月25日死去

人物

マイケル・ジャクソン(Michael Joseph Jackson)とは、歌手であり、ダンサーであり、音楽プロデューサー。史上最も成功したエンターテイナーとしてギネスに掲載されている。「世界で死後もっとも稼いだ有名人」でもある。

アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリーのアフリカ系アメリカ人街の家庭に六男として生まれた。両親が音楽好きで音楽と接する機会の多い環境で育った。

音楽界における革命を起こした人物であり、発表した作品の数々は、どれもすばらしい成績を遺している。その中でも彼が披露したダンス「ムーンウォーク」は世界的な話題を呼び、現在も大会が開かれるほど真似する人が後を絶たない。

1982年に発表したアルバム『スリラー』は世界一売れたアルバムとしてギネスブックに登録されており、現在まで1億1000万枚以上の売上を記録している。
また、マイケルは貧しい子どもたちのために、自ら制作した楽曲の曲名と意図を用いて、基金団体の「ヒール・ザ・ワールド基金」を立ち上げるなど、生前まで積極的にチャリティ活動を行っていた。

その数々の偉業から、マイケルは1989年のBREアウォーズの受賞時に親友であるエリザベス・テイラーから『キング・オブ・ポップ』と称される。以来、ファンやメディアの間からもこの呼称が用いられるようになった。

突然の死

開催後の引退を公言していたコンサートツアーのリハーサルに精を出していた最中、自宅にて心停止の状態で発見され救急搬送された。40分に及ぶ蘇生措置が行われたが2009年6月25日の14時26分(日本時間6月26日6時26分)死亡が確認された。享年50歳。

死因はマイケルの不眠治療のために使用されていたプロポフォールという麻酔薬で「急性プロポフォール中毒」であると断定。後に彼の心停止直前まで薬を処方していた主治医の過失として禁固4年の刑が言い渡された。

死去が報じられた直後は情報が錯綜し、本当に死亡したのか不透明な状態が続いた。死亡したと断定する報道は数日たってからのことだったというが、それほどに「マイケル・ジャクソン」の死は衝撃的だったことが窺える。

オリジナル・アルバム(ソニー)

  • オフ・ザ・ウォール / OFF THE WALL (1979)
  • スリラー / THRILLER (1982)
  • バッド / BAD (1987)
  • デンジャラス / DANGEROUS (1991)
  • ヒストリー / HIStory (1995)
  • ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア / BLOOD ON THE DANCE FLOOR (1997)
  • インヴィンシブル / INVINCIBLE (2001)
  • マイケル / MICHAEL (2010)
  • エスケイプ / XSCAPE (2014)


代表曲

  • 今夜はドント・ストップ / Don't Stop Til You Get Enough (1979)
  • ロック・ウィズ・ユー / Rock With You (1979)
  • スリラー / Thriller (1982)
  • ビリー・ジーン / Billie Jean (1982)
  • 今夜はビート・イット / Beat It (1982)
  • セイ・セイ・セイ / Say Say Say (1983) ポール・マッカートニーとのデュエット曲
  • ウィ・アー・ザ・ワールド / We Are The World (1985) USA For AFRICA名義
  • バッド / BAD (1987)
  • スムーズ・クリミナル / Smooth Criminal (1987)
  • ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール / The Way You Make Me Feel (1987)
  • マン・イン・ザ・ミラー / Man In The Mirror (1987)
  • デンジャラス / Dangerous (1991)
  • ジャム / JAM (1991)
  • ブラック・オア・ホワイト / Black Or White (1991)
  • リメンバー・ザ・タイム / Remember The Time (1991)
  • ヒール・ザ・ワールド / Heal The World (1991)
  • ヒストリー / HIStory (1995)
  • スクリーム / Scream (1995) ジャネット・ジャクソンとのデュエット曲
  • ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス / They Don't Care About Us (1995)
  • アース・ソング / Earth Song (1995)
  • ユー・アー・ナット・アローン / You Are Not Alone (1995)
  • ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア / Blood On The Dance Floor (1997)
  • ユー・ロック・マイ・ワールド / You Rock My World (2001)
  • ディス・イズ・イット / THIS IS IT (2009)


余談

  • マイケルは無類のゲーム好きであり、遺品には数々のアーケード筐体がある。また、自身もゲーム制作に携わったことがある。日本のアニメも好きで、「スクリーム」のビデオにはアニメのキャラクターが叫ぶ映像が使われている。来日時には東京ディズニーランドを貸し切って遊んだことで話題になった。またいのまたむつみの絵を気に入り、画集を買ってホテルに招いたなどのエピソードが当時のニュータイプ誌に大きく掲載されている。また、マスターアップ寸前のスペースチャンネル5を偶然見て「自分もこのゲームに出たい!」と懇願し、出番をねじこんだ逸話は有名。続編では主要人物としてノリノリで参加している。
  • 凄まじいまでの努力家としても知られ、一度のコンサートに向けて彼が行うダンスの練習量は想像を絶し、あまりにハードなためにトレーニングルームに汗で水溜まりができていたという逸話がある。
  • 20歳を過ぎた辺りから、尋常性白斑という身体中のメラニン色素が抜けてしまう難病を患っていた。同病気の完全な治療法は存在せず、薬などで色素の脱色を遅らせることしかできなかった。また、色素の損失によって紫外線にも弱くなってしまい、外出中は大きな帽子、傘、サングラス、マスクが欠かせなかった。元々黒人であるだけに、時間の経過とともに肌色の変化が顕著になり、ゴシップ誌の格好のネタとなってしまった。「マイケルには白人への変身願望があり、薬で肌を脱色していた」という噂は病気への無理解とゴシップ誌の出鱈目な記事から生まれた悪質なデマであり、マイケル本人の「僕は肌が白いがアフリカンアメリカンだ」という発言にもあるように、むしろ彼は自身が黒人であることに誇りを持っていた。
  • 全盛期を越えたあたりからは児童への性的虐待疑惑、度重なる整形による顔の変化などが取りざたされるなどお騒がせセレブとしてゴシップネタに事欠かず、後半生は必ずしも幸福とはいいがたいものだった。特に性的虐待疑惑は、法的には一度も有罪判決を受けておらずFBIの長年にわたる捜査でも無罪と見做されているが、行為の有無の証明が難しい性犯罪の特性上現在でも被害者を名乗る人物たちとマイケルの遺族の間で泥沼の争いが続いている。


関連動画

ムーンウォーク初披露時の映像(3:40あたり)


関連イラスト

pixivで投稿されるイラストは、比較的にリアル系や模写が多い。

You were there
マイケルに捧ぐ。


THIS IS IT
Black or White★①


KING OF POP
remember the time



関連タグ

MJ
マイコー
ムーンウォーク
王から神になった男
天国にコンサートしに行った男
アーティスト

関連記事

親記事

洋楽 ようがく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マイケル・ジャクソン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マイケル・ジャクソン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2403307

コメント