ピクシブ百科事典

リ・エスティーゼ王国

りえすてぃーぜおうこく

リ・エスティーゼ王国とは、『オーバーロード』に登場する国家。
目次[非表示]

概要

アゼルリシア山脈の西に広がる封建国家。現王はランポッサⅢ世
全領土のうち三割を王が、三割を大貴族が、四割をそれ以外の様々な貴族が治めている。
東のバハルス帝国とは慢性的な戦争状態にあるが打開策を見いだせずに国力をすり減らしており、アインズからも「何の魅力も無い国」と呆れられている。
ナザリックが転移してきたエ・ランテル近辺も一応この国の領土である。

政治情勢

政治は王と貴族の合議で行われる。
現在は王派閥と貴族派閥が対立している状況にあり、様々な弊害が発生している。
しかしこれは何代にも渡る膿が蓄積していった結果であり、別段現王が暗愚というわけではない。
こうなった大元を辿ればスレイン法国が肥沃な土地を与えて多くの人を育み、異形種と戦う勇者たちが生まれ出ることを期待していたことによる庇護を受けたのだが、それが裏目に出て人間に敵対的な亜人たちがのさばるアベリオン丘陵と隣合わせであるローブル聖王国やアンデッドの巣窟であるカッツェ平野と隣り合わせるバハルス帝国みたく人間を脅かすに異種族勢力との戦いが無縁となってしまったが為に異種族への危機意識が欠如した国内の王侯貴族たちは同じ人間を敵とした権力闘争に明け暮れるようになってしまったことによるものである。

そうした背景故に上級貴族の多くは強い選民意識を持っており、領民を大事にしている様子は少ない。
また腐敗も進行しており、巨大犯罪組織八本指が両派閥の貴族に伝手を作り、御膝元の王都でやりたい放題に暗躍しているなど他国に比べ統治が上手く機能していないことが端々に感じられる。

人材がいないというわけではないのだが、国内問題に取り組みたくてもバハルス帝国が国境地帯を脅かしてくるので本腰を入れることができず、更に人類存続を至上命題とするスレイン法国がもはや王国の立て直し不可能と結論して王国の崩壊が早まるよう工作するなど、事実上帝国に肩入れしている状況である。(大本を辿れば王国が腐った背景の一因には王国を甘やかしすぎたという戦略ミスを犯したスレイン法国にも責任があるのだが)

その後、八本指(厳密にはその中の警備部門である六腕)がナザリックに喧嘩を売ってしまったことが原因(とはいえ元を辿ればセバス・チャンの浅慮で撒かれた災いの種が花開いてしまった結果でもあったが)でデミウルゴス主導の作戦「ゲヘナ」が発動されたことにより、衛士や冒険者を中心に少なくない犠牲者が出たばかりか、1万人もの国民が拉致され、王都の倉庫街の物資が奪われるなど人的・経済的にも痛手を負い、ナザリックからの制裁として八本指も最高戦力の六腕を全滅させられたばかりか首脳陣が恐怖公の洗礼に屈服して支配されたことによりナザリックに裏社会を支配された王国は預かり知らぬ間に実質国の半分を乗っ取られてしまうことになった。
とはいえ、悪いことばかりではなく、これによって兵を出し渋った貴族派閥の評価が下がり、ランポッサⅢ世と第二王子ザナックレエブン侯爵が自ら兵を率いて事態に対処したことで王派閥の評価が上がり貴族派閥に対して政治的に優位な状況を作り出すことに成功する。

王派閥はこれで改革に向けて一歩前進できたと思いきや、今度は帝国を通したナザリックからの宣戦布告を受けた際、その政治的に優位になった状況が災いして、強気の姿勢を貫かざるを得なくなり、そのためアインズ・ウール・ゴウンの規格外の強さを知る王国戦士長ガゼフ・ストロノーフのから戦争避けるように訴えられたにも関わらず、彼を信頼するランポッサⅢ世も本心ではガゼフの忠告に従いたかったが、上述の状況のせいで引き下がりたくても引き下がることが出来ず戦争に踏み切ってしまう。

