ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

人の生霊死霊動物霊神霊などの霊的な存在が乗り移ること。憑くこと。神降ろし神懸り神宿りともいう。取り憑くの種類によっては、悪魔憑き狐憑きなどと呼ぶ場合もある。

乗り移る対象は依り代または霊媒と呼ばれ、人から無生物無機物)まで様々。

また、人に乗り移った霊を憑き物という。


創作での扱い

pixivでよく描かれるシチュエーションは、ある者のから魂だけが離れ、そのまま他人の体(異性の場合が多い)に入ってしまうものである。

他人の体にが入った場合、大抵はその体の元の持ち主の意識は眠ってしまい、憑依した者はその体を自由に動かすことができるようになる。

その他、体に魂は入るが、元の体の持ち主の意識は眠らず、その体を自由に動かすことはできない場合もある。


異性への憑依はTSFの一種である。

また、相手を操るのは洗脳の一種である。


多くは霊的存在が行うが、肉体を持った宇宙人等が行う例も多い。

特撮SFの分野では敵の怪人や宇宙人が表立った活動をするために人間に憑依するシーンがよく見られるが、憑依された人間は怪人や宇宙人の人間態として敵対するヒーローやその仲間に認知された挙句そのまま憑依した敵ごと葬り去られたケースが多い。


二次創作における「憑依」

所謂転生もの異世界転移異世界トリップ)の派生形で、原作キャラに第三者が憑依するものを指す。


類似ジャンルに成り代わりが在るが、相違点は「対象キャラの元々の人格)がどうなるか」である。

一言で言えば、「一つのに一つの人格(魂)しか残らないのが成り代わり」で、「一つの体に二つの人格(魂)が共存するのが憑依」

代表的なパターンは以下の通り。

成り代わり
  • 肉体に他人の魂が入った際に本来のキャラの魂は吸収同化・置換等で無かったことになり、他人の人格が肉体を使用する
    • 自我と記憶は誕生直後から保持している場合と、成長後に覚醒して人格が上書きされる場合、覚醒しないまま性格や外見に影響する程度にとどまる場合の3パターンがある
  • 上記の流れで肉体を得た魂が記憶を失くした状態で成長した後、本来のキャラに近い人格を形成した上で前世の記憶を情報記録として取得する(人格自体には大きな変化無し)
  • 肉体に他人の魂が入った際に本来のキャラの魂と融合し、キャラの人格と他人の人格が混ざった新しい人格として肉体の使用者が生まれる
  • 上記3項の中間として、キャラの魂が他人の魂を吸収したことになる場合もある
  • 何らかの要因で対象キャラの人格が死亡・崩壊・消滅・消失してしまい、脱け殻になった肉体に他人の魂が入って後釜として機能する
憑依
  • 肉体の使用権は他人の人格の方が持ち、本来のキャラの人格は休眠状態になる(が、条件によっては目を覚ます場合もある)
  • 肉体の使用権は他人の人格の方が持つが、本来のキャラの人格も意識を保ち、精神を通して干渉してきたりする(ただし相手に認識されない場合も含む)
  • 肉体の使用権は本来のキャラの人格が保持したまま、他人の人格はいわゆる「神の声」や「背後霊」の状態でキャラに干渉する(相手に認識されない場合も含む)
  • いずれの場合も肉体の使用権交代(いわゆる人格交代)や返却、または譲渡が行われる展開が発生し得る
  • 「相棒!」「もう一人のボク!」

なお界隈によってはこれらの区別が曖昧なようで、例えばハーメルン(小説投稿サイト)では「原作キャラに転生」作品は一纏めに「憑依」として扱われ、「憑依転生」という用語も編み出されている。

また、オカルト分野においては「死体に霊的な存在が乗り移る」ことを元来「憑依」と称し、一次創作もそれに倣うためその肉体の本来の持ち主の精神が消失していても「成り代わり」とは呼ばない。

ややこしいなコレ。


オリジナルキャラクターが版権キャラクターに憑依する二次創作は、成り代わり同様夢向け作品に分類することも可能なため、キャプション記入やタグ設定の際には夢作品の関連記事に記載された注意事項を確認して参考にするのもいいだろう。


関連タグ

信仰 宗教 シャーマニズム オカルト 怪奇

 幽霊 聖霊 神霊  悪魔 悪霊 怨霊 心霊 亡霊 死霊 生霊

動物霊  管狐 犬神


降霊術 / 口寄せ / 神降ろし トランス


依り代 / 依代 霊媒

シャーマン 呪術師 霊媒師

神子 / 巫女 巫覡 / /  イタコ


シチュエーション 逆行 憑依転生 成り代わり 入れ替わり TSF 乗っ取り 寄生 悪堕ち 洗脳

同化 自己投影 中の人

乗っ取りフォーム

除霊 浄化


夢向け夢小説夢漫画夢絵) 夢主


特定の作品・キャラクターに関するタグ


外部リング

関連記事

親記事

れい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354338960

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました