2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

蒼の薔薇

あおのばら

蒼の薔薇とは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場する冒険者チーム。
目次[非表示]

概要

リ・エスティーゼ王国に拠点を構える、アダマンタイト級冒険者チーム。
後にモモンナーベが第三のアダマンタイト級冒険者チームとして台頭するまでは、もう1つのアダマンタイト級チーム『朱の雫』と共に、国内に2つしか存在しない最強の冒険者チームとして双璧を成していた。

リーダーであるラキュースが貴族出身で、なおかつラナー王女と友人同士という事もあり、王宮や貴族社会にも強力なコネを持ち、単なる冒険者チームで終わらない政治力を有している
またメンバー全員が女性かつ、1人の例外もなく何らかの変人という妙な共通性がある。

ちなみに物語開始以前に、スレイン法国の特殊工作部隊が1つ『陽光聖典』が行おうとしていた亜人狩りを食い止めた事がある。

書籍版14巻における魔導国の王国侵攻では、最後まで王国のために戦うつもりでいたラキュースは漆黒聖典からの引き抜きを断り、ラキュース以外の仲間達も彼女と共に王国に残る事を選んだ。
しかし実際の所他の4人は「王国なんかよりも仲間の命の方が大事」だと考えていたため、ガガーラン・ティア・ティナの3人がラキュースに不意打ちを喰らわせ弱らせた後、イビルアイが《人間種魅了(チャームパーソン)》の魔法をラキュースに使用し、彼女を従わせる。その後は王国から遥か南東の位置に存在するという「かなり昔に滅びた国の王都にある、炎で清められた廃墟」へと、転移魔法を使って亡命した。

メンバー

チームリーダーの神官戦士。支援から戦闘まで幅広くこなす。隠れ厨二病

前衛の戦士。屈強なパワーファイター。童貞食いを好むチェリーハンター

後衛の魔法詠唱者(マジック・キャスター)。王国最強クラスの魔法を操る。加入時期は一番遅いが、態度が大きく偏屈

忍者の姉妹。元は凄腕の暗殺者。ティアはレズビアン、ティナはショタコン。更に両者ともスケベ

元所属の“死者使い”。イビルアイを後任に選んで冒険者を引退した。元十三英雄の一員でもある。

余談

上述の14巻では作者は蒼の薔薇を殺す展開にしたかったそうなのだが、執筆中に「あのキャラたちがこんな馬鹿な死に方するか?」と疑問を抱き、最終的に全員生存する流れになったとの事。

それでも14巻作者雑感にて、「殺したかった……。というか14巻の途中まで殺すつもりだった……。悔しい……。」と、死なせられなかった事への未練を語っている。
また、オーバーラップ編集部に蒼の薔薇を殺す展開を止められたのもある模様。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) リ・エスティーゼ王国

蒼の薔薇とは多少異なるが、こちらも作者が考え直した事により死を免れたという共通点がある。WEB版ではレエブンはラナーと共に、アインズが少なくとも“国堕とし”級の吸血鬼並の力を所有すると情報を得ていたにも拘わらず、王国VS帝国の戦争に参加し黒い仔山羊に踏み潰され馬鹿な死に方をさせた後に、「レエブン候ならアインズの力が“国堕とし”級と知った時点で戦争に行くという馬鹿な行動を避け領土に残っていた」と後に作者は考えた。
そのため書籍版ではラナーをナザリックへの内通者にする事で、アインズの力を“国堕とし”級と知らずに戦争に参加する流れにしたが、こちらのアインズはガゼフを探して勧誘する事も目的としていたので、ガゼフ引き抜き交渉の為に黒い仔山羊の行動を静止させている内に逃げきって生存した。

メタ的にはかませ犬以下になる予定だった蒼の薔薇の代わりに犠牲になったとも言えるが、こちらは16巻にてマーレとそれなりに互角に戦いつつ二度のマーレの勧誘を断った上で敗北して捕虜にされており、アインズの魔法によりアンティリーネから情報を引き出し、シャルティアを洗脳した犯人(スレイン法国)を見付け出しスレイン法国を滅ぼしてオーバーロードの物語をキリのいい所(異種族に対して敵対的な人間種の国を終わらせる)で終わらせるために必要な犠牲でもある。作者によるとあと2冊(18巻)で終わりなので、予定通りならばスレイン法国滅亡に2冊分使う可能性がある。
転移後の世界では人間種の中では一番の強者(神人)でもある為、ナザリックにとって勧誘や配合等の利用価値がある間はすぐに始末される事はないが、アインズ、アウラ、マーレ、セバスツアレの行動次第ではナザリックの貢献に繋がりつつ、アンティリーネにとって一番マシな扱いを迎える可能性がある(例えば『人類の護り手』にはなれなくても、『ナザリックが厳選した人類の護り手』にはなれる)。
しかしアンティリーネの今後については、作者が15巻&16巻雑感にて「ほんのちょこっと酷い目に遭う」らしい事を語っている(オーバーロードの世界観を考えれば、作者の言う「ほんのちょこっと」を額面通りには受け取りにくいが、前述の利用価値を考えれば実験体奴隷にされる可能性も考えられる)。

関連記事

親記事

リ・エスティーゼ王国 りえすてぃーぜおうこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129933

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました