ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

J.R.R.トールキンの作、ホビットの冒険指輪物語などに登場する架空の金属

名前はシンダリン(エルフ語)で「灰色の輝き(Mith-Ril)」の意。「まことの銀」や産出地から「モリア銀」とも呼ばれる。


ガンダルフの語る所に依れば

のように打ち延ばすことができ、ガラスのように磨くことができた」「ドワーフたちはこれを軽くてしかも鍛えたよりも硬い金属に作り上げることができた」「その美しさは普通ののそれに似ているがミスリルはくろずむことも曇ることも無かった」ようで、作中ではの輝きとを超える強靭さを併せ持つ金属として表されている。ドワーフ地下都市モリアでしか採る事ができない貴重な物質である(ヌーメノールでも産出していたと言う記述もあるので「第三期では」もしくは「中つ国では」と言う意味かもしれない)。

ドワーフたちがミスリル採掘のために岩盤を掘りまくった結果、悪魔バルログの目を覚まさせてしまう。

バルログのせいで地下都市モリアは壊滅し、ドワーフたちは地下都市モリアを放棄するはめになってしまった。


ミスリルもホビットと同様に様々なファンタジー創作で登場し、例えばファイナルファンタジーシリーズではミスリル装備が常連となっている。

なお、原点ともいえるトールキン教授の作品中にミスリル製と明言されている武器は存在せず、主に防具か装飾品に用いられている。


現在「Mithril」はMiddle-earth Enterprisesの登録商標となっている。

これにより原典のイメージを損なう形でミスリルの名が使われた場合、商標権侵害に抵触する恐れがある為、主に海外では原語そのままでの使用が避けられている。

例としてダンジョンズ&ドラゴンズでは「Mithral(ミスル)」に、wizardryでもリルガミンの遺産では「Mithril」だったものがワードナの逆襲では「Mythril」になっている。上記FFも海外での表記は「Mythril」(Silverに変更されている物もある)がほとんどである。

なお商標登録されているのはあくまで「Mithril」であるためか、日本語表記の「ミスリル」表記は(今のところ)問題ないようだが、これらの抵触を避けるためにあえて類似した別の名称を使っている作品も散見される。

また、ダンジョンズ&ドラゴンズではミスラル以上の硬度・強度を持つ金属としてアダマンティンが有るが、ミスラルは、

  • 他の金属より軽い。
  • ミスラル製の防具であれば、他の金属製の防具を身に付けている場合よりも呪文の発動に失敗する確率が小さい。
  • ミスラルで作った武器は、銀に対して脆弱性を持つ敵(一部のアンデッドフィーンドなど)に対しては「銀製の武器」として扱われる。

などの特性が有り、いわば「単純にスペックが高く武器向きなのがアダマンティン」「特殊効果が有り防具向きなのがミスラル」と言える。


関連タグ

オリハルコン:「水没した島から産出されていた金属」という共通点がある。

フルメタル・パニック!:主人公が所属する組織が「ミスリル」の為、そちらがヒットすることが有る。

関連記事

親記事

トールキン とーるきん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91115

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました