ピクシブ百科事典

ニンジャマスター・ガラ

にんじゃますたーがら

萩原一至の漫画作品『BASTARD!!~暗黒の破壊神~』に登場する人物

概要

ダーク・シュナイダー(D・S)の四天王の一人で、忍者軍団を率いるニンジャマスター。
D・Sの四天王の中では最も遅く加わった男。
年齢は40歳前で、ラーズ・ウル・メタ=リカーナとは1歳違い。身長は230cmと大柄。好物はラーメン

旧世界の科学の産物である妖刀ムラマサブレードを愛用。使用者の魂を攻撃に転化する能力を持ち、その特異性により異次元を切り裂く事が可能。
必殺技はブレードを高速で振るい一刀両断する「魔神剣」。
ラーズ曰く「忍術混じりの邪剣」という戦闘スタイル。
設定上は様々な忍術を使えるらしいが、初期に分身を使った程度であり、実際には剣士といったほうが戦術に則している。

「面白けりゃ後はどうでもいい」という快楽主義者であり、自己顕示欲や支配欲に乏しい性格。
四天王としての行動は「仲間との付き合い」が主な動機となっている。
忍者屋敷でD・Sと戦った後はあっさりと叛逆軍団から離脱。以降はD・Sと共闘するなど活躍を見せた。
叛逆軍団時代に仔竜と化したラーズが身を寄せていたが、表向きは敵であるはずのラーズを放任していた。

「地獄の鎮魂歌編」ではD・Sに吹っ飛ばされたマカパイン・トーニ・シュトラウスを保護した後、アンスラサクス戦では四天王として参戦。「罪と罰編」では同じ四天王のカル=スアーシェス・ネイと共に方舟内で世界の真実を探っていた。

「背徳の掟編 最終節」終盤でD・Sと合流を果たした。

主人公のダーク・シュナイダーの影に隠れがちだが、ガラも割と何でもありでスケベで豪快な人物。
ティア・ノート・ヨーコを捕らえた際には「衣服しか溶かさない特殊なスライム」を用いてイタズラに及んだことがある。
また「俺たちゃガンダムより強ぇぜ」とメタ的な発言をしたこともある。
腕を切断されても再生したことがあったが、「罪と罰編」までの期間に右腕を損失しており、様々なギミックを仕込んだ義手を用いている。

実は忍者国家イーガの領主でもある。彼が率いる軍団は傭兵ではなく、2000人ものイーガの精鋭部隊。叛逆軍団の中にあっては諜報・暗殺を担当することが多かったが、非常に強力な実戦部隊でもある。
ガラの事を崇拝しており、ガラ以外の命令を決して聞かない。ガラが闇の軍団から抜けた後も、忍者達はガラ個人に付き従っている。
軍団の中でも特に上位の忍者達は「霞の目」と呼ばれている。

関連タグ

BASTARD!! ダーク・シュナイダー 四天王

関連記事

親記事

BASTARD!! ばすたーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニンジャマスター・ガラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 550

コメント