ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「魔法詠唱者(マジック・キャスター)如き、スッといってドスッ!これで終わりだよぉ~」

CV:悠木碧

概要

秘密結社『ズーラーノーン』の十二高弟の一人にして、元スレイン法国特殊部隊『漆黒聖典』第九席次。
漆黒聖典時代は『疾風走破』の異名を取った英雄級の力を持つ実力者で、自らを「人殺しが大好きで、恋して愛している」と語って憚らない性格破綻者。
戦士として非常に高い実力を持っており、彼女と同等の戦士は王国ではたった四人、ズーラーノーン内で彼女に勝てる高弟は三人しかいないとの事。

同じズーラーノーンの高弟である同僚のカジットから「クインティアの片割れ」と呼ばれた事があるが、この片割れとは今も漆黒聖典に所属している、兄のクアイエッセを指しているものと思われる。

挙動も相まってどこか幼く見えるが、実は年齢は20代半ばで、若作りをしているとの事。

人物像

オーバーロード クレマンティーヌ


上述の通り、人を殺すのが大好きだと公言する程の殺人狂。また「拷問も大好きだよ」の言葉通り、可能な限り嬲って殺すのを楽しんでいる。
作中では特に意味もなく大勢の冒険者を殺しており、その度に狩猟戦利品(ハンティングトロフィー)代わりとして彼等のプレートを奪っていた。それらは全て胸当てなどの防具に貼り付けられていて、夥しい数を屠ってきた事が窺える。

センシティブな作品



こんな具合に性格が破綻しているが、その性格はどこか演じている節があり、本人の思考をなぞる文では冷静そのもの
WEB版でもズーラーノーンからの脱退を決めた際は、冷徹かつ淡々と行動していた

それにそんな性格になったのにも理由がある様だが、本人が語らないので詳細不明。
ただ両親と兄に何かしら原因があるらしい。

強さ

センシティブな作品


現在登場した英雄級と評される戦士の中でも、トップクラスの実力者。
本人が「まともに戦える王国内の戦士」と明言したのは王国騎士団長ガゼフ・ストロノーフ、ガゼフと互角に戦った剣士ブレイン・アングラウス、『蒼の薔薇』のガガーラン、『朱の雫』のルイセンベルグ・アルベリオンなど、トップクラスの名だたる猛者達しかいない

オリハルコンコーティングが施されたスティレットを主な得物とする。
素早い身のこなしで相手を翻弄しつつ、一気に接近して懐に飛び込み、スティレットの刺突を急所に叩き込む戦法・通称「スッといってドス」(本人談)を得意とする。
また身体能力を強化する武技をいくつも修得しており、本気になるとこれらを重ね掛けして、更に超人的な身体能力を発揮出来る様になる。

切り札はスティレットに込めた各種攻撃魔法で、刺突後に発動させる事で、相手を防御の内側から破壊する必殺の一撃を見舞う事が可能。
なお、スケルトン系アンデッドなどの刺突が通じにくい相手への対策にモーニングスターをサブウェポンとして所持しているが、スティレット以外の扱いは余り得意ではない模様。
アサシン染みた戦闘スタイルながらその一撃は強烈で、並みの鎧程度は苦もなく貫通・または粉砕し、モモンの鎧ですら凹ませてしまった程。

しかし作中で見せていた強さは、漆黒聖典時代に使用していた装備を使っていない(離反の際に全て置いてきた)状態のものであり、その頃の強さには遠く及ばない。

アニメ及び書籍版での活躍

ンフィーレアを攫う際に、冒険者チーム『漆黒の剣』を皆殺しにしている。
特にニニャは周りの連中が逃がそうとした事で嗜虐心を掻き立てられ、徹底的に痛め付けて殺している
その事が彼らを利用しようとしていた(そして、少しばかりの情も湧いていた)モモン(アインズ)の怒りを盛大に買ってしまい、上述の持ち去られたプレートを元に《物体発見(ロケート・オブジェクト)》の魔法を使われ、自身の居場所を割り出された。

当初はモモンを舐めきっていたため余裕の態度を崩さなかったが、クレマンティーヌの動きから戦士としての戦い方を学ぼうと、わざと劣勢に追い込まれている振りをするという舐めプをされた上に、真の姿を表した彼に抱きしめられて圧殺されるという悲惨な目に遭った。

死体はナザリックが収容したが、いつのまにか無くなっていたらしいので、蘇生による再登場の可能性も残されている。

余談だが11巻特装版に付いてくる『ぷれぷれぷれあです ナザリック最大の危機』では、ナザリックの一員でないのになぜかチャプターコールを務めており、アイキャッチにも毎回登場してプレアデスの誰かに殺されるという、優遇なんだか苛めなんだかよくわからない扱いを受けている

そして『ぷれぷれぷれあです クレマンティーヌ逃亡編』ではまさかの主人公に抜擢された
しかし作中での扱いはといえば、魔法でズルする奴に酒飲み勝負を挑まれ我を失い、ボクっ娘の照れ隠しで重傷を負ったり、明らかに只者じゃない目の奴目どころか顔全体がおかしい奴酷い目に遭わされたり、死んだ原因の相方とニアミスしてトラウマに震えたり、比較的善良そうな奴に助けを求めたら噴出空中移動させられたりと、ひたすら酷い目に遭ってるだけ

最終的に死の原因が、純粋な腕力で巨石を思いっきり崖に投げ付けている所を遠目から目撃して、常識とか自信とか色々蒸発して精神崩壊した

WEB版での活躍

アインズの実力がどれ程のものかと実力を図ろうとしていたが、その意図を察し不快に思ったアインズが置いてあった石造りの椅子(推定2トン)を片手で壁に投げ付けて粉砕した事で、戦士としての自尊心が崩れ去ってしまう。
直後に魔法《上位道具作成(グレーター・クリエイト・アイテム)》で豪奢な玉座を創り出した事で、アインズが「人外の肉体能力を持った魔法使い」であると認識したために、完全に反抗心が崩壊

「あんなのに勝てるわけ無いでしょうが」と書籍版と正反対の発言をするレベルまで落ち込み、同時にズーラーノーンに居ては自分の身が危ないと、同僚の一人と一緒にズーラーノーンを裏切って脱走した。

関連イラスト

クレマンティーヌ
センシティブな作品


センシティブな作品
クレマンティーヌ



関連タグ

オーバーロード(アニメ) ズーラーノーン
カジット・デイル・バダンテール

関連記事

親記事

ズーラーノーン ずーらーのーん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クレマンティーヌ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クレマンティーヌ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5879800

コメント