ピクシブ百科事典

リ・エスティーゼ王国

りえすてぃーぜおうこく

オーバーロードに登場する国家
目次[非表示]

概要

アゼルリシア山脈の西に広がる封建国家。現王はランポッサⅢ世
全領土のうち三割を王が、三割を大貴族が、四割をそれ以外の様々な貴族が治めている。
東のバハルス帝国とは慢性的な戦争状態にあるが打開策を見いだせずに国力をすり減らしている。
ナザリックが転移してきたエ・ランテル近辺も一応この国の領土である。

政治情勢

政治は王と貴族の合議で行われる。
現在は王派閥と貴族派閥が対立している状況にあり、様々な弊害が発生している。
しかしこれは何代にも渡る膿が蓄積していった結果であり、別段現王が暗愚というわけではない。

上級貴族の多くは強い選民意識を持っており、領民を大事にしている様子は少ない。
また腐敗も進行しており、巨大犯罪組織八本指が両派閥の貴族に伝手を作り、御膝元の王都でやりたい放題に暗躍しているなど他国に比べ統治がうまくいっていないことが端々に感じられる。

人材がいないというわけではないのだが、国内問題に取り組みたくてもバハルス帝国が国境地帯を脅かしてくるので本腰を入れることができず、更に人類存続を至上命題とするスレイン法国が王国の立て直し不可能と結論して王国の崩壊が早まるよう工作するなど、事実上帝国に肩入れしている状況である。

人物

ランポッサⅢ世

リ・エスティーゼ王国の国王。派閥対立が国を蝕んでいる事実を理解しながらも、貴族を潰せる力がなく、歯がゆい思いに苦しんでいる。

ガゼフ・ストロノーフ

王国戦士長。近隣諸国最強の剣士であり、正義感が強い。ランポッサⅢ世に忠誠を誓っている。

バルブロ・アンドレアン・イエルド・ライル・ヴァイセルフ

第一王子。貴族派閥に担ぎ上げられている傀儡であり、王国の現状に気づいていない。

ザナック・ヴァルレオン・イガナ・ライル・ヴァイセルフ

第二王子。父から無能と思われいるが、王国の現状を理解し、改革する意志を持つ。

エリアス・ブラント・デイル・レエブン

六大貴族の一人で爵位は侯爵。両派閥にすり寄り、立ち位置を変え飛び回る姿から「蝙蝠」と揶揄され、ガゼフなどから嫌われている。王位継承ではザナックに力添えしている。

ラナー・ティエール・シャルドルン・ライル・ヴァイセルフ

第三王女。父からは無垢な子と思われているが、作中で最高を争える智謀を誇る策士であり、自分に仕えるクライムとの幸せな生活を獲得するためにのみその智謀を用いる。

クライム

ラナーに拾われた孤児で、ラナーに絶対の忠誠心を誓い、淡い恋心を抱いている。才能はないが、たゆまぬ訓練の成果で王国戦士団の中堅が務まる程度には強い。

pixivに投稿された作品 pixivで「リ・エスティーゼ王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 407

コメント