ピクシブ百科事典

アーグランド評議国

あーぐらんどひょうぎこく

アーグランド評議国とは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』に登場する国家である。
目次[非表示]

概要

200年前に起こった魔神と十三英雄の戦いの後に出来た、複数の亜人種が築いている都市国家。
リ・エスティーゼ王国の北西にある、無数の山脈が走る場所に位置している。

現存している竜王(ドラゴンロード)の中で最強と言われている、『白金の竜王(プラチナム・ドラゴンロード)』ことツァインドルクス=ヴァイシオン(ツアー)が、永久評議員の一人に属している。

社会

各亜人種族から選ばれた評議員達で管理運営をする議会制。
五匹から七匹のドラゴンが統治しており、人間の割合は10%もいないとの噂。

書籍版ではツアーと、『青空の竜王(ブルースカイ・ドラゴンロード)』スヴェリアー=マイロンシルクの二人が、評議員だと判明している。
 
WEB版で判明している情報を挙げると、冒険者組合に所属する冒険者は亜人が殆ど、蒼の薔薇と同格のA+冒険者が四パーティ存在している、等がある。

関連タグ

オーバーロード(アニメ)
ツァインドルクス=ヴァイシオン

関連記事

親記事

オーバーロードの登場人物および所属一覧 おーばーろーどのとうじょうじんぶつおよびしょぞくいちらん

子記事

兄弟記事

コメント