ピクシブ百科事典

賀茂保憲

かものやすのり

平安時代の陰陽師。

概要

延喜17年(917年)~貞元2年2月22日(977年3月14日)
平安時代に実在した陰陽師で、賀茂忠行の長男であり、安倍晴明の兄弟子(または師)として有名。
陰陽道に優れ、当時の陰陽道の模範として知られていた。伝説では幼い時に父親の儀式に付いて行った際に、祭壇にが集まっていたのを見たと言い、これを聞いた忠行は保憲が修行を積まなくても鬼が見える才能を持っていると知り驚いたという。
暦道にも究めており、著書に『暦林』や『保憲抄』を残した。この『暦林』はその後の旧暦研究において必要な資料として伝えられ、暦法の発展に保憲がいなければできなかったといっても過言ではない存在となった。
暦博士や天文博士、陰陽頭、主計頭などを歴任し、陰陽師としては早い昇進を続け、父親を抜いて昇進した時は父親も昇進して欲しいと願い出たほど。
陰陽道において、暦道は息子の光栄に、天文道は晴明に継がせたといわれ、これにより賀茂家と安倍家(土御門家)が陰陽道界の二大宗家の始まりとなった。

フィクション作品では晴明のライバル、というよりは良き仲間や兄貴分、助言者などの関係で登場することが多い。
夢枕獏小説陰陽師』では猫又を連れている。
荒俣宏の小説『帝都物語』に登場する魔人加藤保憲の名前はここからとっている。

関連タグ

陰陽師 陰陽道 安倍晴明

pixivに投稿された作品 pixivで「賀茂保憲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8677

コメント