ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

CVくまいもとこ
年齢
生年月日1985年10月2日
血液型
星座
推定身長
好物
趣味
苦手な物
出身地ニューヨーク
巫力1975→197500
家族構成両親


概要

シャーマンキング』に登場するアメリカ人の少年。

主人公チームに加入した5人目のメンバー。シャーマンファイト本戦では「チームTHE蓮」のメンバーとして活躍した。
登場はシャーマンファイト開始直前であるため、やや中盤を過ぎたあたりから登場する。

中南米原住民インディオのシャーマン・オロナの薫陶を受けたシャーマン。

コメディアンを自称するが、大体がオヤジギャグレベルで寒いものであり、ギャグをかます度にホロホロにボコられている。

幼少期、強盗に両親を殺され、孤児院を転々とした末にギャングに落ちぶれたという凄惨な過去の持ち主。
しかし、後に彼の師となるシャーマンの老人オロナと出会ったことで救われる。
後にギャングの仲間達にオロナは射殺されるが、彼との出会いがチョコラブを含むギャング達の心が救われるきっかけとなった。

ギャング時代にカメル・ミュンツァーを殺害していた事でその子供達のルドセブセイラームから恨みを買っており、シャーマンファイト本戦開催中に彼らに殺害される。何の因果か、共に迫害されてきた人々の末裔でもあった(ミュンツァー家はユダヤ系である)。

死後、グレートスピリッツの中でオロナとの再会や後に第二の持ち霊となるパスカル・アバフとの出会いを経た末にサティに蘇生される。
蘇生を受ける際、サティに頼んで過去の罪への償いの意味を兼ねて盲目となった。

シャーマンファイト終了後は、過去の罪を償うためギャング時代の仲間、SHAFTとともにアメリカ国内の刑務所で服役している。ギャグのセンスは相変わらずだが、「ミスター・ウインド」と呼ばれ親しまれている様子である。
また、時折(社会的に秘匿とされているシャーマンの存在を知る)大統領やFBIからの要請を受け、アメリカ中の犯罪者や、人々に危害を加える悪いシャーマンの逮捕に協力している。

5人の中では、同じく両親を失った過去を持つリゼルグのことを特に気にかけていた様子がある。本編終了後を描いた「FLOWERS」では、警察官となったリゼルグが収監中のチョコラブの保証人となっており、友情が続いているようである。

判明している限り、最終的な巫力は19万7千500(ハオ追跡時)と五大戦士で最大を誇る。凄惨な過去が原因で罪人となってしまった過去や、それに向き合ったこと、視力をなくしたこと、そして二度地獄に行っていることが関係していると思われる。

持霊

初登場から一緒にいるのはジャガーの精霊ミック。”笑いの風”で憂いに満ちた世界を救う使命を師より受け継いだ『黒いジャガー』。
媒介はミックの爪を模した鉤爪の「ジャガーズ」。
後に命を落として地獄に落ちた際、オロナの計らいにより1000年前のシャーマンファイトで活躍したインディオのシャーマンの霊パスカル・アバフ(アバさん)を第二の持ち霊にする。
五大精霊における持霊はスピリット・オブ・ウインド。

テレビアニメ

CV:くまいもとこ(第一作・二作とも担当)
第一作では、過去について原作のストックや放送時間帯などもあり改変が加えられている。
具体的にはオロナが殺害されておらず病死である、ミュンツァーが登場しなかったため、チョコラブ本人もミュンツァーを殺したことになっていない、など。

第二作ではキャラクターデザインが原作・アニメ第一作から変更されており、唇が薄くなっている。

余談

黒いジャガーの元ネタは1971年の映画「黒いジャガー」(原題「SHAFT」)。

登録タグはチョコラブが目立つ。

五大戦士では圧倒的な巫力値を持ちながら、続編であり主要メンバーの過去を描いた「SHAMAN KING 0-zero-」では五大戦士では唯一彼の話だけ描かれなかった。

その理由が「つまらない上に、人気投票ダントツビリ、散々本編で過去編をやったのでこれ以上語ることがない、可哀そうなのでせめてトビラ絵だけでも」と作中でアンナ、潤、たまお、ジャンヌと女性キャラにネタにされ、更に2巻ではハオの幼少期の話を2話連続で描かれる始末……。

不人気の理由としては、イケメンでないこと、当時の日本人の読者にとっては黒人のメインキャラクターは馴染みがなかったこと、メインメンバーの中でも最も遅い登場、いまいち主人公の葉との絡みが少なかったことなどから、読者があまり主人公チームの一員として馴染めなかった可能性が考えられる。

関連タグ

シャーマンキング

関連記事

親記事

五人の戦士 ごにんのせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チョコラブ・マクダネル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12848

コメント