ピクシブ百科事典

ふあるいはかんなぎ

神道において、神を祀り神に仕え、神意を世俗の人々に伝えることを役割とする人。
目次[非表示]

※読み方 … 《音》 フ 《訓》 かんなぎ(かみなぎ / かむなぎ / こうなぎ)

概要

神霊と交わる呪術師
を祀り、神に仕え、神楽を奏して神を慰め、また自らの身体に神を降ろして神の言葉(神託)を伝える役目の人物を指すことが多い。
「かんなぎ」と言う場合は、特に日本の巫を指す。

かんなぎ

神道において、祀り神に仕え神意を世俗の人々に伝えることを役割とする人。
男性を「おかんなぎ()」「はふり()」、女性を「めかんなぎ(巫)」という。

別名・表記揺れ

かんなぎ(作品名として使用されている)

関連タグ

神道 職業 神職
神官 宮司 神主 禰宜 巫女
 巫覡  / 祝人 / 祝部 巫人 神人 神使
依り代 / 憑代 依巫 / 憑巫 イタコ ユタ ノロ シャーマン
神祇官 祭祀
巫術 巫病

巫山戯る / ふざける

外部リンク

  • (wikipedia)

pixivに投稿された作品 pixivで「巫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12032

コメント