ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※当記事及びタグでは、同名の作品タイトルやキャラ名の区別をするため便宜上、「(アニメ)」を付記している。書籍・アニメ版以外でのデザインも区別の為内包している点を留意したい。
詳細は下記の説明を参照。
 なお、WEB版に関してはオーバーロード(WEB)として単独記事が出来ている。

概要

丸山くがねが「むちむちぷりりん」名義で小説投稿サイト「Arcadia」で連載したweb小説(後に小説家になろうでも掲載。その後はこちらのサイトをメインにしている)であり、後にKADOKAWAエンターブレインの書籍版も刊行されている。この二つは、web小説そのままの物を書籍化したものではなく、それぞれ根幹はあれど別のストーリーになるように執筆されているため、web小説連載の物も維持されている。

後者書籍版は、漫画版およびアニメが制作されている。各4種でのキャラデザや展開の違いも見ものとなっている。
当初、書籍版の売り上げは数十万部単位と知る人ぞ知る佳作であったが、下記のアニメ版が予想外の大ヒットを繰り出したことで当時は電子書籍化がまだなされてなかったことによりいくつもの書店から書籍版の姿が消えてしまい数多くの難民が続出し、気がついてみれば書籍版の売り上げ部数が10倍に跳ね上がっており、その結果カドカワは2015年当時の4~6月期に2億円にも及ぶ赤字を出して頭を抱えていた所をアニメ1期が放送された7~9月期で利益を回収して連結決算は最終損益が19億円の黒字に転換するにまで至った。
作者も驚きを吐露したこの思わぬヒットを受けて当初は想定されていなかった下記の劇場版総集編、極秘裏にアニメ2期以降の制作が執り行われることになり、そしてアニメ2期の終了後には書籍版の売り上げが700万部に達するまでに至った。

テレビアニメ版は2015年夏アニメとして、7月から9月までTOKYOMXKBS京都サンテレビAT-XBS11テレビ愛知で全13話が放送された。アニメーション制作はマッドハウス

2017年に公開された劇場版総集編『漆黒の英雄』の上映後の告知で、テレビアニメ版第2期制作決定の発表が行われた。

後に、テレビアニメ版2期こと『Ⅱ』が2018年冬アニメとして2018年1月から3月まで全13話が放送。
『Ⅱ』の最終回放送後の速報で『Ⅲ』が2018年夏アニメとして放送予定である事も発表され、7月から10月まで全13話が放送された。
なお、『Ⅱ』と『Ⅲ』に関しては、放送局が変更になった地域が存在する。また、2020年4月から6月にかけて、TOKYOMXとKBS京都(ほか)で実施されるイベント放送・KADOKAWA「春の異世界×ファンタジーまつり」のトップバッターに、本アニメ1期第1話が抜擢された。

その後、書籍版の売り上げが760万部に達した頃に『Ⅲ』の先行上映イベントで1話が先駆けて公開されるのと同時に7月から正式放送開始のアナウンスがなされ、これまで行われてきたコラボ展開ではないオーバーロード初のスマホゲーム『MASS FOR THE DEAD』が発表された。
さらに『Ⅲ』の放送を開始されてしばらくして公式がRPGツクールMVを用いて作成されたフリーゲーム版が配布され、その後にもアクションゲームツクールMV用いて作成されたフリーゲーム『DUNGEON OF NAZARICK』も配布された。


2019年春2020年冬には、本作、『この素晴らしい世界に祝福を!』、『Re:ゼロから始める異世界生活』、『幼女戦記』をクロスオーバーさせたぷちアニメが放送された。
詳細は異世界かるてっとを参照。

あらすじ

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。

現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使いとなる!
世界を掌中におさめる死の支配者、ここに光臨!!(公式ホームページより引用)

登場人物

オーバーロードの登場人物および所属一覧を参照。

主な国家

人間種

リ・エスティーゼ王国

最初の主な舞台となる王国。
人間種の国家の中でも最大の版図と人口を有する大国。
しかし、政治の腐敗と犯罪組織「八本指」の暗躍、スレイン法国による工作、バハルス帝国との戦争など、多種多様な内憂外患に悩まされている。

バハルス帝国

リ・エスティーゼ王国とアゼルリア山脈を隔てて東側に位置する人間種の国。
当代皇帝ジルクニフの改革と統治によって目覚ましい発展を遂げて屈指の大国に成長しており、その軍勢は数は少ないながらも精強無比。
王国とは戦争状態にあり、カッツェ平野で毎年戦争を繰り広げている。

スレイン法国

リ・エスティーゼ王国の南側に位置する人間種の宗教国家。
600年前に降臨した伝説の「六大神」によって造られた国で、六大神信仰を頂く強固な政治体制を築き上げ、六色聖典を筆頭とする非常に強大な軍事力を有する。
人類至上主義を掲げ、人類以外の人間種や亜人、異形種の排除を徹底している。

ローブル聖王国

スレイン法国とアベリオン丘陵を隔てて西側に位置する人間種の半島国家。
四大神信仰を頂く宗教国家でもあり、神殿勢力の意向や影響力が非常に強い。
隣接するアベリオン丘陵から侵攻してくる亜人たちに悩まされてきた歴史があり、「九色」を筆頭とする精鋭に加え、長い戦いの歴史と神殿勢力の影響力の中で発達した聖騎士団や神官団、比較的練度の高い正規軍など、強力な軍事力を有している。

竜王国

スレイン法国とカッツェ平野を隔てて東側に位置する人間種の国家。
人間と交わって子を成した「七彩の竜王(ブライトネス・ドラゴンロード)」の子孫が統治する国で、竜人でもある国王は始原の魔法を行使できる能力を有している。
しかし、近年では隣国のビーストマンたちから侵攻を受け、滅亡の危機に瀕している。

カルサナス都市国家連合

バハルス帝国の北東に位置する国家。
その名の通り複数の都市国家で構成された連合国家であり、住民の主体は人間種だが亜人種が治める都市も含まれ、冒険者組合も存在している。

山小人の国

アゼルリシア山脈に位置する山小人(ドワーフ)たちの王制国家。
非常に高い鍛冶技術を有しており、ルーン技術による武具のマジックアイテム化が人類種の国家で重用されていたが、近年では人類の魔化技術に押され廃れている。
また、クアゴアとの抗争で国土の大半を失陥し、滅亡の危機に瀕している。

森妖精の国

スレイン法国南方のエイヴァーシャー大森林にある森妖精(エルフ)たちの王制国家。
スレイン法国とは戦争状態にあり、現在では国土深く浸食され劣勢にある。
強者の子供による軍隊を作らんと企む国王が、日々子作りに励んでいる。

亜人種

アーグランド評議国

リ・エスティーゼ王国の北西に位置する亜人種の国家。
強大な力を持つ竜王の評議員たちによって治められており、その中には転移後の世界最強と目される「白金の竜王(プラチナム・ドラゴンロード)」も居る。

ビーストマンの国

竜王国に隣接する亜人種・ビーストマンたちの国家。
竜王国に苛烈な侵攻作戦を展開しており、竜王国の民らを食料として食い荒らしている。

西方六大国

人間種の国家群の西方、大陸中央部で覇を競い合っているとされる亜人種の大国群。
人間種が転移後の世界で如何に弱い立場にあるかを物語っている。
トロールの国、ビーストマン連邦、ミノタウロスの国などが該当するとされる。

外部リンク

Arcadia版
小説家になろう版:前編
小説家になろう版:後編
TVアニメ第1期&劇場版公式サイト
TVアニメⅡ&Ⅲ公式サイト
アニメ公式Twitter
Youtube公式チャンネル
Youtube公式チャンネルTwitter
Wikipedia
ニコニコ大百科

関連動画









関連項目

Arcadia 小説家になろう
2015年夏アニメ 2018年冬アニメ 2018年夏アニメ
オーバーロード(WEB)
異世界かるてっと 2019年春アニメ

関連記事

親記事

Arcadia(小説投稿サイト) あーけいでぃあまたはあるかでぃあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーバーロード(アニメ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10458813

コメント