それでもランポッサⅢ世やレエブン侯爵といった良識派はガゼフの進言を可能な限り聞き入れ、アインズの実力を兵力5千と見積もり、王国も過去最大の徴兵を行って24万5千という大軍を組織して帝国軍ごと迎え撃たんとするが、それすら認識が甘くアインズの超位魔法「イア・シュブニグラス/黒き豊穣への貢」をまともに食らった結果、阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられ王国軍24万5千中18万が死亡、戦士長ガゼフの戦死、王国における数少ない知恵者レエブン侯爵の戦意喪失に伴う隠居、王派閥の弱体化による貴族派閥とのパワーバランスの逆転、王家の直轄領地であるエ・ランテルとカッツェ平野をアインズを国家元首とするアインズ・ウール・ゴウン魔導国に割譲を余儀なくされるという最悪の大敗北を招いた。
一方でカルネ村への調査として五千の兵と共に別働隊として派遣された第一王子バルブロが、先の悪魔王都襲撃事件における汚名を返上しようと功を焦る余り交渉に失敗し、戦闘勃発させる愚行の末に村を守るゴブリン軍団に完敗して別働隊を壊滅させられたばかりか、アインズの命を受けたルプスレギナ・ベータに生き残りともども秘密裏に嬲り殺しされたことで、死体が発見されず行方不明扱いとなる。

こうした敗戦の結果多くの働き手を喪った王国の国力はかつてない大打撃を受け、将来食糧危機に陥ることが避けられなくなり、王派閥に対して優位に立った貴族派閥も先の敗戦で盟主ボウロロープ侯爵と次期国王に推していた第一王子バルブロを始め上層部に位置していた当主や次期後継者の多くを喪うという人材面で大きなダメージを負い、そのせいでフィリップを筆頭に次男坊・三男坊といったそれまで一族内でおざなりにされていたろくな教育を受けていない者達が次期当主として繰り上がってしまったことで元より酷かった派閥の上層部がさらに愚鈍化してしまい八本指を介したアルベドの政治工作を受けて王国政府の首脳の大半が魔導国の傀儡と化し、王国最大の知恵者である第三王女のラナーも既に末期に陥った王国を完全に見限り魔導国に鞍替えしており、既定路線だった亡国への道はさらに加速して進み、今や滅亡は時間の問題となっている。

軍事力

その最大動員兵力は20万人を超え、広い国土と豊富な人口に見合った圧倒的な数を有する。
ただし、兵農分離が行われていない王国の兵士らは徴兵した農民に適当な訓練を施して急場養成しただけの農民兵に過ぎず、個々の戦闘力は一般人に毛が生えた程度。
このため、帝国軍に対抗するには数の差を活かした人海戦術しかなく、とにかく数を揃える必要があるので、軍事行動中は農村の働き手が減って生産力が低下、農繁期を狙って侵攻してくる帝国に国力を漸減させられ続ける原因となってしまっている。
また、専業兵士の充実で年中生産力を落とさず戦い続けられる帝国に対し、そのような性質から大規模戦力による遠征も苦手で、帝国に対して有効な反撃さえままならなくなっている。

例外として、ガゼフ・ストロノーフ率いる国王直属の「王国戦士団」は、厳しい訓練を積み重ねて入念に養成された精鋭の戦士たちであり、その戦闘力は帝国兵にも劣らない。
また、ボウロロープ候お抱えの五千人の専業兵士たちも王国戦士団に匹敵する力を持つとされ、帝国軍とまともに戦える戦力がないわけではない。

しかし、魔法面では魔法を軽視してきた歴史から技術・人員共に全く育っておらず、その辺りの支援は冒険者や神殿勢力に頼り切りとなっており、魔法戦力など当然存在しない。
フールーダ・パラダインを始めとする帝国魔導部隊が本格的に戦場に出張って来た場合には、王国の敗北はほぼ確定するとされるが、その脅威すら国内ではほとんど認識されていない。

人物

ランポッサⅢ世

リ・エスティーゼ王国の国王。派閥対立が国を蝕んでいる事実を理解しながらも、貴族を潰せる力がなく、歯がゆい思いに苦しんでいる。(しかし、時として非情な決断を下さねばならない政治の場で情に流されて後継者の件を始めとした諸問題を先送りしてしまう自身の悪癖がこうした現状を招いたのも事実であるため彼にも責任がある)、愛国心も強く家族思いの人格者で子供達を等しく愛しているが、長男は父の想いを理解せず暴走し、次男とは自身の人を見る目の無さが一因ですれ違い、三女には裏切られると四面楚歌に陥ってしまっている作中の為政者の中における屈指の苦労人の一人。

ガゼフ・ストロノーフ

王国戦士長。近隣諸国最強の剣士であり、正義感が強い。元々は王侯貴族に対して偏見を抱いていたが、ランポッサⅢ世との出会いを切っ掛けに考えを改めて以降は忠誠を誓っている。
その好漢ぶりからアインズも高く評価され、部下に迎え入れようとするが互いに譲れないもの為に一騎打ちの末に敗死する。

バルブロ・アンドレアン・イエルド・ライル・ヴァイセルフ

第一王子。貴族派閥に担ぎ上げられている傀儡であり、王国の現状に気づいていない。部下や臣民に対しても配慮がまるで無く、権威を笠に横柄に振る舞う有様にレエブン侯爵からも「一国の後継者に相応しくない」「不和を撒き散らす馬鹿王子」と酷評されている。こうした独善的な人格のせいで父親からの愛情にも最後まで気づかぬままルプスレギナに囚われ30分にも及ぶ凄惨な拷問の末に殺されるという破滅を迎えることになった。

ザナック・ヴァルレオン・イガナ・ライル・ヴァイセルフ

第二王子。父や妹と懇意にしている蒼の薔薇のリーダーラキュース等からは小太りの容貌や不遜な態度等が災いして無能と思われているが、王国の現状を理解し、改革する意志を持つ。

ラナー・ティエール・シャルドルン・ライル・ヴァイセルフ

第三王女。父からは無垢な子と思われ溺愛されているが、作中で最高を争える智謀を誇る策士であり、自分に仕えるクライムとの幸せな生活を獲得するためにのみその智謀を用い、既に祖国には見切りをつけナザリックに鞍替えして裏工作に従事している。

エリアス・ブラント・デイル・レエブン

六大貴族の一人で爵位は侯爵。両派閥にすり寄り、立ち位置を変え飛び回る姿から「蝙蝠」と揶揄され、ガゼフなどから嫌われているが、それは仮の姿で本性は国王の同志にして自国の現状を憂い、国の改革を志す忠臣にしてランポッサⅢ世を上回る子煩悩気質の父親である。王位継承ではザナックに力添えし、両派閥の均衡を保つべく奔走するが、レエブン自身が優秀すぎる事に加え将来有望な人材はレエブンを慕って集まるため、ボウロロープを始めとする他の貴族派閥にリットンやチエネイコを筆頭とした腰巾着体質の愚物が集まって暴走する悪循環に頭を抱えている。上記の大虐殺の際にアインズの超位魔法により崩壊した戦線に対処しようと奔走するも手に負えず、元オリハルコン冒険者チームが命懸けで時間を稼いだ事やアインズがガゼフを発見した事で攻撃が一時中断され数少ない生還することができたが、この敗戦でアインズと敵対することは死を意味することを脳裏に刻まれたことで心折れて二度とアインズと関わりたくないという思いからザナックの静止を振り切って隠居してしまった。Web版では、ガゼフとアインズの接点が乏しかったがために攻撃が中断されなかったことから逃げ切れず死亡している。

ボウロロープ侯

六大貴族筆頭にして、貴族派閥のトップ。国内屈指の武闘派貴族として知られる猛将。
数多の戦場で軍功を積み重ねて来た軍事のベテランで、若い頃は自ら最前線に立って剣を振るって勇猛果敢に戦って生き延びて来たほどの腕前の持ち主であった。
年老いた現在では指揮官としての役目に徹するが、その方面に関してはガゼフをも凌ぐとされる。
全貴族中最大の領土と動員兵力により単純な軍事力では王家をも凌駕し、帝国との戦争を支え続け、バルブロに娘を嫁がせて後見人となっているため、国王でさえ彼の発言と影響力を無視することは出来ない。
典型的な選民思想の持ち主で、自領の軍に属する者以外の平民を見下していることからガゼフとは互いに嫌いぬいている程の犬猿の仲だが、こうした私情を軍務に持ち込むことは良しとせずガゼフの実力は素直に認めてることから進言や忠告にはある程度耳を傾けたり、いくら義理の息子といえど戦場では足手まといになりかねないバルブロを政敵のランポッサⅢ世と共謀してまで前線から遠ざけるなど最低限の公私はちゃんと分けるという意外な一面もある。
凡夫のランポッサⅢ世を軽んじていることから、バルブロを次の国王にして王国の実権を握ろうと企んでいるものの、軍人としては上述のように確かな才覚を見せるが為政者としては国力の減衰の深刻さを理解できないことを始めとした政治音痴と言わざるを得ず、レエブン侯からも「権力闘争に明け暮れるアホ」と内心蔑まれている。
魔導王との戦いでは、自慢の精鋭兵を筆頭とする5万人以上という王侯貴族中最大の派兵を行って左翼軍を率いていたが、初撃の魔法で7万の兵ともども死亡したことにより(原作では明確な死亡シーンがなくアニメ版で改めて死亡する様が描写された。Web版ではアインズが右翼軍を全滅させたため生死は不明)、王家に取って代わる野心も潰えたばかりか家の衰亡も避けられるないものとなった。

クライム

ラナーに拾われた孤児で、ラナーに絶対の忠誠心を誓い、淡い恋心を抱いている。才能はないが、たゆまぬ訓練の成果で王国戦士団の中堅(冒険者で言えば金級)が務まる程度には強い。

ブレイン・アングラウス

剣の高みを目指す剣士。ガゼフに敗れて以降、彼を打倒に剣の腕を磨いていた。シャルティアに完敗し心を折られて打ちひしがれていたが、セバスとクライムに出会ったことで立ち直った。

アルチェル・ニズン・エイク・フォンドール

Web版でのみ登場。貴族派閥に属し、王国の使者としてナザリックに赴いた儀典官。スケルトンやリッチのような骨と皮しかないタイプのアンデッドの類と見間違いかねない程に痩せ細った醜い外見の老人。心根の方もそんな醜悪な容貌に劣らぬ有様で、応対したユリへの八つ当たりを繰り返し、出迎えたアインズに対しても礼儀作法への無知ぶりもあって侮蔑の念を抱くが、自分ではどう足掻いても手に入れる事の不可能な豪奢な服装やナザリック第9階層の絢爛豪華な財宝を目の当たりにして嫉妬を募らせたことで、ナザリックの財に対して徴税問題、領地の不法占拠等を指摘するという形でアインズの仲間達との思い出を踏みにじる暴挙を働いた結果、アインズの逆鱗に触れたことで召喚されたケルベロスにより食い殺され、さらにこのせいで王国と決別し、帝国への鞍替えを決意したアインズによって後の大虐殺が齎されるという取り返しのつかない最悪の大失態を犯した。

クロード・ラウナレス・ロキア・クルベルク

Web版で登場。貴族派閥に属し、王国の使者としてナザリックに赴いた儀典官アルチェルを護衛する戦士だが、実はアルチェルよりも高い地位にいる。アルチェルよりは物事への分別を持っており、彼の度を越した傲慢な態度に思わず眉を顰めることはあれどそれを咎めることを怠ったが為に、アルチェルがアインズを激怒させてしまい、必死にアルチェルの非礼を謝罪して、アルチェルにも謝るように促すが、どうにかアルチェルから絞り出させた言葉が不貞腐れた子供がするような明らかに本心からの謝罪ではないことが明白なものだったが故に許されることなく、巻き添えとしてアルチェル共々ケルベロスに食い殺されることになった。

フィリップ

ある下級貴族の三男坊。次男は病死、跡継ぎの長男は上項の大虐殺で死亡したことにより、なれないはずだった次期当主に繰り上がる。しかし、父親が本来なら必要のない三男坊故にろくに教育しなかったせいで上記のバルブロやアルチェルでさえ弁えていた貴族としての常識や作法等もよく知らず、自慢の領地経営の計画も穴だらけ、挙句の果てに身の程を知らず一国の宰相位に匹敵する地位のアルベドを妻にすることを目論んで行動を開始するなどヒルマ曰く「馬鹿中の馬鹿」、アルベド曰く「知性に欠ける糞」と蔑まれ、読者からもそれまで愚者の双璧を成していたアルチェルとバルブロをも凌駕する大馬鹿者と評判になる程の愚物。

チエネイコ

貴族派閥の下級貴族。「大虐殺」の際には、バルブロの副管として同行した。大虐殺前の戦略会議において、唯一アインズに対抗できる可能性のある戦力としてアダマンタイト級冒険者であるモモンの助力を得るべきと国王らに進言。モモンの拠点である黄金の輝き邸を訪れた際、留守にしていた彼の代わりに応対したナーベに見惚れて手篭めにしようとするも、逆に自分の腕に大きな青痣を付けられ追い払われた。
それを逆恨みしてバルブロに腰巾着として取り入ってナーベへの報復を考え、バルブロに上述の出来事を訴えるが、その際の不自然な言い方が原因で当の本人からはチエネイコの方からナーベに無礼を働いた結果であることを容易く見抜かれ、閉口されたあげく「馬鹿」「国王になったら真っ先に切り捨てる」と判断され、疎まれていた程という上記のフィリップにも匹敵する愚者。こうした無能ぶりと下衆な人格のせいで同じ貴族派閥の貴族たちからも軽蔑されきっているが、本人はそれに全く気付いていない。それどころか、慈悲深い国王ランポッサⅢ世にさえ、「何かあったら切り捨てる用の捨て駒」として見做されていた。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) エ・ランテル カルネ村

pixivに投稿された作品 pixivで「リ・エスティーゼ王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29567

コメント