ピクシブ百科事典

神人

しんじんあるいはじにんあるいはしんじん

さまざまな意味を持つ言葉。
目次[非表示]

神人とは

  1. 神人(しんじん) …
  2. 神人(しんじん) … 神のように気高い人。また、神のように万能な人。
  3. 神人(かみびと) … キリスト教においてイエス・キリストを指す語(:deus homo)
  4. 神人(じにん、じんにん) … 平安から室町時代にかけて、神社に仕えた下級神職本頁で記述
  5. 神人(かみんちゅ) … 琉球地方の、神をまつる巫女の総称。 → かみんちゅ
  6. 神人(しんじん) … 架空キャラクター名前

『神人』と呼ばれるキャラクター


下級神職としての『神人』

平安時代から室町時代にかけて、神社に仕え、神事社務の補助や雑事を担当した下級神職寄人(よりうど)。神主宮司)や禰宜の配下に置かれ、種々の任務・職掌をそれぞれの伝統・習慣に応じて分担した。神社に仕え、その保護を得ることによって宗教的、身分特権を有した。
神社組織での、本社と各末社との関係により、本社に常勤奉仕する神人を「本社神人」、各地の末社を中核とする社領荘園に散在し、寄人として末社の任務に従事した神人を「散在神人」と称した。

神人は社頭祭祀の警備に当たることから武器を携帯しており、平安時代末期から室町時代まで、僧兵と並んで乱暴狼藉や強訴仏神の権威を誇示し、集団で朝廷幕府に対して訴えや要求をすること)が多くあったことが記録に残っている。鎌倉時代以降、課役免除の特権を得るために商工人・芸能人が神人となり、座を組織した例も多い。

関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「神人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50165

コメント