ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

リグリット・ベルスー・カウラウ

りぐりっとべるすーかうらう

リグリット・ベルスー・カウラウとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である(メイン画像右下の人物)。
目次 [非表示]

CV:野沢雅子

概要

十三英雄“死者使い”にして、『蒼の薔薇』の初期メンバーの老婆。現在は冒険者を引退して、世界中を旅している。

また、《ユグドラシル》のプレイヤーの存在を知る1人でもある。

 

イビルアイとは十三英雄時代からの旧知の仲で、彼女と同様に250年以上もの時を生きている

そのイビルアイの事は、初登場時に「インベルンの嬢ちゃん」と呼んでいる場面がある。


なお、イビルアイを蒼の薔薇を引退する際に自分の後釜に推した張本人でもあり、嫌がった彼女を「自分達に負けたら入団して貰う」という条件の下、当時のメンバー総出でボコった事がある


ちなみに、魔神討伐から170年後にローファン率いるアダマンタイト級冒険者チームに所属していた時期があったり、ガゼフに竜族の秘宝の指輪を託したり蒼の薔薇時代にブレインを破ったりと(ブレインは痛み分けと思っている)、作中の様々な人物と交流を持っている。


人物像

活発な性格をしていて、元十三英雄の仲間であるツアーに対して皮肉を言ったり、はっきりとした物言いで会話している場面も見受けられた。


容姿

髪は白一色の老婆。年齢に似合わず顔には悪戯っ子の様な活発さがある。腰から立派な剣を下げている。


強さ

“死者使い”という二つ名からして、恐らくネクロマンサーの能力を持つと思われる。

しかし上述の通り、かつてはあのブレインをも破ったという事から、魔法戦士の職業(クラス)を持つとも考えられる。


イビルアイ自身が本気ではなかった上に、ラキュース達と総出で戦ったとは言え過去にイビルアイを負かしている事や、200年前に出会ったフールーダをして「私と同等、もしくは以上の力を保有する魔法使い」と言わしめている事から、フールーダを含め4人しかいないという逸脱者である可能性が高い。

また初登場時は、並外れた知覚能力を持つツアーに察知されずに彼に接近している。


WEB版では、上位喰屍鬼(ガスト)を20体以上同時に操るという離れ業を披露している。


2019年1月末の作者のTwitterによると、リグリットのレベルはアーグランド評議国竜王(ドラゴンロード)でない竜、エンリの配下のゴブリン軍師より低く、ゴブリン軍団の各兵種の指揮官達とレメディオスよりは高いという。


作中の動向

《ユグドラシル》のアイテム及びギルド武器と同等の力を持つアイテムの情報収集を、ツアーから依頼されている。


関連タグ

オーバーロード(アニメ) 十三英雄


ツァインドルクス=ヴァイシオン イビルアイ(オーバーロード)

関連記事

親記事

蒼の薔薇 あおのばら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2443

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました