ピクシブ百科事典

アリーヤ

ありーや

03-AALIYAH。アーマード・コア4に登場する企業「レイレナード」の標準機体の一つである。続編ACfAにおいても独立傭兵選択時の初期機体としても登場する。
目次[非表示]

解説

機動性を重視した中量二脚機体で機体そのものの装甲よりプライマルアーマーを重視、高出力ブースターで一気に敵機との距離を詰めプラズマキャノンやレーザーブレードといった兵器で沈黙させることを目的としている。
頭部には独特の複眼を取り入れ、コアの整波装置は格納機構、腕部には同社のアサルトライフルを保持する複腕機構等が計画されていた。

なお、スペルは「AALIYAH」で、スワヒリ語で「至高の存在」という意味。
命名の由来は同名のアフリカ系アメリカ人のミュージシャンと思われる。
(レイレナード社の製品はミュージシャンの名からとられている)

ほぼ同じ機体構成ながら、同レイレナード社の逆関節脚部を使用した機体は04-ALICIAと呼ばれる。

本編での活躍

アーマード・コア4のOPムービーを飾った機体「シュープリス」もこのアリーヤをベースにしておりムービー中ではネクストACの圧倒的な強さを見せつけた。
漆黒の尖鋭なシルエットに、敵弾は遮蔽物で回避し、ムービーのラストでは敵ノーマルACを突き殺すなど、イベント発表時PVでの看板機体「ノブリス・オブリージュ」とはあらゆる面で対照的である。

そのビジュアルと優れた機動性能&近距離戦闘性能により、プレイヤーにも愛好者が多い。
特に運動性の高さにより、高速戦でも銃口が相手から逸れない事が高い戦闘力につながる。
が、装甲が薄くエネルギー消費量が異常に多いという欠陥のため、使いこなすにはある程度の熟練が必要。
精度と安定性も低く、長距離での戦闘はお世辞にも得意とは言えず、反動の強い火器を連射すれば弾丸は明後日の方へ飛んで行く。

作中でも愛用しているリンクスは多い。

パーツ

03-AALIYAH/H

PA整波性能に特化し、機動戦を重点にした頭部。防御力、カメラ性能は芳しくないが、複眼の恩恵か、システムリカバリが最高レベルで、FCSがロックオンを無力化されても最短で復旧できる。

03-AALIYAH/C

PA性能が高く、空力にも優れたコアパーツ。他のレイレナード製パーツと同様、機動戦を意識した構成となっており、地の装甲は脆い。

03-AALIYAH/A

近接戦を重視し、EN武器適性と照準性能、運動性に優れる。反動制御が低く、バズーカ等の重兵器には向かず、マシンガン、アサルトライフル等の速射型、レーザーブレード、レーザーライフル等のEN兵装に特化。

03-AALIYAH/L

軽量型を連想させるほどの細身なシルエットをもつ中量級脚部。
衝撃耐性、反動制御も高くないので、機動戦が要求される。

04-ALICIA/L

PA性能に優れる、レイレナード標準ACの一角「04-ALICIA」を形成する逆脚型脚部。
逆脚としては比較的耐久が高いが過信はできない。

03-AALIYAH/G

EN出力、KP出力に特化した瞬発型。EN容量が大きくない場合が多いためすぐにEN切れになりやすいこともあるが、EN、KPともに高い出力はfaにおけるアサルトアーマーの仕様にマッチするものがある。

このほか、各種ブースタも瞬発型が多く、EN消費に不安があるものの、地上戦における機動性を大きく付与するものがある。FCSもミサイルの使用に向かないがロック速度が速い機動戦型となっており、素早いロックオンが特徴となっている。

機体デザインについて

アーマード・コア4を代表する機体だけありデザインチームの意気込みが感じられる機体で様々なものがデザインモチーフとなっている。「叢-MURAKUMO-」のバイク装甲に対する概念・遺伝子を深化させ、要らぬものをそぎ落とし入りきらない機構は潔く剥き出しにするところに「F1マシン」を、特異な状況に馴染むためにあえて歪んだ美しさを選択するところに「深海魚」を、鋭く尖ったコアに「ハシボソガラス」を感じさせる。

関連機体


関連イラスト

レイレナード アリーヤ (完成版)



関連タグ

AC4 ACfA アーマードコア アーマード・コア
破壊天使 アリシア アクアビットマン 
ライール・・・オーメルで開発された、事実上03-AALIYAHの後継機。
コトブキヤ
バーサーカー(Fate/Zero)・・・黒いボディ、赤い目、マシンガンを撃ちながら突撃する点がよく似ている。

関連記事

親記事

レイレナード れいれなーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アリーヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 790656

コメント