ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スペースチャンネル5

すぺーすちゃんねるふぁいぶ

スペースチャンネル5とはセガが開発した音楽ゲームである。1999年に一作目がドリームキャストより発売。2002年に第二作目「スペースチャンネル5 パート2」がPS2およびドリームキャストで発売。2020年にプレイステーションVRで第三作目の「あらかた★ダンシングショー」が発売された。
目次 [非表示]

ゲーム内容

25世紀の宇宙を舞台に宇宙放送局『スペースチャンネル5』に所属するリポーター『うらら』がシューティングとダンスでさまざまな事件を解決していく音楽ゲーム。


主なルールは対戦相手の演奏や動きを視覚的に記憶し、それをリプレイ(再現)することで敵を倒していく。キー入力は「アップ(up)」「ダウン(down)」「ライト(right)」「レフト(left)」の4方向とA(PSは○)ボタンの「攻撃ビーム」、Bボタン(PSは×)の「救出ビーム」。ビームの声は初代は両方とも「チュー」だったが、続編では救出のほうは「ヘイ」になった。ゲームはテレビで報道されている設定で、ミスが多いと視聴率が下がりゲームオーバーになってしまう。

未来の宇宙を舞台にしながらも1970年代ディスコ調のノリをベースにした世界観はどこかレトロフューチャー的な雰囲気を出している。


このゲームの語る上で欠かせないのが奇妙奇天烈なストーリーと豪華な出演者だろう。

一作目では「突然謎の宇宙人が人を無理やり踊らせる光線を発射してきた!」という強烈な出だしから始まる。二作目では「植物園で誘拐されたスペース大統領を助けるためにワルツ勝負」「スペースポリスとミサイルの打ち合いの末に太鼓対決」「敵のアジトに忍び込みラスボスの腹心とバンドで勝負」など「なぜそうなる」と言いたくなるようなストーリーが非常にノリのいいテンポで展開される。

最終決戦は一作目、二作目ともにかなり熱い展開となっている。特に一作目のピンチから逆転する方法は多くの人か感動したほど。


そしてこのゲーム、なんとあのマイケル・ジャクソン本人役として登場している。一作目ではほぼ完成していた時の飛び入り参加だったためか終盤ステージに出てくるチョイ役だったが、二作目ではもう一人の主人公といってもいいほどの華麗な活躍を見せてくれる。

ほかのキャラも初代では速水奨氏、内海賢二氏。『2』では榊原良子氏、石田彰氏、大平透氏と豪華な声優陣で固めている。

しかし逆に主人公のうららの声は誰が演じたのがが不明となっており、スタッフロールではうららの声は“herself”(=彼女自身)となっている。


ファンからは時代を先取ったゲームと言われている。


そして時代が追いついた

2016年、新作『スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイングショー』が突如発表された。開発はシリーズを通してアシスタントプロデューサーを務めた岡村峰子が率いるグランディング。内容の詳細は東京ゲームショウ2016が開催されるまで判らないが、ゲームショウで公開される試遊版はうららのリポートショーを視聴者として間近で体感したり、番組制作の舞台裏を垣間見れるなど、VRを駆使した体験型ゲームとなる模様。岡峰氏によると、この試遊版の「ショーを閲覧」スタイルには理由があるという。


ついにプレイステーションVRにて完全新作発売!

2020年に完全新作として、『スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー』がPS VRとPC用に発売された。

プレイヤーは新人レポーターの双子、「ルー」と「キー」になりきって、先輩リポーターのうららと共に踊りでスペースポート(『1』での最初のステージそのまま!)の人々を救出していく。

最新作の公式サイトはこちらから。


登場キャラクター

ウララ

主人公。特殊報道チームに所属する、入社2年目の新人リポーター。

とぼけた性格だが芯は強く、ギンガ一のレポーターになることを夢見ている。

子供の頃にとあるレポーターに助けられた過去があるのだが…?

また、他のセガのゲームにもゲスト出演している。


ディレクター。声だけの出演で姿は最後まで見せない。

視聴率が上がるとなぜかテンションの高いおカマ口調になる。


プリン様

スペースチャンネル42のリポーター。元アイドルで親衛隊を連れている。

最近目立ち始めたうららをライバル視している。


スペースチャンネル5

宇宙海賊放送局のリポーター。

どこよりも早く真実を伝えるべくゲリラ的に放送を行っている。

昔はスペースチャンネル5に所属していたようだが…?


その気がなくても踊りで勝負

突如現れた宇宙人。人々を躍らせて地球制服を企む。

さまざまなロボットを作る高度な知識を持つが、子供っぽくてちょっと抜けたやんちゃな性格である。


局長!

500年の時を越えて活躍するスーパースター。前述のとおりマイケル・ジャクソン本人

『1』ではチョイ役だったが、『2』では放送局長に就任し、メインキャラクターの一人となっている。


センシティブな作品

うららに対抗するべく作られた舞踏メカ。ダンスがうららと比べてセクシーに踊る。

『2』では味方メカとして再利用されて登場する。


『1』のラスボス。スペースチャンネル5局長。

「視聴率こそ人生そのもの」と考え、そのためには手段を問わない。


『2』より登場するキャラクター


「ノイズく~ん」

15歳ながらチャンネル5の開発技術部長を務める天才少年。


警告が足りなかったようね!

東ギンガ担当のスペースポリス。

ルールを守ることを使命とし、うららに太鼓勝負を挑んでくる。


BOSS BATTLE! King Purge

(画像は「ピースイレ」と後述パージが合体したキング・パージ

(ロボット中央の稲妻部分にピースが捕らえられている)

ギンガを総べるスペース大統領。彼の発する歌声は強力な力を持っており、聴く人の心を潤してくれるのだが、それ故に黒幕に狙われてしまう。


チュー!

『2』のラスボス。踊り団団長。「ギンガ中の人を踊らせて幸せにする」という妄想の下、踊り団のロボットを開発した天才ナルシスト少年。CVは石田彰


ログ

『2』に登場する敵キャラ。パージの腹心なのだがその正体は…?


『あらかた★ダンシングショー』のキャラクター

あらかた★新人

『あらかた★ダンシングショー』のプレイヤーキャラで、チャンネル5の新人リポーター。

ルー(右側)がウキウキ担当。キー(左側)がドキドキ担当。


関連イラスト

年の差★13歳スペースチャンネル5

踊り団まとめスペースチャンネル5!!


関連タグ

セガ 音ゲー

プロジェクトクロスゾーン(うららとモロ星人が登場。この作品でも うららのCVは『herself』になっている。)

スペチャン39(コラボレーション)

マイケル・ジャクソン

関連記事

親記事

セガ せが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1297998

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました