ピクシブ百科事典

概要

J.R.R.トールキンの作、ホビットの冒険指輪物語などに登場する架空の金属
名前はシンダリン(エルフ語)で「灰色の輝き(Mith-Ril)」の意。「まことの銀」や(産出地から)「モリア銀」とも。

ガンダルフの語る所に依ると
のように打ち延ばすことができ、ガラスのように磨くことができた」「ドワーフたちはこれを軽くてしかも鍛えたよりも硬い金属に作り上げることができた」「その美しさは普通ののそれに似ているがミスリルはくろずむことも曇ることも無かった」の輝きとを超える強靭さを併せ持つものとして表していたが、ドワーフ地下都市モリアでしか採る事ができない貴重な物質(ヌーメノールでも産出していたと言う記述もあるので「第三期では」と言う意味かもしれない)。
ミスリル採掘のために岩盤を掘りまくった所、悪魔バルログの目を覚ましてしまう。
バルログのせいで地下都市は壊滅、採掘場所ごと放棄することを余儀なくされる。

ミスリルもホビットと同様に様々なファンタジー創作で登場し、例えばファイナルファンタジーシリーズではミスリル装備が常連となっている。
なお、原点ともいえるトールキン教授の作品中にミスリル製と明言されている武器は存在せず、主に防具か装飾品に用いられている。

関連記事

親記事

トールキン とーるきん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミスリル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミスリル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26222

コメント